HPらしいゲーミングノート。 「Pavilion Gaming 15(AMD)」はRyzen+GTX1050/1650で99,800円から

2019年11月22日、HPはRyzen Hシリーズを搭載したゲーミングノート「Pavilion Gaming 15(AMD)」を発売しました。

販売ページ:Pavilion Gaming 15-ec0000シリーズicon

スポンサーリンク

スペック

メーカー HP
名称 Pavillion Gaming 15(AMD)
発売日 2019/11
定価 99,800円〜(税別)
実売価格 77,200円〜
価格条件
CPU Ryzen 7 3750H
Ryzen 5 3550H
グラフィック GeForce GTX 1650(4GB)
GeForce GTX 1050(3GB)
チップセット
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設
2.5inch 1TB HDD
M.2 128 / 256GB(NVMe)
画面 15.6インチ 300nit
144Hz(3750H)
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(Gen1)
USB3 Type-C 1(Gen1)
USB PD ×
HDMI 2.0
DisplayPort
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 5.0
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 92万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード上
サウンド B&O Play
キーピッチ 18.7mm
キーストローク 1.5mm
キーボードバックライト
バッテリー
稼働時間 9.0Hr(3550H)
6.5Hr(3750H)
ACアダプタ 135W(3550H)
150W(3750H)
充電時間
急速充電
360mm
奥行き 256mm
高さ 23.5mm
重量 2.08kg
開口角度
カラー シャドウブラック&ゴーストホワイト
その他特徴

特徴

「Pavilion Gaming 15(AMD)」はAMD RyzenとGeForce GTX 1050/1650を組み合わせた、エントリー向けゲーミングノートです。
ラインナップは3通りで、構成の違いもわかりやすくなっています。

Ryzen 5/GTX 1050/8GB MEM/1TB HDD/60Hzディスプレイ
Ryzen 5/GTX 1650/8GB MEM/128GB SSD+1TB HDD/60Hzディスプレイ
Ryzen 7/GTX 1650/16GB MEM/256GB SSD+1TB HDD/144Hzディスプレイ

FireStrike
RTX 2060 13750
GTX 1660 Ti 12800
GTX 1060 9750
GTX 1650 9250
GTX 1050 5200
MX 250 3200
Radeon RX540 3000
Vega 10(Ryzen 7) 2250
Vega 8(Ryzen 5) 2100
UHD 620 1000

一番下だけGTX 1050な上に、HDDのみとなっています。構成差を考えると”10万円切り”を謳うためだけのモデルとも言えそうです。
GTX 1650とは2倍近い性能差があるので、選ぶとしたらGTX 1650な上位2モデルのどちらかにしたほうが後悔はないでしょう。
なお、IntelモデルだとGTX 1660 Ti搭載モデルもラインナップされているのですが、AMDモデルにはラインナップされていません。

ディスプレイは15.6インチIPS、輝度300nitsというのは共通ですが、最上位のみリフレッシュレートが144Hzで、下位2モデルは60Hzです。
GTX 1050/1650だと144Hzを活かせるゲームタイトルというのはライトなものに限られてきますが、ライトなものでシビアなリフレッシュレートを求めてくるものはそう多くないので、そこまで気にする要素ではないでしょう。

メモリは8GBまたは16GBです。DDR4-2400 SO-DIMMのようなので、保証を無視すれば最大32GBまで増設が可能と思われます。
インターフェースはRyzenなので、Thunderbolt3が付きません。まぁ、Intel CPUでもエントリー向けはない場合がほとんどですが、USB3.2 Gen2すらないのは残念なところです。

外観

「Pavilion Gaming 15(AMD)」は多角形の、いかにもゲーミングノートと言わんばかりの外見をしています。
天板の中心にメーカーロゴが付いていますが、さすがにプレミアムロゴではないですね。

1.HP True Vision HD Webcam
2.内蔵デュアルマイク
3.15.6インチワイド・フルHD非光沢
IPSディスプレイ(1920×1080)
4.電源ボタン
5.イメージパッド(タッチジェスチャー対応)
6.B&O Play デュアルスピーカー
7.バックライトキーボード(日本語配列、テンキー付)
8.電源コネクタ
9.USB 2.0(電源オフUSBチャージ機能対応)
10.SDカードスロット
11.ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
12.USB 3.1 Gen1 Type-C™
13.ネットワークポート(RJ45)
14.USB 3.1 Gen1
15.HDMI2.0出力端子

インターフェースは左右のみです。
ゲーミングノートでは省かれがちなSDXCカードスロットが付いています。

ちょっとわかりにくいですが、ベゼルは左右が細めになっていて、下部はちょっと広めです。

キーボードはW,A,S,Dキーのみキートップのデザインが異なっています。バックライトは単色です。
電源は左上に付いていて、これは珍しい配置です。
キーボード上部にはBang&Olufsenのステレオスピーカーが配置されています。

全体的にみるとゲーミングノートらしいデザインなのですが、随所にHP特有のスタイリッシュさが残っていて、HPらしいなぁと感じました。

クーリングは左右ではなく、CPUとGPUを合わせてダブルファンで冷やすという、変わった構造をとっています。
吸気口は底面の35%をとっているとのことで、吸気量はまぁ足りてそうです。
Intelモデルでは左右に排気口がある独立タイプですが、個別にファンで冷やすのとどちらが冷えるんでしょうね?

なお、排気口はヒンジ部に付いています。吸気は十分でも排気はどうなんだろう…?

まとめ

タイトルにもあるとおり、「Pavilion Gaming 15(AMD)」の価格は税別99,800円からと、10万円を切っています。

HP Pavilion Gaming 15-ec0038AX スタンダードモデル(Ryzen 5/GTX 1050):99,800円
HP Pavilion Gaming 15-ec0039AX スタンダードプラスモデル(Ryzen 5/GTX 1650):114,800円
HP Pavilion Gaming 15-ec0040AX パフォーマンスモデル(Ryzen 7/GTX 1650):139,800円

ひとつ上位のGTX 1650モデルは1.5万円差なので、GPUの性能差を考えるとGTX 1650モデルのほうがお得感は高いです。

また、記事執筆時点ではキャンペーンが行われており、22,600〜30800円引きとなっています。

Ryzen 5/GTX 1050:77,200円
Ryzen 5/GTX 1650:90,900円
Ryzen 7/GTX 1650:109,000円

比較対象となるIntelモデルの価格は以下のようになっています。カッコ内がキャンペーン価格です。

Core i5-9300H/GTX 1050/8GB MEM:109,800円(88,000円)
Core i7-9750H/GTX 1650/8GB MEM:129,800円(104,000円)
Core i7-9750H/GTX 1650/16GB MEM:149,800円(116,000円)
Core i7-9750H/GTX 1660 Ti/16GB MEM:169,800円(132,000円)
Core i7-9750H/GTX 1660 Ti/16GB MEM/4K:179,800円(140,000円)

Intelモデルを含めても、Ryzen 5/GTX 1650モデルが税込でぎりぎり10万円切りというのは普通に”買い”な価格じゃないでしょうか。

関連リンク


Pavilion Gaming 15-ec0000シリーズ
icon

Pavilion Gaming 15-ec0000シリーズicon
HP Pavilion Gaming 15-ec0038AX スタンダードモデル
HP Pavilion Gaming 15-ec0039AX スタンダードプラスモデル
HP Pavilion Gaming 15-ec0040AX パフォーマンスモデル