ファンレスミニPC。 ECS「LIVA Z2(N5000)」登場、「LIVA Z(N4200)」はストレージ倍増で再登場

2019年8月31日、台湾ECSのNUCサイズPC「LIVA Z2(N5000)」が発売を開始しました。また同時に、ストレージ容量を32GBから64GBに増やした「LIVA Z(N4200)」も発売されました。

販売サイト(LIVA Z2):Ark(LIVA Z2)TSUKUMO(LIVA Z2)
ビックカメラ(LIVA Z2)
販売サイト(LIVA Z):Ark(LIVA Z)TSUKUMO(LIVA Z)ビックカメラ(LIVA Z)

スポンサーリンク

スペック

メーカー ECS ECS
型番 LIVAZ2-4/64-W10 LIVAZ-4/64-N4200
価格 32800円 33800円(Pro)
30800円(S)
発売日 2019/9
132mm 117mm
奥行き 118mm 128mm
高さ 56.4mm 33mm
容量 0.89L 0.49L
OS Windows 10 Home Windows 10 Pro
Windows 10 Home S
CPU Pentium Silver N5000 Pentium N4200
CPU世代 Gemini Lake Apollo Lake
Passmark値 1152 / 2441 831 / 2031
ベース周波数 1.1GHz 1.1GHz
バースト周波数 2.7GHz 2.5GHz
グラフィックチップ UHD 605 HD 505
コア/スレッド数 4C/4C
TDP 6W
チップセット
メモリ 4GB DDR4-2400 4GB DDR3L-1866
メモリスロット 2
メモリ最大 8GB 16GB
ストレージ eMMC 64GB
SATAポート数 1(<9.5mm) ×
M.2 × 1(2242)
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) Rear x 2 ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 3(Gen1)
USB type-C Front x 1(Gen1)
SDカード ×
LAN Rear 1Gb x 1 1Gb x 2
Realtek RTL8111H
Wi-fi 802.11ac 802.11ac
Bluetooth 4.2 4.0
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 2(1.4b + 2.0) Rear x 1(1.4b)
4K対応(HDMI) 4K/60Hz(2.0) 4K/30Hz
DisplayPort × Rear x 1(mini、1.2)
4K対応(DP) × 4K/60Hz
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1
サウンドチップ × Realtek ACL283
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応 ×
最大消費電力 15W
電源 65W / 19V 19V
ノイズレベル 0dB(Fanレス)
VESA
付属品 クイックガイド
ドライバDVD
VESAブラケット
その他 ファンレス

特徴(LIVA Z2)

「LIVA Z2」はこれまでCeleron N4000搭載モデルとCeleron N4100搭載モデルが2018年10月から11月ころに発売されていましたが(2019年2月ころに終売、現在は市場在庫のみ)、Pentium Silver N5000搭載モデルのみ未発売となっていました。

1年近く間が空いての登場となるのですが、当時はストレージがeMMC 32GBだったのが、64GBに増強されています。
また、OSがなぜかWindows 10 Home 64bit(Sモード)となっています。
Sモードはセキュリティ面では有利ですが、あれこれと制限がされています。解除して通常のHomeにすることもできますが、一度解除するとSモードには戻せません。

「LIVA Z2」は比較的オーソドックスな構成で、HDMIが2つあってデュアルスクリーンにできる点が特徴です。片方はHDMI2.0なので、4K/60Hz表示に対応しています。
リアのUSB端子は2ポートともUSB 2.0です。キーボードなど高速性の必要のないデバイスを接続する前提ですね。

フロントは逆に全てUSB3.0です。
フロントに4ポート並んでいるのはスペースの都合上でしょうか。

ファンレスですが内部空間には多少余裕があります。
また、Wi-fiカードはオンボードではないので換装が可能です。802.11ax(Wi-fi 6)にも対応できそうですね。
発売モデルはメモリは4GB×1となっています。
公式の上限は8GBとなっていますが、多分32GB(16GB×2)まで積めるんじゃないでしょうか(やる場合は自己責任でおねがいします)。

特徴(LIVA Z)

「LIVA Z」は実は結構古い機種で、初登場は2016年12月、国内で発売されたのは2017年3月と、実に2年半も前の機種になります。
検索してみると、当時は結構あちこちでレビューされていて、ファンレスPCでありながらそれなりの処理性能を持つことから、総合して”普通に使える”と評価されています。

ただやっぱり、内蔵ストレージが32GBでは少ないという声もあり(32GBだと大型のWindows Updateが厳しい)、M.2 SSDを増設したほうがいい、と言った意見も見られました。

2年半を経て登場した「LIVA Z(N4200)」は、これはおそらくですが、一番人気のあった”N4200″モデルに絞って、上記の声を拾った、ストレージ倍増バージョンを出してみた、ということかと思われます。

「LIVA Z」は、薄型NUCサイズでありながらLANポートを2つ持つという、遊び心をくすぐる仕様になっています。
映像系はHDMI+mini-DPで、デュアルディスプレイが可能です。

フロントの並びは「LIVA Z2」と同じです。
リアにはUSBがなく、全部フロントに持ってくるという割りきった配置はなんというか、デスクトップ用途よりサーバー用途に向いている気が・・・

内部はメモリスロットが2つとM.2 SSDスロット(2242のみ対応)があります。
もう少しM.2スロットを端に寄せれば2280サイズも収まったんじゃないかなぁと。そこだけちょっと残念ですね。

M.2 SSDの下にはWi-fiカードがあります。Wi-fiは802.11ac(Wi-fi 5)対応ですがBluetoothが4.0と古めです。
なお、メモリについて、「LIVA Z」はDDR3L、「LIVA Z2」はDDR4である点は注意が必要です。

まとめ

ECSの「LIVA」シリーズはこれまでに何度か記事にしてきましたが、GPIOを持っていたりクアッドシリアルポートだったりと、なにげにスタンダードモデルの紹介をしていませんでした。

尖ったところはそれほどありませんが、性能面とファンレスということを考慮すると、リビングPCにするとか、サーバーにするとか、使い方は結構あります。
メディアプレイヤーにするのもアリですね。

価格は「LIVA Z2」が32,800円、「LIVA Z」がWindows 10 Proモデルが33,800円、Windows 10 Home 32bit(Sモード)モデルが30,800円です。

遊び用としてみれば悪くない価格かと思います。

ちなみに、ベアボーンかつファンありであれば「LIVA Z」と同じデザインで、「LIVA Z Plus」としてCore i5-7200U搭載モデルが48,000円弱で販売されています。

関連リンク


LIVAZPlus (i5-7200U)

LIVAZ2-4/64-W10(N5000)S
LIVAZ-4/64-W10(N4200)S
ニュースリリース – Ark