【レビュー】 DELL「Vostro 15 3582」を増強したら何とか使えるレベルになりました

PC

先日、Celeron N4000を搭載した DELL「Vostro 15 3582」のレビューを行ったわけですが、ベンチマークは完了するものの、HDDゆえに読み込みに時間がかかるは、メモリ4GBゆえにすぐにあふれてしまい、ページプールがスワップ(HDD上の仮想メモリ領域にデータを移すこと)されるはと、とにかく時間がかかるものでした。

特にスワップが発生すると、退避先がHDDなもので、読み出しにとても時間がかかりました。

そのため、メモリを増強し、HDDをSSDに換装することで、CPU以外のボトルネックを潰せばどの程度改善するのか検証するのが、この記事の目的となります。

ついでに「Vostro 3582」の分解レビューも記事内で実施しています。
なお、本体についてのレビューは前回記事をご覧ください。

【レビュー】 DELL「Vostro 15 3582」(Celeron N4000)は遅いけど使いようはありそう
スポンサーリンク

用意したもの

今回用意したのは、以下の二つです。

メモリは手元にあるのが16GBモジュールだけだったので、16GBへの換装です。

SSDは、M.2 SSDスロットも備えているのですが(後述)、CPU性能的に持て余しそうだったので、2.5インチを使用しています。
がじぇっとりっぷのレビューではたびたび登場しているSSDですが、現在は新モデルが販売されています。

分解

早速分解していきます。

▲「Vostro 3582」の底面です。

ゴム足の下にはネジはないので、見えている分だけを外していきます。
なお、一部のネジについては底面板から外れないようになっています(単に接着剤が山になっているだけかもしれませんが)。

▲赤丸の二つのネジで光学ドライブが固定されているので、まずはここから外します。

▲光学ドライブを外したら、追加で二つのネジが出てくるので、これも外します。

▲あとは慎重にふたを開ければ、開きの完成です。

排気口にあたる部分(ヒンジの間)は爪が大きくて外しにくいので、折らないように注意が必要です。
それから分かりにくいですが、吸気口にあたる底面のスリットはふさがれています。

スピーカー用のスリットは開いていました。

▲本体側だけを正面から見たところです。

手前側の左右にスピーカーが見えています。

▲CPUのヒートシンク部ですが、ファンがありません。

レビュー時は小さく音が鳴っていたのでファンがゆるゆると回っているのかと思っていましたが、どうやらHDDのシーク音だったようです。
吸気口がない以上、自然対流もそれほど起きないと思われるので、何気に埃に強い構造になっています。
底面とキーボード面からの放熱でも間に合っていそうなので、ヒンジ部の排気口とスピーカー部のスリットをふさいでしまえば、多少粉塵の多い場所でも使えそうです。

▲バッテリーとM.2 SSDスロットです。

バッテリーは仕様通りの42WHrです。11.4Vなので、3.8V×3セルでしょう。
右下にはスピーカーも見えています。

▲メモリとWi-fiモジュールです。

Wi-fiはIntelモジュールなどに入れ替えできそうですが、アンテナが2×2に対応しているのかが不明です。

▲ストレージです。

ドライブトレーは4か所(赤丸で囲んだ場所)でねじ止めされています。

▲ストレージを外して、SATA端子だけにしました。

光学ドライブもSATAのはずですが、電源端子が短い特殊規格になっています。

換装

メモリとHDDを外して、用意したものと入れ替えます。

▲メモリの入れ替えは戸惑うポイントはないので、サクッと入れ替えます。

チップ数が異なっているため、裏側までNANDチップが実装されています。

▲換装ついでに試しにM.2 SSDも装着してみました。

M.2 SSD用のスペースは高さがあるので、ヒートシンクをつけたままでも余裕です。
使用したのは下のM.2 SSDになります。

▲換装後にBIOSを起動(メモリの簡易確認)すると、メモリ16GBが認識されています。

▲メモリが問題なかったので、HDDをSSDに換装します。

SSDは、一時的なものなのでトレーを使わず宙ぶらりんにしています。

▲換装を終えてWindowsを起動(データ移動はmacriumを使用)すると、無事に16GBで起動しました。

起動が明らかに早くなった上、アプリもサクッと起動するので、思った以上に使いやすくなっています。

▲CrystalDiskMarkでもなかなか良好な数字が出ています。

ベンチマーク比較

結果総覧

メモリとストレージの増強はわずかですが確かな効果があり、CPU性能オンリー以外のベンチマークスコアが改善しました。
特にゲームベンチマークでは効果が表れており、メモリ4GBに収まらなかったタイトルでは大きくスコアを伸ばしています。

