【レビュー】 ASUS「Mini PC PB50」 頑張ってるけど何か尖ったものが欲しい…

2020年6月19日、ASUSはRyzen搭載ミニPC「Mini PC PB50」を国内発表いたしました。発売は6月26日となります。

Mini PC PB50:ASUS
ASUS Store

先日、「Mini PC PN60」をレビューさせていただいたASUS様より、発売に先駆けてRyzen 7 3750Hを搭載した「Mini PC PB50」をお借りできましたので、レビューをしていきたいと思います。

「Mini PC PB50」についてはずいぶんと前に発表記事を書いています。

CES 2019(会期:2019年1月8日〜11日)内で、ASUSが発表されたばかりの第2世代Ryzen Mobileを搭載するミニPC「M...

結構気になっていた機種が国内発売されるって、ワクワクしますね!
機材をお貸しいただいたASUS様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

※2020年8月7日追記:販売リンクを追加いたしました。

スポンサーリンク

Mini PC PB50

CPU Ryzen 7 3750H
メモリ DDR4(2スロット)
ストレージ 2.5インチ+M.2 NVMe
USB Type-C(3.2 Gen2)×1
3.0×4、3.2Gen2×2
映像出力 HDMI、DisplayPort
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 175×175×34.2mm
重さ 1.19kg

GoodPoint
デスクトップ機並みの性能
USB3.2 Gen2対応
気になりにくい騒音

BadPoint
内部アクセス性が微妙
吸気口が小さい
拡張端子の使い道がない

詳細スペックを見る
メーカー ASUS
型番 Mini PC PB50
価格
発売日 2020/06
175mm
奥行き 175mm
高さ 34.2mm
容量 1.05L
CPU Ryzen 7 3750H
Ryzen 5 3550H
CPU世代 第2世代Ryzen Mobile
ベース周波数 2.3GHz
2.1GHz
バースト周波数 4.0GHz
3.7GHz
グラフィックチップ Radeon Vega 10
Radeon Vega 8
コア/スレッド数 4C/8T
TDP 35W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4-2400
メモリスロット 2
メモリ最大 32GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 1
M.2 1
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部)
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 4(Gen1)
Rear x 2(Gen2)
USB type-C Front x 1(Gen2)
SDカード
LAN Rear 1Gb x 1
Wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
D-Sub
DVI ×
HDMI Rear x 1
4K対応
DisplayPort Rear x 1
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Front x 2(Headset/Mic)
サウンドチップ
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 90W
ノイズレベル
VESA
付属品 スタンド
VESAマウントキット
キーボード・マウス(オプション)
その他 Configurable port
(COM, VGA, DP)
USB-Cは急速充電対応

外観

▲「PB50」のパッケージ内容はあれこれ詰まっています。

本体と電源アダプタ、Wi-fiアンテナ、VESAマウンタにスタンド、ドライバCDに保証書・マニュアル類、そしてネジ類です。

▲電源アダプタは本体の1/4以下のサイズです。

ミッキープラグで、出力は90W(19V@4.74A)となっています。

▲「PN60」と比較すると、ちょっと大きいですね。

がじぇっとりっぷではずいぶん前に、ASUS「Mini PC PN60」の記事を書いています。 国内販売モデルはCore i3-8130...

「PB50」のサイズは17.5cm角なのでこれでも超小型の部類に入ります。
コンパクトPCとして名高いLenovo「ThinkCentre M75q-1 Tiny」が182×179mmなので、「PB50」の方がほんのちょっとだけ小さくなっています。

Lenovoは2018年7月にRyzen PRO 2200GE/2400GEを搭載した「ThinkCentre M715q Tiny」を、2...

