2年半ぶりのアップデート! QNAP「TBS-453DX」は10GbE+M.2 SSD×4なNASbook

2018年12月20日、QNAP株式会社(台湾)は10GbE(10GBASE-T)と4台のM.2 SSDを搭載可能なNASbook「TBS-453DX」を発表しました。

※2019年3月14日追記:2019年3月9日、販売が開始されました。販売ページ(amazon)

スポンサーリンク

スペック

比較として前世代にあたる「TBS-453A」を併記します。

型番 TBS-453DX TBS-453A
メーカー QNAP
価格 ¥68,696
発売日 2018/12 2016/04
230
高さ 25
奥行き 165
CPU Intel Celeron J4105
(1.5GHz Quad-Core)
Intel Celeron N3150
(1.6GHz Quad-Core)
内部フラッシュメモリ 4GB 4GB
メモリ 4GB/8GB SO-DIMM DDR4
4GB/8GB SO-DIMM DDR3L
最大メモリ 8GB
ホットスワップ ×
SSD対応
NIC
(1GbE)
1 2(+3)
NIC
(10GbE)
1(RJ45)
LA/PT
USB2.0 4 1
USB3.0 3 4
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード 1
HDMI 2.0 x 1 2
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック 3(in x2、out x1) 1
スピーカー ステレオ 1
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
×
IPカメラ
(無償)
4
IPカメラ
(最大)
40
仮想化
(VMWare)
仮想化
(Windows)
仮想化
(Citrix)
仮想化
(OpenStack)
仮想マシン
(VirtualBox)
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1/5/6/10
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
内部ファン
ノイズレベル 15.8dB 10.8dB
Wi-fi USBアダプタ
消費電力 13.23W 15.2W
重さ 0.8kg 0.724jg
DTCP+
DTCP-IP ×
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 4096
グループ数 512
並列接続数 800
共有フォルダ 512
スナップショット 1024
read性能 817 110
write性能 686 110
read性能
(暗号化)
225 113
write性能
(暗号化)
225 74
備考 M.2 SSD専用 NASBOOK
65W電源
M.2 SSD専用 NASBOOK

特徴

「TBS-453DX」はスペック表にもあるように、2016年4月に発売された「TBS-453A」の後継にあたります。
位置づけとしてはSMB(Small & Middle Business、中小企業)向けのミドルクラスとなります。
両者に共通するのは、AmazonやGoogle、Dropboxに代表されるクラウドストレージと接続することが前提となっている点です。

NASのストレージはローカルキャッシュとすることでコンパクトな本体で高速性と大容量(とセキュア)を両立するというというのがコンセプトになっています。

とはいえ、コンセプトはそのままに全面リニューアルしたようなもので、中身はかなり変わっています。

まず、CPUはBraswell世代のCeleron N3150からGeminiLake世代のCeleron J4105に変わっています。
処理性能は、Passmark値(シングル/マルチ)でいうと、472/1658から1072/2631へと大幅に上昇しました。
特にシングル性能が2倍以上に伸びており、マルチスレッド未対応のアプリの動作が相当快適になります。

次に大きいのがネットワークです。
「TBS-453A」も1GbE×5となかなかぶっ飛んだ構成でしたが、「TBS-453DX」は10GbE(10GBASE-T)+1GbEになりました。
自作有線ルーター的な使い方をしたいのであれば、「TBS-453A」の方が向いています。
「TBS-453DX」の10GbEはAquantiaと明記されているので、おそらくはQNAPの他の製品でも採用されているAQC107だと思われます。

他にもメモリがDDE3LからDDR4になってちょっと高速化したり、SDカードスロットがなくなったり、HDMIが(多分)1.4から2.0にバージョンアップしていたりと細かな違いはいくつもあります。
でも、操作感やユーザーエクスペリエンスに関わる部分は上記の2点が一番大きいでしょう。

本体の外観です。
「TBS-453A」(下の画像)がQNAPらしからぬ見た目なのに対して、「TBS-453DX」は先日記事にした「HS-453DX」やレビュー記事を掲載した「TS-251B」などに共通する、ホワイトとゴールドを基調とした上品なデザインになっています。

前面には電源とUSB3.0×2、ワンタッチコピー、音量ボタン、LEDが配置されており、「TBS-453A」と位置は同じです。
SDカードスロットがなくなったのは残念なところです。

背面はUSB2.0×4、HDMI、10GbE、1GbE、オーディオジャックと並んでいます。
「TBS-453A」は背面もUSB3.0×2だったことを考えると、USB2.0は退化しているように感じます。
Celeron J4105を採用するNUCやマザーボードではUSB3.0が4ポート搭載となっているものもあるので、背面の4ポートの内2ポートはUSB3.0でも良かったんじゃないかなぁと。

サイドです。右サイドにはUSB3.0がついています。
スリットは排気口かと思いきや、スピーカーでした。「TBS-453A」はモノクロなので片側のみのスリットでしたが、「TBS-453DX」はステレオなので、両サイドにスリットが入っています。
NASで音楽を聞く層っているのでしょうか…

底面には吸気口が開いています。
四隅のゴム足の下にネジが隠れています。

底面を開けたところです。
ノートPCなどで使われるシロッコファンとメモリスロット、M.2スロットにアクセスできます。
ここで一つ注意したいのが、「TBS-453DX」で使えるM.2 SSDはSATA規格のみとなっている点です。
PCIe(NVMe)規格のM.2 SSDを挿しても使えませんのでご注意ください。

また、上記画像ではM.2スロットのみですが、海外で見かけた画像には温度センサーがついていました。

パッケージ内容はこのようになっています。
M.2 SSD用のヒートシンクやサーマルパッドが他にはない内容ですね。
リモコンは別売になったようです。

まとめ

「TBS-453DX」に搭載されるCeleron J4105は、ASRock「J4105-ITX」にてメモリ32GB(16GB×2)を認識・動作したという実績があったりします。
「TBS-453DX」でも同じことが出来るかは不明ですが、できたら夢がありますね。

価格は国内では不明ですが、海外では4GB版が600ユーロ(約76,000円)と言われています。
「TBS-453A」も初値が76,800円だったようなので、だいたいこんなものかなぁと。
国内だと代理店分(日本語サポートとか保証とか輸入費とか)が上乗せされて85,000円付近かもしれません。

最近のQNAPは10GbE搭載モデル、搭載可能モデルを立て続けに出しており、SMB向けではエントリークラスまでほぼ10GbE化が完了しています。
「TBS-453DX」もその流れの一部と言えるでしょう。
ホーム向けにも「TS-251B」などでこの流れはきているので、引き続き10GbE化を推めて欲しいですね。

関連リンク


TBS-453DX (amazon)

TBS-453DX – QNAP
ニュースリリース