GDDR6版だよ! Lenovo「Legion 550Pi」は第10世代Hシリーズ+GTX1650で10万円切り

2020年5月29日、Lenovoは第10世代Core HプロセッサとGeforce GTX 1650/GTX 1660Ti/RTX 2060を搭載したゲーミングノート「Legion 550Pi」を発売いたしました。

Legion 550Pi:Lenovo

スポンサーリンク

スペック

CPU Core i7-10750H
Core i5-10300H
GPU GeForce GTX 1650
GeForce GTX 1660Ti
GeForce RTX 2060
メモリ 8 / 16GB DDR4-2933
ストレージ 512GB / 1TB M.2 NVMe SSD
画面 15.6インチ FHD
network 802.11ax+BT5.0
USB 3.0(Type-C)×1、3.0×4
映像出力 HDMI×1
サイズ 363.1×259.6×23.6mm
重量 2.3kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 Legion 550Pi Legion Y7000(2019)
発売日 2019/06
定価 179,080円~ 182,380円〜
実売価格 98,484円~ 103,957円〜
価格条件
CPU Core i7-10750H
Core i5-10300H
Core i7-9750H
Core i5-9300H
グラフィック Geforce RTX 2060
GeForce GTX 1660 Ti
GeForce GTX 1650
チップセット HM470 HM370
メモリ 8GB/16GB 8GB/16GB
メモリ規格 DDR4-2933 DDR4-2666
メモリ増設 最大32GB
2.5inch 1TB HDD
M.2 512GB〜1TB(NVMe) 256GB〜1TB(PCIe)
画面 15.6インチ
(60/144Hz)
15.6インチ
(IPS、300nit、144Hz)
解像度 1920×1080 1920×1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応 × ×
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 4(3.0) 3(Gen1)
USB3 Type-C 1(3.0) 1(3.0)
USB PD × ×
HDMI 2
DisplayPort mini(1.4)
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ax 802.11ac
Bluetooth 5 4.2
office
カードリーダー
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面手前左右
サウンド Harman/kardon
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト ○(白) ○(赤)
バッテリー 52.5WHr
稼働時間 11.8Hr(1660Ti/2060)
10.8Hr(1650)
6.8Hr(1660Ti/2060)
6.3Hr(1650)
ACアダプタ 230W(1660Ti/2060)
170W(1650)
充電時間 2.3Hr 3.5Hr
急速充電 30分50%
363.1mm 360mm
奥行き 259.6mm 267mm
高さ 23.6mm 24.2mm
重量 2.3kg
開口角度 180°
カラー アイアングレー ブラック
その他特徴

Lenovoで見る

特徴

「Legion 550Pi」は「Legion Y7000」の後継にあたる、エントリークラスのゲーミングノートです
中身はかなり変更されたようで、そもそも筐体からして新しくなっています。

CPUは第9世代Core H(Coffee Lake Refresh-H)シリーズから第10世代Core H(Comet Lake-H)シリーズへと一新され、合わせてチップセットもHM370からHM470へと更新されました。

CPU PassMark(上がマルチスレッド、下がシングルスレッド)
Core i7-10750H 128472744
Core i7-9750H 114882531
Core i5-10300H 85222381
Core i5-9300H 80802428
Core i5-8250U 62291987

Comet Lake-Hは2020年4月2日に発表された新CPUで、8コア5GHz動作が話題になりました。
動作周波数は向上に伴って性能は1割ほど上がっていますが、DDR4-2933対応とか、802.11ax(Wi-fi 6)対応の方がメイントピックでしょう。

「Legion 550Pi」もこの変更の恩恵を受けていて、メモリがDDR4-2933となっています。
「Legion 550Pi」はdGPU(外部GPU)を搭載しているので、メモリの速度向上の影響は映像処理の性能には現れにくいでしょうが、CPUの処理性能には反映されているはずです。

その外部GPUは「Legion Y7000」から変わらず、Geforce GTX 1650/GTX 1660Ti/RTX 2060となっています。
一つ変わったのは、GTX 1650のメモリがGDDR5からGDDR6に変更されたことくらいです。
デスクトップ版ではメモリのバンド幅が1.5倍(128GB/s→192GB/s)となり、性能も1割程度向上したことから、モバイル版も近い効果が期待できます。

ストレージは2.5インチがなくなって、M.2 SSDのみとなりました。
そのためか、厚さが24.2mmから23.6mmと微減しています。

2.5インチのスペース分バッテリーが大きくなったのか、バッテリーが3セルから4セルとなり、稼働時間が6.8時間から11.8時間へと大幅に伸びました。
さらに、30分50%の急速充電が可能となりました。
ゲーミングノートはバッテリー食いなので、これはうれしいですね。

外観

▲正面です。

「Legion Y7000」ではディスプレイ下部にカメラがありましたが、潔くカットされました。
まぁ、この位置のカメラって「鼻毛カメラ」とか揶揄されて評判が悪かったので、無くして価格を下げた方がユーザーはうれしいですね。

ディスプレイは、「Legion Y7000」では全モデル144Hzだったものが、GTX 1650モデルでは60Hzになりました(GTX 1660Ti/RTX 2060モデルは144Hzのまま)。

▲キーボードです。「Legion Y7000」から一新されています。

▲こっちが「Legion Y7000」です。

十字キーの位置が違っていますね。
また、バックライトの色が赤から白に変わったため、落ち着いた雰囲気になりました。

  1. USB3.0 (Powered USB) | 2. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 3. イーサネット・コネクター(RJ-45) | 4. USB3.0 Type-C | 5. USB3.0 | 6. HDMI | 7. 電源コネクタ | 8. セキュリティ キーホール | 9. USB3.0

インターフェースは「Legion Y7000」と比べると、miniDPがなくなって、USBが一つ増えました。

▲底面は「Legion Y7000」と同じ、丸い穴が並ぶタイプですが、メッシュっぽいものがなくなっています。

▲「Legion Y7000」はメッシュが付いていますね。

メッシュがなくなったことで吸気率がちょこっと上がっていそうですが、ほこりも吸い込みそうです。
見えないだけでちゃんとメッシュはあるのかな?

▲後ろから見たところです。

ヒンジは一番奥ではなく、ちょっと手前についています。

まとめ

性能は向上しても筐体はコストカットされている「Legion 550Pi」ですが、価格もカットされて、最安モデルでは98,494円(税込・送料込)と10万円を切りました。
前世代の「Legion Y7000」は最安値103,957円なので、5,500円ほど安いです。

性能は上がって価格は下がるって最高ですね。
唯一残念なのは、現在開催されている”EARLY SUMMER SALE”(ゲーミングPCが5,500円オフ)の対象外であるという点でしょうか。
まぁ、旧製品を売り切る目的もあると思うので仕方ないですが、そもそもキャンペーン値引き後の価格が最安値モデルだと50円しか変わらないので、普通に「Legion 550Pi」を買いますよね…

関連リンク

Legion 550Pi:Lenovo