▲インターフェースです。

背面のUSBが10Gbps対応のUSB3.2 Gen2になっています。フロントのType-CもUSB3.2 Gen2ですね。
Configurable PortはVGAが搭載されていました。

▲サイドには謎のふたが。

いや、謎でも何でもないのですが、こういうのってワクワクします。

▲底面にはゴム足とネジ穴があります。

このネジ穴は、VESAマウンタ用の穴で、同一筐体を用いる「PB60G」においてはグラフィックモジュールの固定に使われます。

内部

▲「PB50」はネジ(赤丸の部分)を一つ外すだけでふたを開けることができます。

▲開いたらこんな感じです。

HDDトレーの黒いのは絶縁シールと思われます。

▲内部にアクセスできるようにした状態です。

左隅を見ればわかりますが、ネジの規格がバラバラです。HDDトレーは長短2種類のネジで止められていました。
…適材適所は分かりますが、ユーザーからするとなるべく統一されていた方がありがたいのですが…

ファンは絶縁シールでヒートシンクとつながっているので、このような状態になりますが、このやり方で正しいようです(マニュアルにもこの方法で載っていました)。

HDDトレーが肉抜きされたプラスチックトレーでなく金属板なのは、サイドのパンチホール部分からの吸気が確実にM.2 SSDに当たるようにしているものと思われます。

ただ、ネジを4つ(しかも2種類!)外す必要があるので、HDDトレーは「M75q-1 Tiny」のようなはめ込み式にするとか、工夫の余地が残っていそうです。

▲SATA端子は装着はされておらず、同梱されています。

▲真ん中ちょっと右がSATA端子を接続する先です。

リボンコードってそんなにやわではないのですが、壊れそうで結構勇気がいるんですよね…

▲Wi-fiカードです。

搭載されていたのはAzureWave「AW-CB295NF」でした。
最大866Mbps、BT4.2に対応しています。

▲アンテナは前後についています。

フロント側は白いコードのつながった、カギ型のものがアンテナです。

▲サイドの謎の部分です。

見た感じではPCIe x8っぽいです。

ここに接続するものは「Mini PC PB60G」で明らかになっており、NVIDIA「Quadro P620」または「Quadro P1000」を内蔵したモジュールを接続することができます。

CES2019(会期:2019年1月8日〜11日)内で展示されていた、スタッカブルなミニPC、ASUS「Mini PC PB60G」ですが、...

こういうギミックってすごくワクワクしますが、電力供給がPCIe部分からだけなので、補助電源不要なタイプかつ電源アダプタで賄える範囲という制限が付きます。

実際、「Mini PC PB60G」の電源アダプタは120Wで「Quadro P620」の最大消費電力は40W、「Quadro P1000」は47Wとなっています。本体側は70~80Wの計算ですね。

ただ、記事執筆時点では拡張グラフィックモジュール単体での販売はなく、他の拡張モジュールの発表もされていません。
「Mini PC PB60G」の拡張グラフィックモジュールについてもASUSに確認したところ、あくまで「Mini PC PB60G」で使うことを前提としたモジュールであり、互換性は保証されないとのことでした。

仮に自力で使おうにも、メス-メスのライザーケーブルが必要になりますが、がじぇっとりっぷが探した範囲ではそのようなものは販売されておらず、そこから自作する必要があるという高難易度です。

つまり現状では使うことのできない端子となります。
コストを抑えるために「Mini PC PB60G」と同じ筐体を使った設計を行った結果と割り切るしかなさそうです。

▲サイドの端子は使わないので元に戻し、メモリとSSDを装着しました。

メモリとSSDは以下のものを使用しています。

システム

▲BIOS(UEFI)画面は「PN60」と同じものです。

OSはWindows 10 Enterprise(試用版)を利用します。

Microsoft Evaluation Center では、ダウンロードまたは Microsoft Azure で試用できる、フル機能を備えた評価版の Microsoft 製品ソフトウェアを提供しています。

