7cm角の超小型デスクトップPCがアップデート! ECS「LIVA Q2」はGemini Lake搭載に

2018年10月12日、ECSの日本代理店のひとつである株式会社リンクスインターナショナルは、ECSの超小型デスクトップ「LIVA Q2」の発売を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

※前世代となる「LIVA Q」のスペックを併記します。

メーカー ECS
型番 Liva Q2 Liva Q
価格
発売日 2018/10 2017/11
70mm
奥行き 70mm
高さ 33.4mm 31.4mm
容量 0.16L 0.154L
OS Windows 10 Home Windows 10
Ubuntu 16.04
CPU Celeron N4000
Celeron N4100
Pentium Silver N5000
Celeron N3350
Pentium N4200
CPU世代 Gemini Lake Apollo Lake
Passmark値 1082 / 1444
964 / 2333
1152 / 2441
761 / 1113
833 / 2013
ベース周波数 1.1GHz
1.1GHz
1.1GHz
1.1GHz
1.1GHz
バースト周波数 2.6GHz
2.4GHz
2.7GHz
2.4GHz
2.5GHz
グラフィックチップ UHD 600
UHD 600
UHD 605
Intel HD 500
Intel HD 505
コア/スレッド数 2C/2C
4C/4C
4C/4C
2C/2T
4C/4T
TDP 6W
チップセット
メモリ 2/4GB LPDDR4-2400
メモリスロット なし(オンボード)
メモリ最大 4GB
ストレージ 32/64GB eMMC
SATAポート数
M.2
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部) Front x 1
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 1
USB type-C
SDカード Side x 1(microSD)
最大128GB
LAN Rear 1Gb x 1
Wi-fi 802.11ac(intel) 802.11ac(atheros)
Bluetooth 4.2 4.1
D-Sub
DVI
HDMI Rear x 1(2.0)
4K対応(HDMI) 4K/60Hz
DisplayPort
4K対応(DP)
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック
サウンドチップ
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 24W / 12V
ノイズレベル
VESA 75mm,100mm
付属品 クイックガイド
VESAブラケット
その他 HDMI-CEC対応

特徴

「LIVA Q2」は2017年11月に発表された「LIVA Q」の後継モデルとなります。
「LIVA Q2」自体は2018年5月25日に発表されていたのですが、記事にしていなかったため、国内発売が発表されたのを期に記事にすることにしました。

「LIVA Q」から「LIVA Q2」の一番の変化はCPUがGemini Lake世代となったことです。
passmark値の比較では2割ほど性能アップしています。

CPU以外だとWi-fiボードが変わっています。
「LIVA Q」ではQualcomm AtherosだったのがIntelになり、Bluetoothが4.2になりました。

外観は、電源以外のインターフェースに変化はありません。
電源は12V/2AなmicroUSBという、QuickChargeか!とツッコミが入りそうなモノから通常のプラグに変わりました。
(なお、QuickChargeは18Wまでなので、その規格からも外れています)

こちらが先代の「LIVA Q」です。

「LIVA Q」から高さが2mm増えていますが、画像を見比べても違いがわかりません。
プラスチックのテカテカした安っぽい筐体は梨地となり、安っぽさが薄れています。
真っ黒から濃いグレーと薄いグレーのツートンカラーになったことも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

パッケージはこんな感じです。

まとめ

国内で発売される「LIVA Q2」は3モデルとなります。違いはCPUだけで、メモリ(4GB)やストレージ(32GB)は共通です。
グローバルスペックにあるメモリ2GBモデルや64GBストレージモデルといったものは用意されていません。
また、Ubuntuモデルもなくなっています(もともとノンサポートだったので、自分で勝手にインストールしてねというスタンスになったのでしょう)。

発売日は、N5000モデルが2018年10月27日、N4000/N4100モデルは2018年11月3日となります。
価格はオープンプライスとなっており、記事執筆時点では予約を開始したショップもなく、価格が掲示されていません。

先代の「LIVA Q」は国内公式販売はありませんでしたが、amazonで29,999円で発売されています。
兄弟機である「MousePro-C100PV」はWindows 10 Pro、Celeron N3350、4GB MEM、64GB eMMCという構成で37,800円でした。
Windows 10 Home、4GB MEM、32GB eMMCとなる「LIVA Q2」は、N5000モデルで3.5〜3.7万、N4000/4100モデルは3万円台前半といったところじゃないでしょうか。
4万円を超えることはないと思います。多分。

「LIVA Q2」は比較的非力の部類に入りますが、そのコンパクトさからデジタルサイネージやシンクライアントなど処理能力を必要としない使い方なら十分でしょう。

関連リンク


ECS LIVA Q(旧モデル) (amazon)

LIVA Q2 – リンクスインターナショナル
LIVA Q2 – ECS ※英語