どこまで値下げるの… Lenovo「IdeaPad S145」はIntel/AMD両展開で3万円台から

2020年4月17日、Lenovoは第10世代Core CPU(Ice Lake)または第3世代RyzenおよびAthlonを搭載した、15.6インチノート「IdeaPad S145」を発売しました。

※10月8日追記:Intelモデルの実機レビューを行いました。

「IdeaPad S145(Intel)」はLenovoのノートPCの中でも激安な機種で、最下位モデルであれば3万円台で購入できました(※)...
スポンサーリンク

スペック(Intel)


CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
メモリ 4~8GB
ストレージ 128~512GB M.2 SSD
network 1GbE×1、802.11ac+BT5.0
USB 3.0×2、2.0×1
映像出力 HDMI×1
サイズ 362.2×251.5×19.9mm
重量 1.85kg
価格 40,897円~

モデル一覧

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Core i3-1005G1 4GB 128GB 40,897円
Core i3-1005G1 4GB 128GB H&B 2019 61,383円
Core i5-1035G1 8GB 256GB 57,935円
Core i5-1035G1 8GB 256GB H&B 2019 80,067円
Core i5-1035G1 8GB 512GB 62,843円
Core i5-1035G1 8GB 512GB H&B 2019 84,227円
Core i7-1065G7 8GB 256GB 69,795円
Core i7-1065G7 8GB 256GB H&B 2019 89,348円
Core i7-1065G7 8GB 512GB 73,359円
Core i7-1065G7 8GB 512GB H&B 2019 93,110円

Lenovoで詳細を見る

スペック(AMD)


CPU Ryzen 7 3700U
Ryzen 5 3500U
Ryzen3 3200U
Athlon 300U
メモリ 4~8GB
ストレージ 128~512GB M.2 SSD
network 1GbE×1、802.11ac+BT5.0
USB 3.0×2、2.0×1
映像出力 HDMI×1
サイズ 362.2×251.5×19.9mm
重量 1.85kg
価格 40,897円~
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad S145(Intel) IdeaPad S145(15 AMD)
発売日 Wed Apr 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
定価 80,190円~ 63,030円~
実売価格 40,897円~ 34,036円~
価格条件 税込・配送込
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
Ryzen 7 3700U
Ryzen 5 3500U
Ryzen 3 3200U
Athlon 300U
グラフィック Iris Plus
UHD
Radeon RX Vega 10
Radeon Vega 8
Radeon Vega 3
メモリ 4 / 8GB
(4GBオンボード)
メモリ規格 DDR4-2666 DDR4-2400
メモリ増設
2.5inch
M.2 128〜512GB(NVMe)
画面 15.6インチ TN
解像度 1920×1080
ベゼル幅 やや狭
表面 ノングレア
タッチ対応 ×
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C
USB PD ×
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 30万画素
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 サイド手前左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト ×
バッテリー 2セル
稼働時間 6.2Hr 6.3Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5Hr
急速充電
362.2mm
奥行き 251.5mm
高さ 19.9mm
重量 1.85kg
開口角度
カラー グレー
その他特徴

モデル一覧

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Athlon 300U 4GB 128GB 34,036円
Athlon 300U 4GB 128GB H&B 2019 53,413円
Ryzen 3 3200U 4GB 128GB 38,075円
Ryzen 3 3200U 4GB 128GB H&B 2019 57,826円
Ryzen5 3500U 8GB 256GB 46,837円
Ryzen5 3500U 8GB 256GB H&B 2019 67,995円
Ryzen5 3500U 8GB 512GB 50,599円
Ryzen5 3500U 8GB 512GB H&B 2019 72,087円
Ryzen7 3700U 8GB 256GB 55,944円
Ryzen7 3700U 8GB 256GB H&B 2019 75,838円
Ryzen7 3700U 8GB 512GB 59,903円
Ryzen7 3700U 8GB 512GB H&B 2019 79,999円

Lenovoで詳細を見る

特徴

「IdeaPad S145」は、外見やインターフェースは全く同じで、Intel CPUとAMD CPUの両方で展開する機種です。
内容的には「IdeaPad S340」を15.6インチにして、インターフェース周りのランクを落としたような感じです。

CPUの選択肢はIntelモデルがCore i7-1065G7、Core i5-1035G1、Core i3-1005G1、AMDモデルがRyzen 7 3700U、Ryzen 5 3500U、Ryzen 3 3200U、Athlon 300Uとなっています。

