新たなUMPC…? EDGENITY「Reevo」は8インチでN4100/8100Yの2モデルで展開!

2020年5月26日、EDGENITY Inc.(本社:大阪)はクラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で、Celeron N4100/Core i7-8500Yを搭載した8インチの2-in-1 UMPC「Reevo/Reevo Pro」のファンディングを開始しました。

ポケットサイズの本格派。UMPC超小型ノートパソコンReevo:CAMPFIRE

スポンサーリンク

スペック


Reevo

CPU Celeron N4100
メモリ 8GB LPDDR4
ストレージ 128GB eMMC
画面 8インチ WUXGA
network 802.11ac+BT4.2
USB Type-C×1
3.0×1、2.0×1
映像出力 HDMI(1.4)×1
サイズ 201×128.6×19.3mm
重量 0.663kg

Reevo Pro

CPU Core i7-8500Y
メモリ 16GB LPDDR3
ストレージ 128GB eMMC
画面 8インチ WUXGA
network 802.11ac+BT4.2
USB Type-C×1
3.0×1、2.0×1
映像出力 HDMI(1.4)×1
サイズ 201×128.6×19.3mm
重量 0.663kg
詳細スペックを見る
メーカー EDGENITY Inc.
名称 Reevo Reevo Pro
発売日 Fri May 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
定価 64,800円 129,000円
実売価格 37,900円 77,900円
価格条件
CPU Celeron N4100 Core i7-8500Y
グラフィック UHD 600 UHD615
メモリ 8GB 16GB
メモリ規格 LPDDR4 LPDDR3
メモリ増設 ×
2.5inch 128GB(eMMC)
M.2 slot x 1(2242)
画面 8インチ
解像度 1920×1200
ベゼル幅
表面 ラミネート加工
タッチ対応 10点マルチ
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(3.0)
USB3 type-c 1(Gen1?)
USB PD
HDMI 1.4
LANポート ×
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
office ×
カードリーダー microSD
Webカメラ 200万画素
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 左右側面
サウンド
キーピッチ 19mm
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 26.6WHr
稼働時間 6~8Hr 4~6Hr
ACアダプタ
充電時間
急速充電 最短90分(PD2.0)
201mm
奥行き 128.6mm
高さ 19.3mm
重量 663g
開口角度 360°
カラー スノーシルバー ピアノブラック
その他特徴 スタイラスペン付属
光学トラックポイント

特徴

「Reevo」は珍しい、国内企業が企画したUMPCです。

エントリーモデルの「Reevo」とハイエンドモデルの「Reevo Pro」の2モデルのラインナップとなっており、「Reevo」はCeleron N4100を、「Reevo Pro」はCore i7-8500Yを搭載しています。

絶対性能的には第8世代のメインストリームであったCore i5-8250Uのちょうど半分くらいです。
同世代であるのでシングルスレッド性能は近いものがあります(動作周波数の違いによる差はあります)。

CPU PassMark
Core i5-8250U(4C/8T) 62291987
Pentium J5005(4C/4T) 31551211
Core i7-8500Y(2C/4T) 31371810
Core m3-8100Y(2C/4T) 29901844
Pentium N5000(4C/4T) 27751194
Celeron N4100(4C/4T) 25651032
Celeron N4000(2C/2T) 15181108
Celeron 3865U(2C/2T) 12401025
Atom x5-Z8350(4C/4T) 948492

▲ファンディングページではUMPCでよく使われるAtom x5-Z8350、Core m3-8100Yを引き合いに、Cinebench R20でのスコアを比較しています。

がじぇっとりっぷ的ボーダーラインはPassMarkスコアで2000なので、Celeron N4100もクリアしています。
というかこうして比較すると、物理4コアを持つCeleron N4100はかなり健闘していることが分かりますね。

Core i7-8500Yは、マルチスレッド性能ではPentium Silver J5005とほぼ並んでいます。
Pentium Silver J5005はTOPJOY「Falcon」に搭載されているCPUで、がじぇっとりっぷでレビューしています。

がじぇっとりっぷでは時折UMPCを取り上げていますが、実のところ、これまで所有はしていませんでした。 外ではスマホで間に合うため、あまりモバ...

