【レビュー】Lenovo「ThinkCentre M75q-1 Tiny」の電源アダプタを変えたら爆速に…なりすぎでしょこれ

がじぇっとりっぷでは先日Lenovo「ThinkCentre M75q-1 Tiny」のレビューを行いました。

Lenovoは2018年7月にRyzen PRO 2200GE/2400GEを搭載した「ThinkCentre M715q Tiny」を、2...

この「ThinkCentre M75q-1 Tiny」は格安で性能がいいということでギークな界隈に人気があり、あれこれハック研究されています。

そのうちの一つに、「電源アダプタを変えると爆速になる」というものがあり、実際にやってみました。
また、メモリ容量も変更して検証しています。

スポンサーリンク

ThinkCentre M75q-1 Tiny

CPU Ryzen 5 PRO 3400GE
メモリ 8GB DDR4(2スロット)
ストレージ 128GB(M.2 NVMe)
USB Type-C×1、3.0×5
映像出力 HDMI、DinsplayPort
有線LAN 1GbE
wi-fi なし
電源 65W
サイズ 182×179×34.5mm

Lenovo で見る

メモリ増強

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」はRyzen機であるため、GPUがメモリを2GB確保し、実容量が5.9GBとなります。

この容量だと重めのベンチマーク時にはメモリを食いつくすことがあり、スコアの伸びを妨げる要因となります。

そこでメモリをがっつり増強してベンチマークを取ってみました。

▲緑のメモリがデフォルトで入っていた分、黒いのが入れ替えるメモリです。

内部構造については前回レビューを参照ください。

▲メモリを装着したところです。

メモリを増強した結果ですが、結論から言うと、それなりのスコアアップになりました。
ただ、増強した結果というよりはメモリが2枚になりデュアルチャネル化したことが大きな要因ではないかと思います。

デュアルチャンネルとは同じ規格・容量のメモリを2枚挿すことにより、2枚のメモリが同期をとって2枚1組として動作することでCPUやメモリのデータ処理を高速化する技術のこと。理論上は2倍の転送速度として扱われる。

ベンチマーク結果については下記でまとめて考察します。

(失敗) 170W電源アダプタ

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に付属の電源アダプタの出力はスクエア端子で出力は65Wです。
65W以上のアダプタは90W、135W、170W、230Wと、いくつか種類があります。

そこで大は小を兼ねるだろうとばかりに、たまたま安かった170Wを購入してみました。

これが失敗で、チップ制御か何か働いているのか、65W以上の出力が出ません。
どんなに負荷をかけても65W以上に上がることはなく、あぁこれは対応していないんだなとあきらめました。

135W

次に購入したのがネットで実績のある135W出力のアダプタです。

ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ):Lenovo

▲左から170W、135W、65Wです。

これは前情報通り消費電力が65Wを軽く突破して、ベンチマークスコアも爆増しました。

Passmark(CPU)
135W 32GB 9873.42073
65W 32GB 9860.72082
65W 8GB 8808.42063

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

PCMarkのCPUスコアは、シングルスレッドは変わらず、マルチスレッドが伸びています。
65W/32GBでも伸びているので、これは前述のとおりメモリのデュアルチャンネル化による効果と思われます。

DQベンチマーク
135W 32GB 934115351
65W 32GB 509711550
65W 8GB 46949701

上段:1920×1080(最高品質)、下段:1280×720(標準品質)

メモリのデュアルチャンネル化と電源アダプタの両方の効果が大きかったのがゲームベンチマークです。
FHD時はスコアがほぼ2倍になっています。ちょっとこれは衝撃でした。

135W/32GBのFHD時スコアが、65W/8GBの720pスコアに近いところまで迫っており、別のPCのベンチマークを比較している気分になります。

FF XIV 紅蓮の解放者
135W 32GB 26366595
65W 32GB 15963331
65W 8GB 12432967

上段:1920×1080(最高品質)、下段:1280×720(高品質)

このスコアの伸びは中量級タイトルではもっと顕著に表れており、2倍を超えるスコアになっています。
135W時はFHD/最高画質でも”やや快適”となるため、少し画質を落とせば普通に遊べるレベルとなります。

FF XV
135W 32GB 2777
65W 32GB 1546
65W 8GB 1381

1280×720(標準品質)

重量級ゲームでもスコアは2倍に伸びましたが、それでも720pで”やや重い”となったので、プレイはかなり厳しいものになります。
最低限動けばいい放置アカなら何とかなるかなぁといったところですね。

3DMark FireStrike
135W 32GB 31803566
65W 32GB 27873340
65W 8GB 19242158

上段:総合スコア、下段:グラフィックスコア

3DMarkの結果はゲームほどに離れたスコアにはなりませんでした。

3DMarkはテストによってCPU項目もスコアが伸びたり、グラフィック項目だけが伸びたりと傾向がバラバラです。

65W/32GBより65W/8GBの方がスコアが良かったりするテストもあってよくわからないことになっていますが、135Wが一番高スコアであるため、メモリより電源の方が重要だったみたいです。