無料で90日まで使え、試用期間も2回まで延長可能なので、ベアボーンのテストには便利です。

もともとのシステムが入っていないので、今回はいつもの「Macrium Refrect Free」の出番はありません。

▲足りないドライバはCDからインストールします。

▲GPUのドライバはCDより新しいものが出ているので、別途インストールします。

▲ドライバのインストール前と後では対応するディスプレイ解像度の数が段違いです。

というか、標準ドライバがFHD(1920×1080)とかWUXGA(1920×1200)には対応していないくせに、UHD(3840×2160)には対応していることに驚きました。

▲CPU情報です。

▲メモリを見るとGPUに2.1GBが割り当てられています。

Ryzenはメモリ8GB以上だとGPUに2GB割り当てられるようです。

▲Wi-fiはWPA3非対応でした。

まぁ、802.11ac(Wi-fi 5)までだとWPA3を使うことはほぼないですし、802.11ax(Wi-fi 6)を使う場合はそもそもWI-fiカードを換装する必要があるので、そこまで気にする必要はありません。

ちょっと使ってみた

Ryzen 7 3750Hはモバイル系ハイエンドだけあって、何をするにもサクサクです。全くストレスを感じません。

「PN60」がうるさくて熱かったのに対し、「PB50」は思ったよりも静かで温度も低めです。
ベンチマーク後に触れてもほんのり温かい程度です。

▲HDDベンチを連続して数回回すとさすがに70度を超えますが(というか、このSSDが高性能な分発熱しやすいだけかもしれませんが)。
上の方で推測した通り、サイドからの吸気がSSDを冷やしているようで、結構すぐに温度が下がります。

▲CrystalDiskMarkのスコアもちょっと良くなっています。

▲ファンの回転速度は最高で5192rpmでした。

CPU-ZのストレスモードでCPUを100%にした状態を数分続けてやっと出る数字なので、普段はここまで出ません。
重量級ゲームのFF XVベンチマークでも3600rpm前後でした。

背面に手を当てた感じでは、「PN60」よりも排気はされているようで、手に熱が当たります。

▲CPUID HWMonitorから温度に関する部分を抜き取ったものです。

上記のストレスモード数分後の様子ですが、CPUも92度と多少の余裕があります。
SSDは、CrystalDiskMarkのような高負荷をかけなければ、50度台で済むようです。

ベンチマーク

対象アプリ一覧

CrystalDiskMark 6.0.2
PassMark 9.0
Geekbench 4.4.2
Geekbench 5.0.1
CrystalMark 2004R7 v0.9.200.452
CINEBENCH R15.0
PCMark 10
3D Mark v2.0.6762
DQ X ベンチマーク v1.51
FF XIV 紅蓮の解放者
FF XIV 漆黒の反逆者
FF XV v1.2
Monster Hunter Frontier 大討伐

jetstream 2
BaseMark
WebXPRT
MotionMark
SpeedMeter2.0
octane

※ベンチマーク条件

DQ Xは1280×720・標準、および1920×1080・最高品質の2種類
FF XIV(紅蓮/漆黒)は1280×720・高品質(ノート)、および1920×1080・最高品質の2種類
FF XVは1280×720・標準のみ

結果総覧

「PN60」のCore i7-8550Uと比較すると、シングルスレッドはちょっと弱く、マルチスレッドで上回り、グラフィック系は圧倒的という、ザ・Ryzenなスコアとなっています。

一方で、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に搭載されるデスクトップ向けのRyzen 5 PRO 3400GEと比較すると、標準の65Wアダプター時のスコアには勝ちますが、135Wアダプターでフルに性能を発揮したときのスコアには若干負けています。

以下の機種とCPUを比較に、見ていきます。

・Lenovo ideapad 720S:Core i5-8250U
・Lenovo IdeaPad S540:Ryzen 5 3500U
・ASUS PN60:Core i7-8550U
・Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny:Ryzen 5 PRO 3400GE
 (「M75q-1」は65Wアダプタと135Wアダプタ)