メモリは「Reevo」が8GB、「Reevo Pro」が16GBです。
CPUの世代の違いからメモリの規格も違っていて、「Reevo」はLPDDR4、「Reevo Pro」はLPDDR3となっています。

他にある「Reevo」と「Reevo Pro」の違いは筐体の色だけで、「Reevo」はスノーシルバー、「Reevo Pro」はピアノブラックと全く逆の色をしています。
他のスペックについては共通で、例えばどちらもストレージは128GB eMMCです。

底面にSATA規格のM.2 SSD(2242サイズ)の増設スペースがあり、オプションで2TBまで増設できます。
eMMCは大体150MB/s程度なので、SATA規格とはいえ500MB/sを超えるであろうSSDを追加すれば、快適性は増すでしょう。

筐体

「Reevo」は色違いではありますが、筐体自体は共通です。

▲インターフェースは両サイドに分散しています。

HDMIは1.4なので4K表示時は30Hzまでとなります。
USBは2.0×1、3.0×1、Type-C×1です。Type-CはPD2.0とDisplayPort出力に対応しています。特に言及されてはいませんが、規格としてはUSB3.2 Gen1(最大5Gbps)になるものと思われます。

▲ディスプレイは360度回転可能な2-in-1タイプとなっています。

▲10点マルチタッチに対応し、スタイラスも付属します

なお、スタイラスの色は筐体色に合わせているそうです。

▲キーボード配列です。UMPCの宿命である、変則配列です。

右上の丸いボタンは指紋リーダーを兼ねた電源ボタンとなっています。

分割スペースキーの真ん中に光学トラックポイントが付いています。
がじぇっとりっぷもTOPJOY「Falcon」のレビュー時に使いましたが、結構使いづらかったですね。

個人的にマイナスポイントなのは右シフトキーがない点でしょうか。

▲ぼやけていますが底面です。

左上にSSD換装用のふたが付いています。

類似品

さて、あれこれ書いてきましたが、ぶっちゃけてしまいましょう。

これ、おそらくというかほぼ確実に、CHUWI「MiniBook」のOEMカスタム品です。

2019年6月19日、PCメーカーのCHUWIが8インチUMPC「MiniBook」のファンディングをクラウドファンディングサイトのIndi...

▲「MiniBook」のキーボードとインターフェースです。

「Reevo」と全く同じ配列・配置です。ついでにサイズも一緒です。

さらに言うと、「MiniBook」のOEMはこれが初めてではなく、FFF SMART LIFE CONNECTEDからも「MAL-FWTVPCM1」というモデル名で発売されています。

「MAL-FWTVPCM1」はPentium Silver N5000に4GB LPDDR4メモリ、128GB eMMCという構成です。
Pentium Silver N5000はCeleron N4100とCore m3-8100Yのちょうど真ん中くらいの性能ですね。

なお、こうしてOEMカスタム品を投入しているからか、CHUWIは国内で積極的に展開しているのに「MiniBook」は市場販売しておらず、クラウドファンディングのみでの投入にとどまっています。

まとめ

素性はどうあれ、「Reevo」の価格は意外と割安で、Celeron N4100の「Reevo」が37,900円(超早割)、Core i7-8500Yの「Reevo Pro」が77,900円(超早割)となっています。

オプションのSSDは、512GBが9,980円、1TBが16,800円、2TBが29,800円となっています。
ファンディング終了は2020年6月29日です。

makuakeで国内ファンディングを行った際の「MiniBook」の価格が、Celeron N4100モデル(256GB SSD込)で57,085円、Core m3-8100Yの16GBメモリモデル(512GB SSD込)で79,205円でした。

「MiniBook」ではレザーカバーが付属したとはいえ、Celeronモデルについては「Reevo」の方が圧倒的に安いですね。
CoreモデルについてはSSD価格分とレザーカバー分を引くと1万円弱の差となります。

CPUの差に1万円の魅力があるかという話になるわけですが、Core i7-8500Yを搭載したUMPCの種類の少なさを考えれば、ありかなぁとは思います。

まぁ、個人的にはメモリが16GB必要でなければ、前述のTOPJOY「Falcon」でもいいんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり。

2020年5月30日追記

banggood様より「MiniBook」のクーポンをいただきました。
ちなみに海外仕様ではPrtScキーが右シフトキーとなっています。

CHUWI MiniBook Intel Core M3-8100Y 16GB RAM 512GB SSD 8 Inch Windows 10 Tablet

クーポン:BGJP94cfbd

販売価格:$599.99(65,764円)
クーポン価格:$567.99
期限:2020年6月2日
数量:20台

クーポンが終了していてもCore m3-8100Yで16GBメモリで512GB SSDで65,000円台(送料込みだと66,000円ちょっと)なので、「MAL-FWTVPCM1」とか「Falcon」よりもお得ですね。

関連リンク

ポケットサイズの本格派。UMPC超小型ノートパソコンReevo:CAMPFIRE