おまけ

もしかするとと思ってSteamのVRベンチマークも測ってみましたがさすがに虫が良すぎたようです。

とはいえ、画面を見ていた限りでは低フレームレートでは動いていたようなので、VRチャットのような動きよりコミュニケーションな場面では使えなくはないかなぁと。

消費電力

135W 32GB 65W 8GB
アイドル時 9.8W 9.6W
CINEBENCH(S) 32.9W 31.7W
CINEBENCH(M) 68.9W 69.3W
最大 90.9W 70.4W

消費電力はCPUのみが動いている場合はあまり変わりませんが、最大値は20Wほど増えています。
これなら90Wアダプタでもなんとかなったかもしれませんが、電源容量に余裕があるというのもそれなりに重要な要素でしょう。

まとめ

電源アダプタの増強は必須と言えるレベルです。
かなり性能が上がるとはわかっていましたが、2倍になるとは思っていませんでした(せいぜい5割り増しくらいかと…)。

メモリの増強もそれなりに効果があったので、最低でも8GBメモリをもう一枚追加するくらいはした方がいいでしょう。

というか、最初から90Wアダプタだったら何の問題もなかったのでは…?と思うわけですが。
せめてカスタマイズの選択肢に入れるくらいはしてほしいものです。

関連リンク

ThinkCentre M75q-1 Tiny:Lenovo
ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ):Lenovo

ベンチマーク結果一覧

メーカー Lenovo
モデル名 M75q-1 (135W) M75q-1 (65W) M75q-1 (65W)
CPU Ryzen 5 3400GE
GPU Radeon Vega 11
メモリ 32GB 8GB
ストレージ 128GB SSD
PassMark Total 3541.9 3535.9 3025.6
CPU Single 2073 2082 2063
CPU Multi 9873.4 9860.7 8808.4
2D 510.1 512.4 517.9
3D 2341.9 2299.6 1313.2
Memory 1839.3 1848.1 1435.6
Disk 9834.2 9337.1 9858.3
CPU-Z Single 430.5 425.4 421.1
Multi 2309.6 2275.5 2318
GeekBench4 Single 4343 4200 3993
Multi 13691 13087 11495
OpenCL 46426 43785 30976
OpenCL(dGPU)
GeekBench5 Single 946 948 957
Multi 3654 3284 2655
OpenCL 13812 13762 10395
OpenCL(dGPU)
CrystalMark Mark 373608 372648 332865
ALU 110715 110604 110505
FPU 76688 76398 76183
MEM 72951 72157 44785
HDD 54778 53168 54612
GDI 9227 10983 9038
D2D 5171 5175 4430
OGL 44078 44163 33312
CINEBENCH R15 OpenGL 59.31fps 49.76fps 35.21fps
CPU(M) 767cd 767cd 770cd
CPU(S) 154cd 153cd 154cd
CINEBENCH R20 CPU(M) 1742pts 1744 pts 1736 pts
CPU(S) 385pts 393 pts 393 pts
PCMark ALL 4405 4265 4025
Essensial 8536 8473 7960
Productivity 6515 6568 6322
DigitalContent 4171 3784 3517
3DMark TimeSpy 1182 1092 771
Graphics 1060 991 682
CPU 3440 2613 2993
FireStrike 3180 2787 1924
Graphics 3566 3340 2158
Phisics 11560 11348 11143
Combined 1098 827 630
NightRaid 11460 8719 7557
Grapihics 14106 11472 8553
CPU 5556 3695 4553
SkyDiver 11025 6195 6647
Graphic 11499 6409 6900
Phisics 8989 6127 8693
Combined 11379 5022 4085
CloudGate 17105 11714 12265
Graphics 24537 13253 14531
Phisics 8303 8330 7936
IceStorm 96538 81277 80743
Graphics 125634 95451 95695
Phisics 53319 53482 52199
IceStormEX 84541 50770 64422
Graphics 101746 50014 68919
Phisics 53109 53608 52447
IceStormUnlimited 117366 97800 1059334
Graphics 165198 121509 138593
Phisics 58293 58114 58054
VR Mark 不可
DQ 1280・標準 15351 11550 9701
1920・最高 9341 5097 4694
FF XIV
紅蓮
1280・標準 6595 3331 2967
1920・最高 2636 1596 1243
FF XIV
漆黒の反逆者
1280・標準 6166 3255 2939
1920・最高 2646 1546 1381
FF XV 1280・標準 2777 1554 1535
1920・最高
MHF
大討伐
1280 9233 8090 4668
1920 5092 4649 2681