Passmark(CPU)
Ryzen 5 3500GE(135W) 98732073
Ryzen 7 3750H 95782066
Ryzen 5 3400GE(65W) 88082063
Ryzen 5 3500U 83831956
Core i7-8550U 86552310
Core i5-8250U 79762051

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

Ryzen 7 3750HとRyzen 5 PRO 3400GEは実はスペック的には非常に似通っているのですが、基本クロックが3750Hが2.3GHz、3400GEが3.3GHzと、ここだけ1GHzの差があります。ブーストクロックはどちらも4GHzです。

ようはモバイル向けのRyzen 7 3750Hの方が省電力仕様というわけで、マルチスレッドのフルロード時には動作クロックが低めに抑えられます。
そんな中でRyzen 5 PRO 3400Gのフルロードにこれだけ近づけているのはかなり頑張っていると言えるでしょう。

Core i7-8550Uと比べた場合では、マルチスレッドスコアがだいぶ高くなっていますね。

DQベンチマーク
Ryzen 5 3400GE(135W) 934115351
Ryzen 7 3750H 818613640
Ryzen 5 3400GE(65W) 46949701
Ryzen 5 3500U 573710466
Core i7-8550U 49069486
Core i5-8250U 33935672

上段:1920×1080(最高品質)、下段:1280×720(標準品質)

GPUは仕様がちょっと違っており、Ryzen 7 3750Hはコア数が10、最大クロックが1300MHzに対し、Ryzen 5 PRO 3400Gはコア数が11、最大クロックがが1400MHzとなっています。

両方の差を単純に掛け合わせると、Ryzen 5 PRO 3400Gの方が18.4%性能が高いということになるのですが、実際のスコア差は最高品質で14.1%、標準品質で12.5%なので、理論値以上に健闘していることが分かります。

FHD・最高品質でも評価が”とても快適”なので、DQを遊ぶにはこれで十分ですね。

3DMark FireStrike
Ryzen 5 3400GE(135W) 31803566
Ryzen 5 3400GE(65W) 28803184
Ryzen 5 3400GE 19242158
Ryzen 5 3500U 17331908
Core i7-8550U 11341253
Core i5-8250U 918997

上段:総合スコア、下段:グラフィックスコア

3DMark(Fire Strike)のグラフィックスコアでは12%の差となっています。
詳細は後述しますが、フルロード時の消費電力を比較すると、「M75q-1 Tiny(135Wアダプタ時)」の方が27.1%上回っていますので、ワットパフォーマンスは「PN60」の方が優れているという結果になりました。

消費電力・騒音について

消費電力はRATOC「WATTCHECKER」を、騒音計測はBENETECH「GM1356」を使用しています。

▲騒音測定は本体の30cm手前にマイクを設置して計測しました。

まずは消費電力です。

アイドル時 13.1W
画面オフ時 11.4W
スリープ時 0.01~4.0W
CINEBENCH(S) 37.0W
CINEBENCH(M) 63.9W
最大 71.5W

最大消費電力は71.5Wと、90W電源アダプタで余裕で賄える範囲に収まりました。その最大電力も、上の画像のとおり、ベンチマーク開始時の数秒だけで、その後は60W台前半で推移しています。

「M75q-1 Tiny」は135Wアダプタ時で90.9Wまでいったので、だいぶ低い数字です。
最大消費電力比では上記のとおり27.1%ですが、実際のワットパフォーマンスはもっと差が広くいます。