構成DQベンチマーク
16GB/SSD2980
4GB/HDD2793
構成FF XIVベンチマーク
16GB/SSD1220
4GB/HDD912

メモリとストレージのベンチマーク項目があるPassmarkおよびCrystalMarkでは2割ほどスコアが伸びました。

構成PassMark
16GB/SSD1234.9
4GB/HDD1029.4

構成CrystalMark
16GB/SSD115529
4GB/HDD89630

▲左が換装後、右が換装前です。

メモリのスコアがちょっと伸びて、HDDのスコアががっつり伸びています。
他は変更がないのでほぼ同じスコアです。

まとめ

換装後の「Vostro 3582」全体を通して感じたのは、ロード時間がとにかく短くなったことでしょうか。
ロード時間はスコアに出てこないのでわかりにくいですが、ゲームベンチマークのシーン切り替えなどは圧倒的に早くなりました。

なんというか2011年頃、「SSD520」が登場して価格の下落したIntel「SSD 510」をメインPCに導入した時の感動を思い出しました(その頃はシステム→SSD、データ→HDDのスタイルでしたが)。

さらにメモリを増やしたことで複数タブや複数アプリを開いてもそれなりにサクサク動くようになりました。
ただ、使用した範囲では使ってもせいぜい6GBとか7GBだったので(それ以上メモリを使うような処理だとCPUが先に100%になってしまう)、16GBまではなくてもよさそうです。

8GBメモリと240GB SSDを合わせると7,000円ほど追加コストがかかりますが、この追加コストは払うだけの価値があると断言できます。

まぁそもそも、こんな貧弱なCPUを何とかするくらいなら、最初からCore機ないしRyzen機を買えって話ではあるんですけどね…

関連リンク

New Vostro 15 3000(3591):DELL

付録

ベンチマーク結果一覧

メーカーDELL
モデル名Vostro 3582
CPUCeleron N4000
GPUUHD 600
メモリ16GB4GB
ストレージ240GB SSD(2.5)1TB HDD
PassMarkTotal1234.91029.4
CPU Single11191106
CPU Multi15351515.3
2D342.2339.1
3D498431.2
Memory1004.5848.8
Disk4789.5886
CPU-ZSingle203.6203.4
Multi405403
GeekBench4Single19181856
Multi33303242
OpenCL82847935
OpenCL(dGPU)
GeekBench5Single438434
Multi804792
OpenCL15441514
OpenCL(dGPU)
CrystalMarkMark11552989630
ALU2342023307
FPU1391213686
MEM1813217064
HDD4172217115
GDI88688970
D2D34723426
OGL60036022
CINEBENCH R15OpenGL19.22fps18.39fps
CPU(M)139cd138cd
CPU(S)74cd74cd
CINEBENCH R20CPU(M)302pts204pts
CPU(S)161pts140pts
PCMarkALL16491402
Essensial43903349
Productivity29152427
DigitalContent952922
3DMarkTimeSpy131125
Graphics115110
CPU621601
FireStrike396375
Graphics433394
Phisics21382125
Combined139145
NightRaid15471464
Grapihics19641816
CPU703698
SkyDiver13011245
Graphic12391183
Phisics19851886
Combined11401119
CloudGate27652557
Graphics36133188
Phisics15181511
IceStorm2720926198
Graphics3107329481
Phisics1896018852
IceStormEX1655816497
Graphics1598615922
Phisics1893218888
IceStormUnlimited2657626004
Graphics2935228464
Phisics1996920063
VR Mark不可不可
DQ1280・標準29802793
1920・最高
FF XIV
紅蓮
1280・標準1220912
1920・最高
FF XIV
漆黒の反逆者
1280・標準967716
1920・最高
FF XV1280・標準439
1920・最高
MHF
大討伐
128015761457
1920
ブラウザjetstream246.85846.171
BaseMark232.81227.31
WebXPRT7877
MotionMark94.1791.85
SpeedMeter2.034.634.3
octane1507814553

コメント

タイトルとURLをコピーしました