何気に価格破壊? QNAP「TS-230」は2万円台前半のエントリークラスながらメモリ2GB!

2020年5月14日、QNAPはスタイリッシュなデザインの縦型2ベイNAS「TS-230」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

型番 TS-230
メーカー QNAP
価格 22,000円
発売日 2020/05
90.18mm
高さ 188.64mm
奥行き 156.26mm
CPU Realtek RTD1296
1.4GHz Quad-Core
内部フラッシュメモリ 4GB eMMC
メモリ 2GB DDR4
最大メモリ ×
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
1
NIC
(10GbE)
LA/PT ×
USB2.0 1
USB3.0 2
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード
HDMI
4K対応
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック
スピーカー
赤外線
レシーバー
×
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
IPカメラ
(無償)
×
IPカメラ
(最大)
×
仮想化
(VMWare)
×
仮想化
(Windows)
×
仮想化
(Citrix)
×
仮想化
(OpenStack)
×
仮想マシン
(VirtualBox)
×
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
80mm x 1
ノイズレベル 15dB
Wi-fi USBアダプタ
消費電力 12.277W
重さ 1.11kg
DTCP+
DTCP-IP
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 600
グループ数 128
並列接続数 128
共有フォルダ 256
スナップショット 64
read性能 113MB/s
write性能 112MB/s
read性能
(暗号化)
103MB/s
write性能
(暗号化)
89MB/s
備考

特徴

「TS-230」はQNAPの分類では”Home – エントリレベル”という、一番下のクラスになっています。
家庭でのデータバックアップ、写真・動画の共有といった、ネットワークストレージとしての利用が主となっています。

…いや、NASだからそれが当たり前なはずですが、最近のNASはサーバーになったり仮想マシンが動いたりと、NASって何の略だっけ?な機種が多いので、本来の役割が前面に出てくると、「あれ?」となってしまいます。

前世代としては同じ”Home – エントリレベル”の「TS-228A」でしょうか。

CPUはIntelではなくARM系のRealtek RTD1296となっています。「TS-228A」のRDT1295からちょっとだけ良くなりました。
Coretx-A53の1.4GHzクアッドコアで、GPUやHDMI出力も搭載していますが、「TS-230」は残念ながら映像出力を持っていません。

同じCPUはQNAPでは「TS-328」、他社ではSynology「DS220j」「DS420j」に採用されています。

2018年4月3日、QNAPが初の3ベイNAS「TS-328」を発表しました。 スペック 型番 TS-328 メーカー QNA...
2019年10月のSynology社のユーザーイベント「Synology 2020 Tokyo」でお披露目されたものの、記事執筆時点では正式...
2020年1月10日、NASメーカーのSynologyは4ベイのエントリー向けNAS「DiskStation DS420j」を発売いたしまし...

メモリはエントリークラスながら2GBを搭載しています。
オンボードのようで、換装は不可となっています。

▲インターフェースです。

エントリークラスながらUSBは3ポート(2.0×1、3.0×2)備えています。
一方でLANポートはひとつしかありません。

あ、色が涼しげな青っぽいのは実際にこんな色だからです。ベイビーブルーだそうです。
QNAPは上位は黒で下位は白だったのが、最近では青をポイントに入れるようになり、ついに全体が青くなりました。

しかしこの見た目は、あんまりNASに見えませんね。
量販店の夏物家電コーナーとかに並んでいても違和感がなさそうです。

背面上部の80mmファンはかなり静かなようで、騒音レベルは15dBとなっています。
20dBで木の葉の擦れ合う音、6dBごとに約2倍の音量となるので、木の葉の擦れ合う音の半分くらいでしょうか。おそらくはほとんど聞こえないレベルでしょう。

▲転送速度は最大113MB/sです。

CPUの性能が十分なので、1ポートの限界まで出ていますね。
こうなると2ポートあればなぁと思ってしまいますが、そうはいかないのがエントリークラスです。残念。

▲吸気口はサイドの下部にあります。

▲冷却はこんな感じです。

下から入って上に抜けるということで、結構効率的に冷えそうです。
もちろん逆サイドにも吸気スリットはあるので、片側だけ冷えるということもありません。

▲上の画像ではシャーシが省かれていましたが、実際の中はこんな感じです。

筐体を開ける必要はありますが、地味にホットスワップ(電源を入れたままHDDを交換すること)に対応しています。
今までこの手の”開けるタイプ”は固定式が多かったのですが(「TS-228A」も固定式)、進化するものですね。

ちなみに高さと幅は「TS-228A」とほぼ同じなのですが、HDDトレーの左右の分だけ奥行きが長くなっています(125mm → 約156mm)。

OSはQTSで、上位NASと遜色ない機能を使うことができます。
たいていのアプリはApp CenterにあってNASに直接インストールできます。

また、上位・中位機種の機能であったスナップショット機能も、最大64と少なめながら対応しました。

HDMIがなく、直接の映像出力こそできないものの、4K動画のリアルタイムトランスコーディングに対応し、ストリーミング再生が可能です。

▲そしてDockerとLXCにも対応しています。

Dockerはアプリ部分の仮想化、LXCはLinuxベースOSの仮想化です。
完全仮想マシン(VM)には対応していませんが、このふたつがあれば大抵のアプリやサーバーは動かすことができます。
…NASって何の略だっけ?

とはいえ、wordpressを複数立てたいとか、実験用の隔離環境が欲しいとか、GitLab、Redmineなどを立てるとか、ちょっと家庭用から離れた使い方をしないと、使うことはないでしょう。

それにメモリが2GBなので、やりすぎるとメモリが枯渇してストレージとしての機能に影響しますしね。
がっつり使うよって人には、「TS-251D」がおすすめです。「TS-251D」ならメモリも増設できますし、ロープロファイルながらPCIeスロットも持っています。

2020年1月21日、QNAP(台湾)はホームユース向けの2ベイNAS「TS-251D」を発表しました。 内容からしてがじぇっとりっぷでも以...

まとめ

白物家電風から夏物家電風に進化した「TS-230」の価格はなんと22,000円前後となっています。
メモリ2GBでホットスワップ対応でこの価格は正直驚きの安さです。そもそもメモリ2GB搭載NASって3万円台からがほとんどなので、価格破壊と言ってもいいくらいです。

ネットワークストレージとしての利用が主で、LANポートが一つで十分という一般家庭レベルの使い方であるならば、「TS-230」がおすすめの最初になるでしょう。
ただし、色さえ気にしなければの話ですが。

関連リンク

created by Rinker
QNAP(キューナップ)
¥43,003 (2020/06/03 12:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

製品ページ:QNAP
ニュースリリース:QNAP