もうひとつの第10世代。Intelのモバイル向け新CPU「Comet Lake」は14nmプロセスな代わりに6コア12スレッドも

2019年8月21日、IntelはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ、UシリーズとYシリーズ合わせて8製品を発表しました。

スポンサーリンク

スペック(Comet Lake-U)

プロセッサーナンバー コア数(スレッド数) 標準クロック 最大クロック(1コア) 最大クロック(全コア) L3キャッシュ 内蔵グラフィック EU数 GPU最大クロック TDP
Core i7-10710U 6 (12) 1.1 GHz 4.7 GHz 3.9 GHz 12MB
UHD
24
1150 MHz
15W
Core i7-10510U
4 (8)
1.8 GHz 4.9 GHz 4.3 GHz 8MB
Core i5-10210U 1.6 GHz 4.2 GHz 3.9 GHz 6MB 1100 MHz
Core i3-10110U 2 (4) 2.1 GHz 4.1 GHz 3.7 GHz 4MB 23 1000 MHz

スペック(Comet Lake-Y)

プロセッサーナンバー コア数(スレッド数) 標準クロック 最大クロック(1コア) 最大クロック(全コア) L3キャッシュ 内蔵グラフィック EU数 GPU最大クロック TDP
Core i7-10510Y
4 (8)
1.2 GHz 4.5 GHz 3.2 GHz 8MB
UHD
24
1150 MHz
7W
Core i5-10310Y 1.1 GHz 4.1 GHz 2.8 GHz
6MB
1050 MHz
Core i5-10210Y
1.0 GHz
4.0 GHz
2.7 Ghz
Core i3-10110Y 2 (4) 3.4 Ghz 4MB 1000 MHz

特徴

モバイル向けの第10世代Coreプロセッサは、2019年8月1日に10nmプロセスの「Ice Lake」が発表されています。

2019年8月1日、Intelは第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」の仕様を発表しました。 発表されたのはTDP15W/28Wの...

「Ice Lake」では新要素が盛り沢山だったのに対し、「Comet Lake」はどちらかというと第9世代の「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」をアップデートして機能を付け足したくらいになります。

命名規則も「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」、というか旧来の命名規則に沿ったものとなっています。

以下が「Ice Lake」、「Comet Lake」、「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を比較した表になります。

Ice Lake-U Comet Lake-U Whisky Lake-U
製造プロセス 10nm 14nm
コア/スレッド 4コア/8スレッド
2コア/4スレッド
6コア/12スレッド
4コア/8スレッド
2コア/4スレッド
4コア/8スレッド
2コア/4スレッド
2コア/2スレッド
GPU Gen11
max 64EU
Gen9.5?(max 24EU)
UHD XXX
Gen9.5(max 24EU)
UHD 610 / 620
メモリ DDR4-3200
LPDDR4/x-3733
DDR4-2666
LPDDR4/x-2933
LPDDR3-2133
DDR4-2400
LPDDR3-2133
最大メモリ 64GB
グラフィック出力 HDMI2.0b
DP1.4
eDP1.4b
HDMI1.4
DP1.2
eDP1.2
グラフィック入力 16Mp
4カメラ
RGB+IRカメラ
×
AI ×
USB 3.2 Gen2
Thunderbolt3 ×
PCIe 不明 16レーン
Wi-fi Wi-fi 6 Wi-fi 6 Wi-fi 5
TDP 15W / 28W 15W 15W
Ice Lake-Y Comet Lake-Y Amber Lake-Y
製造プロセス 10nm 14nm
コア/スレッド 4コア/8スレッド
2コア/4スレッド
4コア/8スレッド
2コア/4スレッド
2コア/4スレッド
GPU Gen11
max 64EU
Gen 9.5?(max24EU)
UHD XXX
Gen 9.5(max24EU)
UHD 615 / 617
メモリ LPDDR4/x-3733 DDR3L-1600
LPDDR3-2133
DDR3L-1600
LPDDR3-1866
最大メモリ 32GB 16GB
グラフィック出力 HDMI2.0b
DP1.4
eDP1.4b
HDMI1.4
DP1.2
eDP1.2
グラフィック入力 16Mp
4カメラ
RGB+IRカメラ
13Mp
4カメラ
AI ×
USB 3.2 Gen2 3.2 Gen1
Thunderbolt3 ×
PCIe 不明 10レーン
Wi-fi Wi-fi 6 Wi-fi 6 Wi-fi 5
TDP 9W 7W 5W / 7W

「Ice Lake」は別物ってくらいに違いが多いです。

「Comet Lake-U」と「Whiskey Lake-U」の違いは、6コア12スレッドが追加されたこと(これは現在の「Ice Lake」にもない要素です)、対応メモリにLPDDR4xが加わったこと、Thunderbolt3対応、Wi-fi6対応といったところです。

特に2つは大きい要素です。

一方でグラフィック面は変わっていません。Intel UHD Graphicsのバージョンは明らかになっていませんが、UHD 610/620のままか、UHD 615/625みたいなマイナーアップデートレベルにとどまると予想できます。

「Comet Lake-Y」、「Amber Lake-Y」の違いは2コア4スレッドだけだったのが、4コア8スレッドが追加されました。
また、「Comet Lake-U」と同じくThunderbolt3対応、Wi-fi6対応となる一方でグラフィックは変わっていません。

TDPは5Wがなくなり、全て7Wとなりました。
ちなみにIntel Ark上ではなぜか「Comet Lake」ではなく「Amber Lake Y」に分類されています。

製品の開発コード名 Amber Lake Y – Intel
製品の開発コード名 Comet Lake – Intel

まとめ

以前に紹介したロードマップの通り、「Comet Lake」が発表されたわけですが、ロードマップよりちょっと早いですね。

2019年4月24日、ドイツのニュースサイト「Tweakers」で、インテルのCPUロードマップがリーク・公開されました。 Roadmap...

「Comet Lake」の発表時には「2019年末(の年末商戦)までに90以上の第10世代CPU搭載製品が登場する」と書かれているのですが、「Ice Lake」発表時には「年末商戦までに登場するだろう」くらいの感じ(実際、現時点では4モデルしか予告されていない)だったので、大部分が「Comet Lake」搭載製品だと思われます。

この辺りも「Ice Lake」の”limited”通りですね。

今後はおそらくUMPCも「Comet Lake-Y」にアップデートされていくとは思いますが、TDPが上がった分、冷却・排気能力が確保できる8インチ以上から登場するんじゃないかなぁと。
UMPCでThunderbolt3、熱いですね。

関連リンク

One-Netbook Technology ONEMIX2SJ-P2 ノートパソコン OneMix2S さくらピンク [7.0型 /intel Core m3 /SSD:256GB /メモリ:8GB /2019年6月モデル][ONEMIX2SJP2]

価格:
102,600円

(2019/08/22 19:49時点 )

ニュースリリース – Intel
解説スライド – Intel ※PDF