4Kモデルもあり。 MSI「Prestige 15」は6コアCPU+GTX 1650なクリエイター向けノート

2019年10月25日、MSIは6コアの第10世代Core i7-10710UとGeForce GTX 1650 Max-Qを搭載した、15.6インチのクリエイターノート「Prestige 15」を発売いたしました。

販売サイト(Prestige-15-A10SC-026JP):パソコンSHOPアークソフマップビックカメラアプライド
販売サイト(Prestige15-A10SC-025JP):アプライド
販売サイト(Prestige-15-A10SC-066JP):MSIストア

※サイトによっては発売開始が11月1日となっています。

スポンサーリンク

モデル

OS CPU メモリ ストレージ ディスプレイ 価格
A10SC-026JP 10 Home Core i7-10710U 16GB 512GB FHD 177,980円
A10SC-025JP 10 Pro Core i7-10710U 32GB 512GB 4K 229,680円
A10SC-066JP 10 Pro Core i7-10710U 32GB 1TB 4K 241,780円

スペック

メーカー MSI
名称 Prestige 15 A10SC
発売日 2019/10
定価 200,000円前後〜
実売価格 178,000円〜
価格条件
CPU Core i7-10710U
グラフィック UHD
Geforce GTX 1650
Max-Q(4GB GDDR5)
メモリ 16 / 32GB
メモリ規格 DDR4
メモリ増設 最大64GB
2.5inch ×
M.2 512GB / 1TB(NVMe)
画面
解像度 1920×1080
3840×2160
ベゼル幅
表面
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen2)
USB3 type-c 2(TB3)
USB PD
HDMI 1
LANポート
wi-fi 802.11ax
Intel AX200
Bluetooth 5.0
office
カードリーダー microSDXC
Webカメラ
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面手前左右
サウンド
キーピッチ 19mm
キーストローク 1.5mm
キーボードバックライト
バッテリー 78WHr
稼働時間 16Hr
ACアダプタ 90W
充電時間
急速充電
356.8mm
奥行き 233.7mm
高さ 15.9mm
重量 1.6kg
開口角度 180°
カラー カーボングレー
その他特徴 M.2 空きスロットx1
Cooler Boost 3

特徴

「Prestige 15」はMSIではハイスペッククリエイターノートPCと呼ばれており、その名に違わず全モデルを通してCPUにはモバイル向けながら6コア12スレッドの第10世代Core i7-10710U、GPUにはGeForce GTX 1650 Max-Qを採用しています。

Core i7-10710Uは第10世代のIce Lake、Comet Lake合わせても唯一の6コアCPUです。

2019年8月21日、IntelはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ、UシリーズとYシリーズ合わせて8製品を発表しました。 スペ...

メモリは最低16GBでストレージはM.2 SSD 512GBまたは1TB(さらに空きスロットあり!)とこちらも盛り盛りな仕様になっています。
公認ショップでカスタマイズすれば、メモリは最大64GBまで増設が可能です。

インターフェースには第10世代らしくThunderbolt3が2ポート付いています。また、Type-A端子も10GbpsのUSB3.2 Gen2になっています。
一方、カードリーダーはmicroSDとなっています。クリエイター向けを謳うなら、SDカードのほうが良かったと思うのですが・・・

Thunderbolt3経由のディスプレイ出力も可能で、HDMIと合わせてクアッドディスプレイも可能です。
本体のディスプレイはフルHDと4Kがあり、4KモデルはAdobe RGB相当の広色域、CalMAN VERIFIEDなどを盛り込んだ「True Pixel Display」となっています。

バッテリは4セル5,280mAhリチウムポリマー電池なので、だいたい78WHrくらいになります。
稼働時間は最大16時間。15分で10%分(約2時間駆動)の高速充電が可能です。
バッテリーについては他サイトのレビューで、かなり優しい条件ながら本当に16時間までいったとあるので、頑張ればモバイルできそうです。1.6kgは一昔前ならモバイルの範疇だった気がします。
電源アダプタは90Wで、USB Type-C接続となっています。結構強力なGPUを搭載しているのに、90Wで足りるんでしょうか・・・?

外観

正面から見ると、ベゼルはかなり細くなっています。上部は左右よりちょっと太く、カメラが付いています。
下部は上左右に比べれば太いですが、これまでのMSIノートに比べるとだいぶ細くなっています。
とはいえ新設計というわけではなく、「PS63 MODERN」の流用(サイズは同じでインターフェース周りが違う)と思われます。

インターフェースはかなりシンプルです。
左サイドにThunderbolt3 x2、HDMI、オーディオジャック。右サイドはUSB3.2 Gen2(Type-A) x2、microSDスロットとなっています。

キーボードは右1列追加タイプで、テンキー無しとなっています。画像は英字配列ですが、販売されるのは日本語配列となります。
「PS63 MODERN」では独立していた電源ボタンは、右上に収まりました。

また、タッチパッドがかなり大きく、4本指のジェスチャーまで対応しています。

背面には左右に排気口がありますが、ディスプレイを開くと内側に来るようになっているので、ディスプレイに沿って排気が登っていきます。
冷却が追いつくのか不安ですが、同じGeForce GTX 1650 Max-Qを搭載する「XPS 15 7590」もこの構造をとっているので、大丈夫なのでしょう。

その冷却は”Cooler Boost 3″となっています。
ゲーミングノートでは”Cooler Boost 5″になっているので、GeForce GTX 1650 Max-Qはパフォーマンスに対し発熱が少ないのかもしれません。
この辺りが電源90Wで済む理由なのかもですね。

まとめ

青いカッティングエッジが印象的で、ゲーミングノートに比べてスタイリッシュな「Prestige 15」は、FHD/16GB RAM/512GBな「Prestige-15-A10SC-026JP」と4K/32GB RAM/512GBな「Prestige-15-A10SC-025JP」が量販店モデル、4K/32GB RAM/1TBな「Prestige-15-A10SC-066JP」が公式ショップ限定となっています。

価格は「Prestige-15-A10SC-026JP」が19万円台、何故かパソコンSHOPアークだけ177,980円と極端に安くなっています。
「Prestige-15-A10SC-025JP」は販売店が少なく、229,680円でそういつ価格です。
「Prestige-15-A10SC-066JP」は241,780円と、SSDが512GB→1TBでプラス12,000円なので、まぁ悪くはないと思います。

20万円前後とかなり高額な部類にはなりますが、内容を考えると満足感は高そうです。

関連リンク


Prestige-15-A10SC-026JP

Prestige 15 製品ページ:MSI

Prestige-15-A10SC-026JP:パソコンSHOPアーク
Prestige-15-A10SC-026JP:ソフマップ
Prestige-15-A10SC-026JP:ビックカメラ
Prestige15-A10SC-026JP:アプライド

Prestige15-A10SC-025JP:アプライド

Prestige-15-A10SC-066JP:MSIストア