CPU刷新! ドスパラの新しいハイエンドゲーミングノートは『Core i7-9750H』と『GeForce RTX 2070/GTX 1660Ti』を搭載

2019年4月24日、ドスパラを運営する株式会社サードウェーブは、ゲーミングブランドのGALLERIA(ガレリア)で『Core i7-9750H』と『GeForce RTX 2070/GTX 1660Ti』を採用した、15.6インチ/17.3インチのゲーミングノート4モデルを発売しました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー ドスパラ
名称 GALLERIA GCR2070RGF GALLERIA GCR1660TGF GALLERIA GCR2070RNF GALLERIA GCR1660TNF
発売日 2019/04
定価 229,980円(税別) 179,980円(税別) 229,980円(税別) 189,980円(税別)
実売価格
価格条件
CPU Core i7-9750H
グラフィック GeForce RTX 2070(8GB) GeForce GTX 1660 Ti(6GB) GeForce RTX 2070(8GB)
GeForce GTX 1660 Ti(6GB)
チップセット HM370
メモリ 8GB
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大32GB
2.5inch 最大1TB HDD
M.2 512GB(NVMe)
画面 15.6インチ 120Hz 17.3インチ 144Hz
解像度 1920*1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応
光学ドライブ ×
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
1(Gen2)
USB3 Type-C 1(Gen2)
USB PD ×
HDMI
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac wave2
Intel AC9560
Bluetooth 5.0
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック ○(in/out)
マイク
スピーカー 3W + 3W
スピーカー位置
サウンド オンボード内蔵
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー
稼働時間
ACアダプタ 280W 180W 280W 180W
充電時間
急速充電
383mm 419.2mm
奥行き 260mm 287.1mm
高さ 29.5mm 31.9mm
重量 2.36kg 2.96kg
開口角度
カラー
その他特徴 「LFS池袋」24時間無料体験ペアチケット
mini-DP
「LFS池袋」24時間無料体験ペアチケット
ゲーミングバッグ(限定)
mini-DP

特徴

4モデルは画面サイズとGPU以外は共通となっています。
わかりやすく書くと下記のようになります。

GALLERIA GCR2070RGF(RTX2070 / 15.6インチ液晶)  税抜229,980円
GALLERIA GCR1660TGF(GTX1660Ti / 15.6インチ液晶) 税抜179,980円
GALLERIA GCR2070RNF(RTX2070 / 17インチ液晶)   税抜229,980円
GALLERIA GCR1660TNF(GTX1660Ti / 17インチ液晶)  税抜184,980円

4モデルに共通して採用されている「Core i7-9750H」は”Coffee Lake Refresh-H”に属するCPUで、6コア/12スレッド、動作周波数2.6GHz、最大周波数4.5GHz、TDPが45Wとなっています。
“Core i-9000H”シリーズの中ではミドルクラス下位に位置しています。

「Core i-9750H」と、前世代の「Core i-8750H」を比較すると、L3キャッシュが増え、ベースクロック、最大クロックともに上昇しています。
この2つは結構効果が大きいポイントなので、ベンチマークスコアも結構伸びるんじゃないでしょうか。

インテル® Core™ i7-9750H プロセッサーの仕様、ベンチマーク、機能、インテル® テクノロジー、レビュー、価格、購入情報。

参考:Core i-9000Hシリーズ(Coffee Lake Refresh-H)

Core i9-9980HK 8コア/16スレッド 2.40GHz/TB 5.00GHz L3=16MB TDP45W
Core i9-9880H  8コア/16スレッド 2.30GHz/TB 4.80GHz L3=16MB TDP45W
Core i7-9850H  6コア/12スレッド 2.60GHz/TB 4.60GHz L3=12MB TDP45W
Core i7-9750H  6コア/12スレッド 2.60GHz/TB 4.50GHz L3=12MB TDP45W
Core i5-9400H  4コア/8スレッド  2.50GHz/TB 4.30GHz L3=8MB  TDP45W
Core i5-9300H  4コア/8スレッド  2.40GHz/TB 4.10GHz L3=8MB  TDP45W

参考:Core i-8000Hシリーズ(Coffee Lake-H)

