性能上がったなぁ。 「GeForce MX350/MX330」が登場。性能はGTX 960M並に

2020年2月10日、NVIDIAは「GeForce MX350」「GeForce MX330」をサイレントローンチしました。
「GeForce MX」シリーズは2017年11月の「MX150/MX130/MX110」、2019年2月の「MX250/MX230」と来たので、第3世代に当たります。
いずれも大きな発表をせず製品情報に追加するだけのサイレントローンチでした。

また、「GeForce MX350」は25W版と15W版が存在することも判明しています。

スポンサーリンク

スペック

※これまでの「MX」シリーズも併記しています。

GPUコア アーキテクチャ メモリー SP数 動作周波数 最大周波数 消費電力
MX350(25W) GP107 Pascal GDDR5 640 1354MHz 1468MHz 25W
MX350(15W) GP107 Pascal GDDR5 640 746MHz 937MHz 15W
MX330 GP108 Pascal GDDR5 384 1531MHz 1594MHz 25W
MX310 GP108 Pascal GDDR5 256 1341MHz 1379MHz 25W
MX250(25W) GP108 Pascal GDDR5 384 1518MHz 1582MHz 25W
MX250(15W) GP108 Pascal GDDR5 384 937MHz 1038MHz 10.5W
MX230 GP108 Pascal GDDR5 256 1518MHz 1531MHz 25W
MX150(25W) GP108 Pascal GDDR5 384 1468MHz 1531MHz 25W
MX150(10W) GP108 Pascal GDDR5 384 937MHz 1038MHz 10W
MX130 GM108 Maxwell GDDR5 384 1122MHz 1242MHz 25W
MX110 GM108 Maxwell DDR3 256 963MHz 993MHz 10W

特徴

「MX350/MX330」は同じPascal世代となりますが、GPUコアは「MX350」がGP107、「MX330」がGP108となっています。

このGPUコアについて、Pascal世代はGP100、GP104、GP106、GP102、GP107、GP108という順で登場しましたが、GP107はGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050向け、GP108はGeForce GT 1030向けとなり、後のほうが高性能というわけではありません。

言い方を変えると、これまでGP108の範囲で収まっていた「MX」シリーズが、「MX350」では一つ上のクラスになったということです。

また、前世代までから変更された点として、「MX350」のTDPのバリエーションが25Wと15Wになっています(「MX150/MX250」は25Wと10W)。
「MX150/MX250」では主に13.3インチノートがTDP10Wの対象だったわけですが、これからは13.3インチでも5W分の性能アップとなります(その分冷却設計が大変そうですが)。

性能は?

「MX350/MX330」は公開されたばかりのため、3D Mark公式に登録されたスコアがまだ存在せず、リークされた情報のみとなっています。
リーク情報を含めて歴代「MX」シリーズおよびモバイル系GPUと比較したのが以下のグラフとなります。

3D Mark FireStrike(Graphic)
GeForce GTX 1050(Mobile) 5606
GeForce GTX 960M 4359
MX350(25W) 4417
MX250(25W) 3712
MX250(15W) 2980
MX230 2467
MX150(25W) 3405
MX130 2369
MX110 1718
Vega 10(Ryzen 7) 2663
Vega 8(Ryzen 5) 2439
i7-1065G7 2765
i5-1035G4 2067
UHD 630 1412
UHD 620 1179

「MX350」のスコアは、初代の「MX150」と比べると約1000ポイント、率にすると30%の性能向上となっています。
2015年3月に登場してからモバイル向けGPUとして人気の高かった「GeForce GTX 960M」よりもスコアが高くなっています。

「GeForce GTX 960M」は当時のミドルクラスで、軽量〜中量級ゲームがステレスなくプレイでき、かつコスパに優れていると評判でした。
ただし、ミドルクラスGPUということでTDPは75W、システム全体の消費電力は最大130Wにもなっていました。

それが今ではちょい足しGPUで同じ性能をまかなえ、構成によっては半分の65Wアダプタで済むのですから、隔世の感があります。

まとめ

これまで「GeForce MX」シリーズは、CPU内蔵GPUと「GeForce GTX」シリーズの間を埋める、モバイルノート向けの”ちょい足しGPU”的な扱いでしたが、その性能もついにかつてのミドルクラスを超えるまでになりました。

立ち位置的には今後も変わらないとは思いますが、薄型モバイルノートでも軽量〜中量級ゲームをプレイできるだけの性能を持つというのは、結構大きいんじゃないかと思います。

関連リンク


GALLERIA GWL250YF(MX250)

GeForce® MX350:NVIDIA
GeForce® MX330:NVIDIA