モジュール式NUC。 ASUS「Mini PC PB60G」は最大7画面表示可能な、スタッカブルなミニPC

CES2019(会期:2019年1月8日〜11日)内で展示されていた、スタッカブルなミニPC、ASUS「Mini PC PB60G」ですが、いつの間にか製品ページができていたので、紹介します。

スポンサーリンク

スペック

姉妹モデルとなる、非モジュールタイプの「Mini PC PB60」のスペックも併記します。

メーカー ASUS
型番 Mini PC PB60G Mini PC PB60
価格 2019/01
発売日
175mm
奥行き 175mm
高さ 70.2mm 34.2mm
容量 2.15L 1.05L
CPU Intel Core i7-8700T
Intel Core i5-8400T
Intel Core i3-8100T
Intel Pentium G5400T
チップセット B360
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4-2400
メモリスロット 2
メモリ最大 32GB
ECC対応
ストレージ
SATAポート数 1
M.2 1
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部) Rear x 2
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 2(Gen2)
Front x 2(Gen1)
Rear x 1(Gen2)
USB type-C Front x 1(Gen1)
SDカード
LAN Rear 1Gb x 1
Wi-fi 802.11 ac(1×1)
Bluetooth 5.0
D-Sub
DVI ×
HDMI Rear x 1
4K対応
DisplayPort Rear x 1
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Front x 2(Headset/Mic)
サウンドチップ
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 120W 90W
ノイズレベル
VESA
付属品 スタンド
VESAマウントキット
キーボード・マウス(オプション)
その他 Configurable port
(COM, VGA, DP)
モジュール式
Configurable port
(COM, VGA, DP)

特徴

CES2019で発表されたASUS製品については、以前に第2世代Ryzen Mobile搭載ミニPC「Mini PC PB50」を紹介しています。

CES 2019(会期:2019年1月8日〜11日)内で、ASUSが発表されたばかりの第2世代Ryzen Mobileを搭載するミニPC「M...

「Mini PC PB60G」はこれのIntel CPU版とも言えるものです。
非モジュールタイプの「Mini PC PB60」もあります。

「Mini PC PB60G」の最大の特徴は単体で完結するのではなく、モジュールを組み合わせることで拡張ができる点です。
モジュールにはNVIDIA「Quadro P620」または「Quadro P1000」を内蔵し、2D/3Dデザインに力を発揮します。グラフィックモジュールということですね。

「Mini PC PB50」の記事で頭を抱えていた、”高さ70mm”の謎もようやく解けました。モジュールを含めた高さだったんですね。

CPUはモバイル向けではなくデスクトップ向けとなっており、Pentium Gold G5400TからCore i7-8700Tまで選択できます。
メモリはSO-DIMM DDR4-2400×2で最大32GB、ストレージは2.5インチとM.2 SSD(PCIe3.0 x4)のデュアルストレージです。

メモリやストレージを追加するときは、本体が画像のように開きます。
継ぎ目もデザインの一部になっていておしゃれですね。

グラフィックモジュールまで含めたインターフェースです。一体化したデザインがいいですね。
背面右の”Configurable port”はシリアルポート、D-Sub、DisplayPortが選択できます。
モジュール部にはminiDisplayPortが4つ並び、本体と合わせて最大7画面表示ができるとのこと。

このサイズで7画面とか、CADより株式に向いているような気が…

アンテナが1本なので、Wifiは最大433Mbpsです。
「Mini PC PB50」の時も思いましたが、なぜアンテナ2本(最大866Mbps)にしないんでしょうか?

グラフィックモジュール部とはサイドにあるコネクタで接続します。
非モジュールタイプの「Mini PC PB60」にはこのコネクタがありません。

接続時にはコネクタの他に本体の底面にネジを挿し、グラフィックモジュール側と壁掛け時計のように固定します。

「Mini PC PB60G」にはさらに、本体の上に積み上げる光学ドライブモジュールがあります。

これはUSB接続なので、「Mini PC PB60」でも使えます。
グラフィックモジュール同様、本体の天板にネジを入れて、壁掛け時計のように固定するだけのお手軽スタックです。

光学ドライブモジュールもフロントは一体化したデザインとなっています。
グラフィックモジュールと合わせて3段重ねにしても映えそうです。

面白いのが背面インターフェースで、単なる光学ドライブというわけではなく、COMポート(シリアルポート)やパラレルポートなど、レガシーなインターフェースを備えています。
パラレルポートとか久しぶりに見ました…

「Mini PC PB60/PB60G」は常時稼働を想定し、また振動や落下のテストも行っています。
とはいえ、MILスペックを取得しているわけでもなく、テスト内容についても公開はされていません。
一般的なオフィス環境では常時稼働させても支障がない、くらいに考えておくといいかと思います。

「Mini PC PB60G」はモジュールを接続した状態でVESAマウントができるのですが…ディスプレイの裏に奥には分厚すぎる気が…一応、出来るということで。

もちろん、普通のスタンドも付属しています。
こうやっておくとAsrock「DeskMini」シリーズなどと変わらない雰囲気ですね。

まとめ

ミニPCサイズながら「Quadro P620/P1000」を搭載可能な「Mini PC PB60G」は、2Lサイズとは思えない破格のグラフィック能力を持っています。
これに対抗できそうなのは、第7世代Intel CPUでGeForce GTX 1060を搭載する「GB-BNi7HG6-1060」(容量2.6L)くらいでしょうか。

価格についてですが、米アマゾンで完成品(Core i3-8100T/Quadro P620/8GB mem/256GB SSD/Windows10 Pro)が949ドル(約106,000円)となっていました。
ついでに言うと、非モジュールタイプの「Mini PC PB60」はCore i3-8100T/4GB mem/500GB HDDで561.99ドル(約62,700円)です。

決して安い買い物というわけではありませんが、コンパクトさと性能を考えれば高くはないですね。

関連リンク


ELSA NVIDIA Quadro P1000 (amazon)

Mini PC PB60G – ASUS
Mini PC PB60 – ASUS