色はこっちのほうがいい。廉価版「GPD Pocket2(Amber Black)」はCeleron 3965Y搭載で435ドル

2018年12月13日、UMPCメーカーのGPDが、クラウドファンディングサイトのIndiegogoの「GPD Pocket2」ファンディングページにて、廉価版の「GPD Pocket2(Amber Black)」を発表、出資の募集を開始しました。

スポンサーリンク

スペック

比較のために無印の「GPD Pocket2」のスペックを併記します。

メーカー GPD
名称 GPD Pocket 2
(Amber Black)
GPD Pocket 2
発売日 2018/12 2018/07
定価 435ドル 673ドル
789ドル(一般)
実売価格
価格条件
CPU Celeron 3965Y Core M3-7Y30
Core m3-8100Y
メモリ 4GB 4GB/8GB
メモリ規格 LPDDR3
メモリ増設 ×
2.5inch 128GB eMMC
M.2
画面 7インチ
解像度 1920*1200
ベゼル幅
表面 Gorilla Glass 4
タッチ対応 マルチ
グラフィック UHD 615
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2
USB3 type-c 1
USB PD PD 2.0
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11 ac(2×2)
Bluetooth 4.1
office ×
カードリーダー microSDXC
Webカメラ ×
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク
スピーカー
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト ×
バッテリー 6800mAh
稼働時間 8〜10Hr 6〜8Hr
ACアダプタ
充電時間
急速充電
181mm
奥行き 113mm
高さ 14mm
重量 510g
開口角度
カラー
その他特徴 光学式フィンガーマウス

特徴

「GPD Pocket2(Amber Black)」は、「GPD Pocket2」のCPUをCore m3-8100YからCeleron 3965Yに変更し、メモリは4GB固定、筐体カラーを黒にしたものとなります。

「GPD Pocket2」については以前記事にしています。

そろそろ来ると思ってました。 2018年6月1日、Youtubeに「GPD Pocket 2」のアナウンスが投稿されました。 2018年6...

「GPD Pocket2」は元はCore m3-7Y30でしたが、2018年11月24日にCore m3-8100Yに変更されています。
そのため、現在は両方のCPUが混在している状況で、今後Core m3-8100Y版に落ち着いていくことになります。

CPUのスペックの違いは以下のようになります。
比較のために初代「GPD Pocket」に搭載されていたAtom x7-Z8750のスペックも記載します。

Celeron 3965Y Core m3-8100Y Atom x7-Z8750
世代 KabyLake AmberLake-Y CherryTrail
コア数/スレッド数 2コア/2スレッド 2コア/4スレッド 4コア/4スレッド
ベースクロック 1.5GHz 1.1GHz 1.6GHz
ターボクロック 3.4GHz 2.6GHz
キャッシュ 2MB 4MB 2MB
内蔵GPU UHD 615 HD405
TDP 6W 4.5W 2W
passmark(シングル) 787 1409 589
Passmark(マルチ) 1619 3258 1901
Geekbench(シングル) 1791 3479 1094
Geekbench(マルチ) 3097 6312 3026

Celeron 3965YはCore m3-8100Yのだいたい半分の性能ですね。
マルチ性能では4コア4スレッドのAtom x7-Z8750がCeleron 3965Yを上回っていますが、シングル性能ではかなり上回っています。
複数のことを同時にさせるとか、マルチスレッド対応のアプリで重い処理を行うとかでない限り、操作感は初代「GPD Pocket」より「GPD Pocket2(Amber Black)」のほうがいいんじゃないでしょうか。

メモリーが4GB固定なのはちょっと残念なところです。
最近はCPU性能は最低限を十分満たしており、どちらかというとメモリ量のほうが重視されつつあります。
「PCはメモリ8GBから」なんて言われることもあるので、メモリ8GBは維持して欲しかったですね。

インターフェースは無印の「GPD Pocket2」と共通です。
前述の通り、CPUとメモリ、カラー以外は同じです。

また、「GPD Pocket2」「GPD Pocket2(Amber Black)」に共通する事項となりますが、2018年12月21日、日本語用のキーボードステッカーが追加されました。

価格は20ドルです。
合わせて、日本語キーボード用のファームウェアも公開されています。

このステッカーは「GPD Pocket2(Amber Black)」購入者および2018年12月27日以降の「GPD Pocket2(8GBモデル)」購入者には無料で添付するとのこと。

まとめ

黒がかっこいい「GPD Pocket2(Amber Black)」ですが、価格は435ドル(約48,500円)です。
「GPD Pocket2(8GB)」が673ドル(約75,000)円であることを考えると35%ほど安い計算となります。スペックは半分ですが、CPUとメモリ以外の部分は共通と考えると、妥当なところかなと思います。

発送は2019年1月19日となっていますが、100台限定なので購入する方は早めのほうがいいでしょう。記事執筆時点では残り55台となっています。

今後一般販売されるときは、定価552ドル(約61,500円)となります。
黒のレザーケースのセットは、ファンディング価格で450ドル(約50,000円)、一般価格で567ドル(約63,000円)となります。

レザーケースセットは50台あり、こちらも残り23台です。

関連リンク


GPD Pocket2 (amazon)

GPD Pocket2: 7.0′ UMPC-Laptop ‘WIN 10 OS’ – Indiegogo
GPD Pocket 2 クラウドファンディング – GPD ※公式の翻訳ページ