Core i9-8950HK 6コア/12スレッド 2.90GHz/TB 4.80GHz L3=12MB TDP45W
Core i7-8850H  6コア/12スレッド 2.60GHz/TB 4.30GHz L3=9MB  TDP45W
Core i7-8750H  6コア/12スレッド 2.20GHz/TB 4.10GHz L3=9MB  TDP45W
Core i5-8400H  4コア/8スレッド  2.50GHz/TB 4.10GHz L3=8MB  TDP45W
Core i5-8300H  4コア/8スレッド  2.30GHz/TB 3.90GHz L3=8MB  TDP45W

GPUについては以下のような違いとなります。

GTX 1660 Ti RTX 2070
アーキテクチャ Turing Turing
CUDAコア数 1536 2304
ベースクロック 1140〜1445 MHz 885〜1215 MHz
ブーストクロック 1335〜1590 MHz 1185〜1440 MHz
メモリ 6GB DDR6(標準) 8GB DDR6(標準)
メモリ速度 12Gbps 14Gbps
メモリ接続幅 192bit 256bit
メモリ帯域幅 288 GB/s 448 GB/s
リアルタイム
レイトレーシング
×
VR Ready
消費電力 60〜80W 80〜115W

一番違うのはリアルタイムレイトレーシングの有無で、スペック自体も「RTX2070」が「GTX1660Ti」をすべて上回っています。

本体についてはサイズ以外は共通で、インターフェースは15.6インチ/17.3インチともにまったく同じとなっています。

上が15.6インチ、下が17.3インチです。
正面から見ると大きさ以外の差が分かりません。

同様にキーボードです。
キーボードのサイズ自体は同一で、左右の幅が異なっています。
というか縁のデザインが左右非対称なんですね。

左側には有線LANポート、HDMI、miniDP、USB Type-A/Type-C、ヘッドホン/マイクと並んでいます。
右側は電源ポート、USB Type-A×2、SDカードスロットだけです。

さらに画像にはありませんがスピーカーは3W+3Wと、1.5Wや2Wくらいが一般的なノートとしては、かなり強力なサウンドとなっています。

背面には排気口があるだけで、端子のたぐいはありません。
背面にインターフェースを並べがちなゲーミングノートとしては珍しいですね。

冷却は合計6本のヒートパイプと、ふたつのファンでまかなっています。
CPU、GPUは分かるのですが、左の一本がつながっている先は何でしょうか…?

特典として全モデルにeSports施設「LFS池袋」の24時間無料体験ペアチケット(15,000円分)がついてきます(※規程枚数がなくなり次第終了)。

また、17.3インチの2モデルには先着50台限定で、オリジナルゲーミングバッグ(というかリュック)(幅340mm、高さ495mm、奥行き250mm)がプレゼントされます。
厚みがあるし、上部は水が入りにくい構造になっているので、普通に使いやすそうなリュックです。

まとめ

CPUが「Core i7-9750H」になり、結構なパワーアップとなった(と思われる)ドスパラのゲーミングノートですが、価格は179,980円〜229,980円(税別)となっています。
この価格は2019年2月に発売された、「Core i7-8750H」搭載モデルからほぼ据え置きでかつ、ストレージ構成が1TB HDD+256GB M.2 SSDから512GB M.2 SSDに変更となっているので、実はかなりお得になっています(ゲーミングするなら2.5インチもSSDを入れますしね)。

「Core i7-8750H」から「Core i7-9750H」への世代交代は結構早かったのですが、ロードマップを見るとモバイル向けハイエンドは次世代の”Comet Lake H”は2020年2Qとなっています。

2019年4月24日、ドイツのニュースサイト「Tweakers」で、インテルのCPUロードマップがリーク・公開されました。 Roadmap...

ということは、少なくとも1年くらいは現行世代が最新モデルとなるわけです。
8コアの「Core i9-9980HK」を待つといいう選択肢もありますが、「Core i9-8950HK」での価格例を見るに、安くて25万円、真面目な構成だと30万円コースになるでしょう。
そう考えると「RTX2070」で229,980円というのは、買いどきと言えるんじゃないでしょうか。

関連リンク

GALLERIA GCR2070RGF – ドスパラ
GALLERIA GCR1660TGF – ドスパラ
GALLERIA GCR2070RNF – ドスパラ
GALLERIA GCR1660TNF – ドスパラ