スパイグッズ感がアップ! Elecrow「CrowPi2」は前作よりパワーアップ!

2020年6月16日、電子学習キットを手掛けるElecrowが、クラウドファンディングサイトのKickstarterで、Raspberry Piを用いた学習キット「CrowPi2」のファンディングを開始いたしました。

CrowPi2- STEAM Education Platform& Raspberry Pi Laptop:Kickstarter

スポンサーリンク

スペック

メーカー ELECROW
モデル名 CrowPi2
対応SBC Raspberry Pi 3B,3B+,4B
サイズ 291×190×46mm
重さ 1.3kg
画面 11.6インチ FHD
カメラ 200万画素
電源 DC12V / USB 5V(microUSB)
入出力 無線キーボード
無線マウス
音声 ステレオスピーカー
3.5mmオーディオジャック
対応OS Raspbian
Ubuntu
CentOS
Windows IoT
OpenWrt

特徴

「CrowPi2」はRaspberry Piを用いたラップトップ型の学習キットです。
およそ2年前には前作「CrowPi」をファンディングしており、がじぇっとりっぷでも記事にしています。

クラウドファンディングサイトのkickstarterに、小型のメタルケースに入った、ぱっと見スパイツールにしか見えないラズパイ&Py...

前作はアタッシュケース型でしたが、今作はノートPC型になりました。

で、この「CrowPi2」、前作に引き続いてとにかくワクワク感がすごいです。

▲どうみてもスパイグッズです。

もうこれだけでテンションが上がります。
いや、実態はセンサー満載の学習キットなんですけどね?

▲本体にはRaspberry Piを収納できます。

対応するのはRaspberry Pi 3B,3B+,4Bです。
内部的にはディスプレイとHDMIで接続しています。

▲背面にはジャンパーワイヤーやLEDを収納するポケットが付いています

▲見づらいですが、外観とインターフェースです。

⑰と⑱でRaspberry Piの電源/HDMIが接続されているのが分かります。

▲組み込みのセンサー&モジュール類です。

▲センサー利用の一例です。

超音波センサーを用いて物との距離を測っています。

▲キーボードとマウスはワイヤレス仕様なので、外した状態でも使えます。

▲「CrowPi」では本体だけでしたが、「CrowPi2」では学習用にカスタマイズされたOSが付属します。

▲PytsonのレッスンはPython2.7からPython3対応に変更され、「CrowPi」の20項目から32項目に増えています。

さらに、「CrowPi」では紙のマニュアルだったものが、オンラインビデオでの解説になっています。
なお、プランによっては冊子も付いてきます。

▲メニューでは学習の進捗状況が確認できます。

▲レッスン画面です。

右側には解説が表示されています。
順序だてて説明されますし、何をする必要があるのかが分かるようになっていますね。

「CrowPi」の学習項目はPythonだけでしたが、「CrowPi2」ではここもパワーアップしており、以下の学習項目が用意されています。

・Python
・Scratch
・MineCraft
・AI
・Micro:bit
・Arduino

▲ScratchもPythonと同様、解説を見ながら学ぶことができます。

Scratchは部品を積み重ねていくことで視覚的に処理の流れがつかめるようになっているプログラミング言語で、子供がプログラミングやアルゴリズムを覚えるのによく使われています。

▲レッスンは16項目に分かれています。

▲MineCraftもゲームではなく学習教材として扱われています。

▲レッスンは16項目に分かれています

▲AIは顔認識と音声認識について学びます。

▲Micro:bitとArduinoはScratchを使うようです。

まとめ

ファンディングページを見た限りでは、「CrowPi2」は学習キットとしてかなり優秀なように思えます。
このレッスンを全部こなしたら、プログラミングの基礎は身につくんじゃないでしょうか。

「CrowPi2」の価格は139ドル(約15,000円)からとなっています。
付属品の内容によって、4コースに分かれています。詳細な内容はファンディングページをご確認ください。

・Basic Kit:139ドル
・Starter Kit:239ドル
・Advanced Kit:289ドル
・Deluxe Kit:309ドル

Starter kit以上はRaspberry Pi 4B(4GB)が同梱されています。
ちなみにRaspberry Pi 4B(4GB)は単品だと55ドルです。

「CrowPi2」のファンディング終了は2020年8月15日、目標額はすでに達成しており、発送は2020年8月となっています。

しかしこれ、子供と言わずエンジニアでもスキルアップに使えそうですね。

関連リンク

CrowPi2- STEAM Education Platform& Raspberry Pi Laptop:Kickstarter
公式サイト