国内クラウドファンディングにも。 CHUWI「MiniBook」は9月23日にMakuakeに登場。

2019年9月11日、中国のPCメーカーCHUWIは、8インチUMPC「MiniBook」を国内のクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、9月23日よりファンディングを行うと発表しました。
また、下記のキャンペーンページからメールアドレスを登録すると、25%オフの超早割価格で購入できるようになります。

キャンペーンサイト

スポンサーリンク

スペック

※Indiegogoでの仕様を記載しています

メーカー CHUWI
名称 MiniBook
発売日 2019/06
定価
実売価格
価格条件
CPU Celeron N4100
Core m3-8100Y
メモリ 8GB
16GB(8100Yモデルのみ)
メモリ規格 LPDDR3
メモリ増設 ×
2.5inch 128GB eMMC
M.2 M.2(2242) x 1
256GB(SATA)
512GB(NVMe、8100Yモデルのみ)
画面 8インチ
解像度 1920×1200 250cd/m2
ベゼル幅
表面
タッチ対応 10点マルチ
グラフィック HD 600
HD 615
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(3.0)
USB3 Type-C 1(3.0?)
USB PD
HDMI mini
LANポート
wi-fi 802.11 ac
Intel AC3165
Bluetooth 4.0
office ×
カードリーダー microSD
Webカメラ 2M(フロント)
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク
スピーカー
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 26.6WHr
稼働時間 8.0Hr
ACアダプタ
充電時間
急速充電
201mm
奥行き 128.6mm
高さ 19.3mm
重量 0.662g
開口角度 360°
カラー スペースグレイ
その他特徴 スタイラス対応

特徴

「MiniBook」は2019年6月にクラウドファンディングサイトのIndiegogoでファンディングを行い、大成功を納めています。

MiniBook-Mobile Workstation In Your Hand – Indiegogo

またその時にはがじぇっとりっぷでも記事にしています。

2019年6月19日、PCメーカーのCHUWIが8インチUMPC「MiniBook」のファンディングをクラウドファンディングサイトのIndi...

Indiegogoのファンディングではちょこちょこと内容が追加されており、最終的にメモリは16GB、ストレージは512GBにアップグレード、指紋リーダー(電源ボタン兼用)とスタイラス対応が追加されました。

これは日本向けの特設サイトにあった仕様表です。最初から16GBメモリ、512GBストレージが用意されています。
CHUWIに確認したところ、8GBメモリ、128GBストレージのモデルもあり、複数のパターンが用意されるそうです。
ちなみに512GBストレージはM.2 SSDとなるので、正確には128GB+512GBストレージとなります。

CPUはCore m3-8100Yになっていますが、こちらもCeleronモデルが用意されるとのこと。

メモリやストレージについてIndiegogoと同じであれば、以下のようになります。

CPU Core m3-8100Y Celeron N4100
標準メモリ 8GB
標準ストレージ 128GB(eMMC)
メモリアップグレード 16GB ×
ストレージアップグレード 512GB(NVMe) 256GB(SATA)

一方で、スタイラスペンや45W充電器(PD Charger)、EVAバッグのオプションは現時点ではないとのことです。

また、ユーザーとして気になるのが技適の有無です。が、この点も取得済みと回答をいただきました。
早期レビューで使われているサンプル機のラベルがCWI526(HiBook Pro)となっていたので気になっていたんですよね。

「MiniBook」そのものの仕様はIndiegogoと代わりはなく、8インチで2-in-1のYogaスタイルディスプレイ(lenovo以外でもYogaって言っていいんですかね?)を備え、タブレットスタイルで使用することもできます。

Indiegogoと違うのは、キーボードが標準で日本語配列になっている点でしょうか。

広さが限られるため変則的な配列となっており、エンターキー付近の@や「」のキーがあちこちに散らばっています。右シフトキーがないのはちょっとつらそうです。
一方で主要キーのキーピッチはフルサイズと同じ19mm幅を確保しているので、感覚的には違和感は少なそうです。

まとめ

Makuakeにおける「MiniBook」の標準価格は記事執筆時点では公開されていません。
Indiegogoではファンディング終了後も販売が継続されており、8100Y/8GB/128GBのモデルが標準価格669ドルからの20%オフで535ドル(約57,680円)となっています。
16GBメモリはプラス35ドル、512GBストレージはプラス70ドル、日本語キーボードが1ドルなので、トータルすると641ドル(約69,100円)です。

Makuakeの25%オフというのはIndiegogoの台数限定超早期価格と同じ割引率ですが、標準価格が同じとなるかまでは記載がありません。
ひとまずメールアドレスを登録しておいて、上記の価格と比較した上で、どちらで買うのがお得か判断して購入することになるでしょう(ただしIndiegogoの方が受付停止になるかもしれませんが)。

おまけ(Ubook Proのファンディングについて)

CHUWIはIndiegogoでも新製品「UBook Pro」のファンディングを実施する予定です。
非Proの「Ubook」は2019年1月から3月にかけてKickstarterとIndiegogoでファンディングを行い、合計78万ドル以上を集めました。

「UBook Pro」はCPUがCore m3-6Y30からCore m3-8100Yにアップグレードし、ディスプレイも11.6インチから12.3インチに、アスペクト比がSurface系に多い3:2に変更されました。

「UBook Pro」もキャンペーンサイトでメールアドレスを登録することで25%オフの超早割価格で購入できるようになります。

キャンペーンサイト

関連リンク


CHUWI Hi8 SE

MiniBook – CHUWIキャンペーンサイト
MiniBook-Mobile Workstation In Your Hand – Indiegogo