今風になってる。 DELL「Alienware m15」は従来よりも薄型軽量化

2018年10月4日、米DELLは公式ブログ上で新デザインの15.6インチゲーミングノート「Alienware m15」を発表しました。

※2018年10月10日追記:2018年10月9日、日本DELLのブログ上でも発表が行われました。発売は10月30日とのことです。

スポンサーリンク

スペック

※正式な仕様はまだ公開されていないため、抜けが多くあります

メーカー DELL
名称 Alienware m15
発売日 2018/10
定価 1299.99ドル〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7-8750H
Core i5-8300H
チップセット
メモリ
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大32GB
2.5inch 〜1TB HDD
M.2 〜1TB(PCIe)
画面 15.6インチ
解像度 1920*1080 300nit
3820*2160 400nit
ベゼル幅 やや狭
表面
タッチ対応
グラフィック GeForce GTX 1060(6GB)
GeForce GTX 1070(8GB) MAX-Q
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 3(3.0)
USB3 Type-C 1(TB3)
USB PD ×
HDMI 2.0
LANポート 1GbE
wi-fi
Bluetooth
office
カードリーダー ×
Webカメラ
赤外線カメラ ×
NFC
指紋センサー ×
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー クアッド?
スピーカー位置 キーボード上
底面手前
サウンド
キーピッチ
キーストローク 1.4mm
キーボードバックライト RGB
バッテリー 60WHr
90WHr(オプション)
稼働時間 7.1Hr(60Whr)
10.6Hr(90WHr)
ACアダプタ
充電時間
急速充電
363.2mm
奥行き 274.3mm
高さ 20.3mm
重量 2.177kg
開口角度
カラー エピックシルバー
ネブラレッド
その他特徴 mini-DP 1.3
Cyro-tech 2.0
Graphics Amplifierポート

特徴

「Alienware m15」は「Alienware 13」比で14%薄く、18%軽いとしています。

左の赤い方が「Alienware m15」、右のグレー(シルバー)が「Alienware 13」です。
15.6インチと13.3インチの比較とは思えないくらい、大きさの違いは小さいです。

「Alienware m15」はGeForce GTX 1060/GeForce GTX 1070 Max-Qを搭載して20mm強かつ2.2kgを切っていますが、最近のゲーミングノートはもっと薄くて軽い(例えばMSIの「P65」は厚さ17.9mmで1.88kg)ので、実のところそこまで凄いってほどじゃなかったりします。
どちらかといえば最近のトレンドに追いついたね、って感じですね。

斜め後ろから見たところです。
鋭角な感じとか角ばったフレームはいかにもゲーミングといった雰囲気です。
ヒンジの位置からして180°開きそうな雰囲気ですが、未確認となります。

インターフェスは上記の通り。

背部はHDMI、mini DisplayPort、Thunderbolt 3、外付けGPUの「ALIENWARE Graphics Amplifier」専用スロット、電源と並んでいます。
左側は折りたたみ式のLANポート、USB、オーディオジャック、右側はUSB x2とシンプルです。
高性能GPUを搭載している関係から吸気口を大きく取る必要がある中で、詰め込んできたほうだと思います。

最近の薄型ノートほどではありませんが、一般的なLANポート付きノートと変わらないくらいの厚みに抑えているのも評価ポイントですね。
左右のインターフェース部だけ見ていると、本当に外部GPUを搭載しているんだろうか…?という気にすらなってきます。

YouTubeのハンズオン動画からの切り出しですが、底面です。
かなりの面積がスリット状になっており、ヒートパイプやファンが透けて見えます。
ということは、左右のスリットは吸気口じゃなくて排気口なのかも。

なお、この冷却機構について、DELLではAlienware Cryo-Tech 2.0と呼んでいます。
これでGeForce GTX 1060やGeForce GTX 1070 Max-Qを支えています。

キーボードです。
「ALIENWARE 15」はテンキー無しでタッチパッドが真ん中にありましたが、「ALIENWARE m15」は普通の15.6インチノートと同じようにテンキー付きとなり、タッチパッドも左に寄っています。
テンキー無しを支持するようなこだわり層は、値段が高くても「ALIENWARE 15」を買ってくれるという判断でしょうか。
キーにはフルカラーバックライトはありますが、タッチパッドは光らなくなっています。

まとめ

まだ情報の出揃っていない感のある「ALIENWARE m15」ですが、発売は2018年10月25日となっています。
グローバル発売とのことですが、ここに日本が含まれているかは微妙なところです。日本語キーボードの分出遅れるんですよね。

価格は1299.99ドル(約14.8万円)スタート。
「ALIENWARE 15」が1,399.99ドル(約16万円)スタートなので、100ドル安くなっています。
日本円だと同じ構成で184,980円スタート(記事執筆時点のセール価格は155,383円)なので、定価17万前後、セール価格14万円といった辺りに落ち着くんじゃないでしょうか。

関連リンク


ALIENWARE 13 プレミアム

The New Alienware m15: An “Epic” Design that Packs Power and Mobility into Alienware’s Lightest and Thinnest 15” Gaming Laptop Ever! – Direct2DELL ※英語