今一番安いRyzen 4000。 Lenovo「IdeaPad Slim 350 14」は4.1万円から

2020年6月9日、LenovoはRyzen 4000シリーズを搭載した14インチノート「IdeaPad Slim 350 14」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 4 / 8GB DDR4-3200
4GBオンボード+1スロット
ストレージ 128~512GB M.2 NVMe
画面 14.0インチ FHD
有線LAN なし
USB 3.0×2、2.0×1
映像出力 HDMI×1
駆動時間 9.0時間
サイズ 327×241×19.9mm
重量 1.5kg~

販売価格:75,900円~
クーポン価格:40,986円~

詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Slim 350 14
発売日 2020/06
定価 75,900円~
実売価格 42,504円~
価格条件
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
グラフィック Radeon Vega 7
Radeon Vega 6
Radeon Vega 5
メモリ 4 / 8GB
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大20GB(1スロット)
2.5inch ×
M.2 128〜512GB(PCIe)
画面 14.0インチ(TN)
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 2(3.0)
USB-C
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 30万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面手前
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 2セル
稼働時間 9.0Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5HR
急速充電 なし
327.1mm
奥行き 241mm
高さ 19.9mm
重量 1.5kg
開口角度 180°
カラー プラチナグレー
その他特徴

Lenovoで見る

モデル一覧

※2020年6月14日時点の価格です。

CPU メモリ SSD オフィス 価格
Ryzen 3 4300U 4GB 128GB × 40,986円
H&B2019 62,040円
Ryzen 5 4500U 8GB 256GB × 54,648円
512GB 60,588円
256GB H&B2019 74,646円
512GB 81,026円
Ryzen 7 4700U 256GB × 64,900円
512GB 75,020円
256GB H&B2019 85,250円
512GB 95,040円

特徴

「IdeaPad Slim 350 14」は冒頭のとおり、CPUにRyzen 4000シリーズを採用したノートPCです。
同じS300シリーズに属する「IdeaPad S340 (14, AMD)」の後継っぽい雰囲気ですが、CPU以外は後戻りしているというか、上位機種との差別化をよりはっきり打ち出しているように見えます。

2020年1月7日、AMDはCES 2020(会期:‎2020年01月07日~01月10日)で「Ryzen 4000」シリーズおよび「Ath...

「IdeaPad Slim 350 14」に搭載されるのは4コア4スレッドのRyzen 3 4300U、6コア6スレッドのRyzen 5 4500U、8コア8スレッドのRyzen 7 4700Uです。
いわゆるSMT(Intelでいうハイパースレッディング)をサポートしていないモデルになります。

SMTをサポートしているのはRyzen 5 4600UとRyzen 7 4800Uですが、「IdeaPad Slim 350 14」には選択肢として用意されていません。
他に最安モデルとしてAMD A4-3020E APUもありますが、製造プロセスは14nmでTDPは6W、IntelでいうところのAtomシリーズに近いものとなるうえ、アーキテクチャととしても古いものになるので今回は省きます。
というか、Ryzen 3 4300Uモデルとは2,000円も変わらないのでわざわざ選ぶ理由もありません。

メモリは4GBオンボード+1スロットの変則仕様。
これは「IdeaPad S340」と同じスタイルです。

2019年9月18日、Lenovoは14インチのエントリーノート「IdeaPad S340(14)」に、"Ice Lake"モデルを追加しま...

ストレージは128GBから512GBとなりますが、組み合わせはRyzen 3が128GB、Ryzen 5/7が256/512GBとなっています。
「IdeaPad S340」では2.5インチストレージ用のスペースがありましたが、「IdeaPad Slim 350 14」にも存在しているかは不明です。

Wi-fiは最新のIEEE 802.11ax(Wi-fi 6)ではなく、802.11ac(Wi-fi 5)止まりとなっています。

バッテリーは容量不明ですが2セルです。
「IdeaPad S340 (14, AMD)」は3セルだったので簡素化されています。
ちなみにこのセル数が多いと並列に充電ができるので充電が高速化されます。

筐体

▲フロントです。

「IdeaPad Slim 350 14」は「IdeaPad S340 (14, AMD)」よりわずかにサイズが大きくなっています。

Slim 350: 327.1×241×19.9mm
S340: 322.7×230.5×17.9mm

ディスプレイサイズは同じ14インチなので、純粋にベゼルが太くなったわけです。
せめて現状維持くらいはするべきでは…?

  1. 電源ボタン | 2. 4-in-1メディアカードリーダー | 3. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 4. 電源ジャック | 5. HDMI | 6. USB2.0 | 7. USB3.0

インターフェースはなんとType-Cがなくなったうえ、3.0×3(うちType-C×1)から3.0×2+2.0×1になっています。

▲比較用に「IdeaPad S340 (14, AMD)」のインターフェースも掲載。

比較すると、USB類は左側に集められたことが分かります。
ゲーミングノートなどではマウスを置くから右側を開けるようにするとは聞きますが、その流れでしょうか。

電源に関しては「IdeaPad S340 (14, AMD)」でもUSB PD充電はなかったので、その点は変更ありません。

▲ディスプレイは180度まで開きます。

キーボードはテンキーなしで、電源は独立しています。
スピーカー位置は底面左右から底面手前に変更されていますね。音としてはちょっと聞こえが良くなるんじゃないかと。

▲天板はすっきりしており、ロゴがワンポイントで入っています。

天板とキーボード面の同じ位置にロゴを配するのが最近のLenovoのトレンドみたいです。

まとめ

安価にRyzen 4000シリーズを試すことができる「IdeaPad Slim 350 14」ですが、筐体面では一歩後戻りしています。
4.1万円なRyzen 3 4300Uモデルや6.5万円なRyzen 7 4700Uモデルは価格だけなら「IdeaPad Slim 350 14」一択になりますが、Ryzen 5 4500Uモデルについては、「ThinkPad E14 Gen2」が構成次第でほぼ同じ価格帯(記事執筆時点で56,320円)まで落とし込めるので、「ThinkPad E14 Gen2」を検討してもいいと思います。

2020年5月26日、LenovoはノートPCの2020年春モデルについて4シリーズ16モデルを発表しました。 「ThinkPad X」シリ...

ThinkPad E14 Gen2(価格.com限定モデル):Lenovo

どちらもオンボード+1スロットですし、インターフェース面ではUSB3.0×2+USB2.0×1は一緒で、「ThinkPad E14 Gen2」はUSB3.0のうち1ポートがType-Cであること、他は有線LANかカードリーダーかの違いくらいです。
Ryzen 5 4500U/256GBモデルと「ThinkPad E14 Gen2」の最安構成は2,000円差ですが、メモリ4GBの代わりにディスプレイがIPSに、無線LANは802.11ax(Wi-fi 6)対応、さらにカスタマイズ可能であるというのは価格差以上のものがあると思います。

まぁ、最後は好みになるでしょうか。

関連リンク

IdeaPad Slim 350 14:Lenovo