この組み合わせはLenovoでは一番多く、動作周波数高め・グラフィック性能高めのCore i5-1035G4などはあまり使われていません。
Ice LakeとRyzenの性能差は以下のようになります。

Passmark(マルチスレッド) 価格
Core i7-1065G7 9200 69,795円
Core i5-1035G4 8573
Core i5-1035G1 7827 57,935円
Ryzen 7 3700U 7299 55,944円
Ryzen 5 3500U 7191 46,837円
(参考)Core i5-8250U 6284
Core i3-1005G1 5334 40,897円
Ryzen 3 3200U 4205 38,075円
Athlon 300U 4141 34,036円

Ryzen 5 とCore i5を見比べると、第10世代>Ryzen>第8世代となっており、おおよその性能関係が分かります。
価格は各CPUにおける最安モデルの価格を記載していますが、だいたい性能に比例しています。
コストパフォーマンスがよさそうなのはRyzen 5 3500Uでしょうか。

メモリは4GBまたは8GB、ストレージは128GB~512GBのM.2 SSDとなっており、このあたりの組み合わせはモデル一覧に示した通りとなります。

メモリはオンボード4GB+1スロットとなっており、Core i3/Athlon/Ryzen 3モデルは仕様上ではオンボードのみで拡張不可となっています。
しかし、「IdeaPad S340(14)」では空きスロットが実装されていたので、「IdeaPad S145」でも同様となる可能性は高いです。

また構成から考えると、「IdeaPad S340(14)」と同じように2.5インチベイがあるんじゃないかと思うのですが、発売直後であり、検証・レビューした記事が見当たらないので、この点は不明です。

筐体はIntel/AMD共通で同じものが使われているので、まとめて説明します。

▲フロントから見ると、左右のベゼルは細めですが、高級モデルほどには細くありません。

ディスプレイは15.6インチのフルHDですが、TNパネルなので視野角は広くありません。

▲キーボードはテンキー付きタイプで、タッチパッドは左寄りです。

この辺りは他のIdeaPadシリーズと変わらない点ですが、指紋リーダーやキーボードバックライトは省かれています。

  1. 電源ジャック | 2. HDMI | 3. USB2.0 | 4. USB3.0 | 5. USB3.0 | 6. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 7. 4-in-1メディアカードリーダー

▲インターフェースはType-C端子がないせいか、数年前の機種っぽくなっています。

HDMIは4K/30HzとあったのでHDMI1.4bではないかと思われます。

まとめ

Lenovoに限らず、ノートPCはCPUの種類が限られているので、ディスプレイがTNかIPSかだったり、メモリ・ストレージの容量、ベゼル幅やインターフェース、キーボードバックライトなどで差別化するしかありません。

▼下はひとつ上のランクといえる「IdeaPad S340(14)」のインターフェースですが、USBはすべて3.0でType-C(USB PD非対応)が用意されていること、キーボードバックライトやThinkShutterがついていることくらいしか差はありません(CPU/メモリ/ストレージは一緒)。

  1. 電源ジャック | 2. HDMI | 3. USB3.0 Type-C | 4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 5. Novoボタン | 6. 4-in-1メディアカードリーダー | 7. USB3.0 | 8. USB3.0 (Powered USB)

最安値モデル(Core i3/4GB RAM/128GB SSD)で比べると、「IdeaPad S145」は40,897円、「IdeaPad S340」は44,470円です(ただし、15.6インチと14.0インチという差もあります)。

「IdeaPad S100」シリーズはLenovoの中でも一番下のランクではありますが、前述のようにCPU・メモリ・ストレージについては上位と遜色ないですし、ディスプレイはフルHD、USB3.0も2ポートあるので通常利用の範囲で不足することもそうないでしょう。
エントリー機ゆえの割り切りは必要ですが、事務用やライトユースには十分です。

コストパフォーマンスは抜群に高いので、人気機種になりそうです。というか、記事執筆時点で下位モデルには売り切れが出ていますね…
Lenovoの場合、1週間もあれば復活するので、売り切れていても焦らず次の週末を待ちましょう。

関連リンク


IdeaPad S340(14)

IdeaPad S145 (15):Lenovo
IdeaPad S145 (15、AMD):Lenovo