一方、気になるのはスリープ時です。

▲こんな感じで0.01Wから4.0Wまでを行き来しています。

がじぇっとりっぷではデスクトップ機のレビューは多くありませんが、ノートPCだとバッテリーがこの挙動を吸収しているのでしょうね。

続いて騒音測定です。

騒音(電源オフ) 35.2dB
騒音(アイドル) 39.2dB
騒音(最大) 55.1dB

測定時間:深夜1時頃

騒音レベル[dB] 音の大きさのめやす 自室内の聞き騒音
うるさい 70 掃除機
騒々しい街頭
うるさい 非常にうるさい
60 普通の会話・チャイム
時速40キロの自動車の内部
非常に大きく聞こえうるさい
声を大きくすれば会話ができる
普通 50 エアコンの室外機
静かな事務所
日常生活で
望ましい範囲
大きく聞こえる
通常の会話は可能
40 深夜の市内
図書館
多少大きく聞こえる
通常の会話は十分に可能
静か 30 ささやき声
深夜の郊外
静か 非常に小さく聞こえる
20 ささやき
木の葉のふれあう音
ほとんど聞こえない

最大音量は前述のとおり、CPU-Zのストレスモードを数分回した時の数字です。
さすがにこの時はうるさいですが、普段使いではそこまでうるさくありません。

高めの負荷をかけたときの音はちょうど台風時の隙間風のような音になります。
「PN60」は最大騒音レベルは低かったのですが高音気味で耳につきやすいのに対し、「PB50」はそれこそ隙間風程度の気になり方なので、集中しているときには意識に上りません。

机上においても使えるレベルでした。

まとめ

「Mini PC PB50」の性能は、ほぼ同サイズながらデスクトップ向けCPUを搭載する「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に劣らないものでした。
価格はまだ出ていませんが、バグみたいな格安構成のある「M75q-1 Tiny」を下回るのは難しいでしょう。

「M75q-1 Tiny」との価格差を帳消しにする尖った機能として拡張端子に期待していたのですが、このままでは残念ながら厳しいと言わざるを得ないです。
せめて拡張グラフィックモジュールが単体販売されればいいのですが…

関連リンク

Mini PC PB50:ASUS
ASUS Store

付録

ベンチマーク結果一覧

メーカー ASUS
モデル名 PB50
CPU Ryzen 3750H
GPU Vega 11
メモリ 32GB
ストレージ 512GB M.2
PassMark Total 3489.8
CPU Single 2066
CPU Multi 9578.1
2D 507.5
3D 1957.5
Memory 1802.8
Disk 18957.2
CPU-Z Single 424.1
Multi 2309.2
GeekBench4 Single 4075
Multi 12046
OpenCL 39627
OpenCL(dGPU)
GeekBench5 Single 877
Multi 3309
OpenCL 12320
OpenCL(dGPU)
CrystalMark Mark 381583
ALU 110821
FPU 76901
MEM 70282
HDD 76301
GDI 8777
D2D 4370
OGL 34401
CINEBENCH R15 OpenGL 52.81fps
CPU(M) 756cd
CPU(S) 152cd
CINEBENCH R20 CPU(M) 1700pts
CPU(S) 390pts
PCMark ALL 4190
Essensial 8071
Productivity 6314
DigitalContent 3920
3DMark TimeSpy 1146
Graphics 1023
CPU 3627
FireStrike 2880
Graphics 3184
Phisics 10862
Combined 1022
NightRaid 10112
Grapihics 11847
CPU 5528
SkyDiver 9839
Graphic 10021
Phisics 9363
Combined 9287
CloudGate 14965
Graphics 20840
Phisics 7533
IceStorm 87856
Graphics 107044
Phisics 53987
IceStormEX 75547
Graphics 85158
Phisics 54157
IceStormUnlimited 102354
Graphics 133656
Phisics 56249
VR Mark
DQ 1280・標準 13640
1920・最高 8186
FF XIV
紅蓮
1280・標準 5780
1920・最高 2350
FF XIV
漆黒の反逆者
1280・標準 5557
1920・最高 2368
FF XV 1280・標準 2351
1920・最高
MHF
大討伐
1280 8766
1920 4865
ブラウザ jetstream2 95.855
BaseMark 702.65
WebXPRT 155
MotionMark 244.28
SpeedMeter2.0 69.2
octane 35914

ベンチマーク結果画像