見た目で区別は難しい。 Human Capable「Norm Glasses」はほぼサングラスなARスマートグラス

2019年7月30日、クラウドファンディングサービスのKickstarterに、見た目はほぼサングラスなスマートグラス「Norm Glasses」が登場しました。開発元はHuman Capable Ink. というスタートアップ企業です。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Human Capable Inc.
モデル名 Norm Glasses
価格 339ドル
画角 20度
解像度 選定中
カメラ 8M(静止画)
1080p(動画)
操作方法 音声
タッチ操作
ヘッドジェスチャー
スマホアプリ
スピーカー ステレオ
防水 生活防水程度
充電時間 2Hr
バッテリー 4日(スタンバイ)
4〜5時間(継続使用)
OS Androidベース
対応OS Android
iOS
Bluetooth 4.1
センサー 9軸ジャイロ
加速度
磁気
CPU デュアルコア 1.2GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
重量 36g
サイズ(ナロー) レンズ幅45mm
鼻幅16mm
テンプル140mm
サイズ(ミディアム) レンズ幅51mm
鼻幅18mm
テンプル145mm
サイズ(ワイド) レンズ幅56mm
鼻幅21mm
テンプル150mm

特徴

スマートグラスやARグラスのジャンルは開発が結構盛んで、以前であれば「Google Glass」、最近だと「Hololens」や「Magic Leap」などが話題になっています。国内だとEPSONなんかが手がけていますね。

ただ、今までのARグラスは未来チックというか、顔を半分くらい覆うものだったり、メガネに投写パーツが付属した形のものだったりと、ひと目でスマートグラスだなと分かるものばかりなのですが、「Norm Glasses」は見た目は大きな(そしてちょっとダサい)サングラスです。

初出はCES2019(会期:2019年1月8〜11日)で、イノベーションアワードを取得しています。

上の画像だと投影機構が見えませんが、他の角度から見るとこんな感じに小さいのが付いています。
投影機構があるのは右目だけで、左目にはありません。なので右目側だけちょっと膨らんでいます。

小さいのでFOV(Field of View、視野)は20度と狭いです。
どのくらいの範囲かというと、腕を伸ばしたところに6インチの画面があるくらいの大きさの画面になります。

小さい画面ですが、13.3インチノートなら普段使いの距離で画面の1/4くらいを見る感じなので、そこそこの情報量が表示できそうです。
ただ、スペックに解像度が記載されていません。
コメントによると現時点では2種類の候補があり、注文数でどちらにするか決めるとのこと。解像度はスマートウォッチ以上スマホ以下とされています。
アスペクト比は16:9か、近いところとあるので、公開されているビデオを見る限りでは最大でもDVDサイズ(720×480)くらいの雰囲気です。

機器はテンプルの部分に組み込まれており、CPUはデュアルコアの1.2GHz、メモリは1GBでストレージは8GBと、今時エントリークラスのスマホでも見ないくらい控えめなスペックです。
バッテリーはこれまた容量が書いていませんが、スタンバイで4日程度、通常利用で1〜2日、連続使用で4〜5時間となっています。連続録画をしている場合は2時間程度まで下がるとのこと。
重量が36gなので、この辺はトレードオフですね。

スマートウォッチ並というのがスペック面での評価になるでしょう。

画面の操作はアプリ、音声、ヘッドジェスチャー、タッチ(上の画像で指で触れている辺りがタッチパネルになっています)と、結構多彩です。

耳の近くにはスピーカーがあり、正面フレームの端にはカメラがあります。
静止画は800万画素、録画はフルHDですが、ストレージ容量の都合上、フルHD録画は1時間程度が限界となるとのことです。

サイズは顔の大きさに合わせて3種類用意されています。
注文する際は自分の顔のサイズを考えて注文しましょう。

レンズはUVカットレンズとブルーライトカットレンズから選べます。

充電はスマートウォッチみたいな4ピンマグネット、もしくはUSBで行えます。
しかし、充電規格の詳細も明らかにされていないので、5Vでいけるのかは不明です。

内蔵アプリは一部開発段階で、電話、コンタクト、テキストメッセージ、カメラ、ビデオレコーダー、ボイスレコーダー、ギャラリー、メディアプレイヤー、ナビゲーション、時計、天気の11種類がFirst phaseとなっています。
Second PhaseはEメール、ソーシャルメディア、ライブストリーミング、ノートとなっています。

また、SDKを公開するのでサードパーティーがアプリ開発を行うこともできるとのことです。

まとめ

スペック的にはおとなしめではありますが、メールの通知とタイトルを受け取るとか、アラームを鳴らすとか、時間を見るとか、スマートウォッチで済ませられる範囲のことであれば十分使えそうです。

また、スペックを要求してこないARアプリも動くと思うのでAR入門、あるいは日常に溶け込むAR体験としては良さそうな感じです。「Google Lens」とか使えたら面白い体験ができそうですね。

価格は24%オフの339ドルからとなっています。発送予定は2020年3月です。
出資期限は2019年8月30日なので、気になる方は早めにチェックしましょう。

画像の一部はNext Realityよりお借りしました。

関連リンク


EPSON MOVERIO BT-30E

Norm Glasses: Lightweight, normal looking AR Smart Glasses – Kickstarter