普段使いできそう。Lenovo「IdeaPad L340 Gaming」は8万円台からのゲーミングノート

2020年7月8日、Lenovoは第9世代Intel Core CPUとGeForce GTX 1650(4GB)を搭載した15.6インチゲーミングノート「ideapad L340 Gaming」を発売いたしました。
特に発表はなく、2019年6月に発売された同名モデルのサイレントアップデートとなります。

スポンサーリンク

スペック

CPU Core i7-9750H
Core i5-9300H
GPU GeForce GTX 1650(4GB GDDR5)
メモリ 8/16GB DDR4-2400(2スロット)
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
512GB SSD
画面 15.6インチ(IPS) FHD
有線LAN 1GbE
USB Type-C(3.0)×1、3.0×2
映像出力 HDMI×1
駆動時間 9.1時間
サイズ 363×254.6×23.9mm
重量 2.19kg~
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo Lenovo
名称 IdeaPad L340 Gaming(2020) 2019年モデル
発売日 Wed Jul 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時) Sat Jun 01 2019 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
定価 140,580円~
実売価格 81,536円~
価格条件
CPU Core i7-9750H
Core i5-9300H
グラフィック GeForce GTX 1650(4GB) GeForce GTX 1650(4GB)
GeForce GTX 1050(3GB)
チップセット HM370
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設
2.5inch 1TB HDD(9750H) 1TB HDD
M.2 256GB(9750H)
512GB(9300H)
Optane 16GB
画面 15.6インチ IPS 15.6インチ TN
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(3.0)
USB3 Type-C 1(3.0)
USB PD ×
HDMI 2
DisplayPort
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
office
カードリーダー
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト ○(青)
バッテリー 3セル
稼働時間 9.1Hr 9.1Hr(9750H)
10.0Hr(9300H)
ACアダプタ 135W
充電時間 2.5Hr
急速充電 1時間80%
363mm
奥行き 254.6mm
高さ 23.9mm
重量 2.19kg
開口角度 180°
カラー ブラック
その他特徴 Think Shutter

Lenovoで見る

特徴

「IdeaPad L340 Gaming」が最初に発表されたのは2019年6月4日で、新モデルの仕様が発表されたのが2020年6月30日なので、ほぼ1年たってのリニューアルとなります。

筐体は変わらないままストレージ構成とGPU、そして液晶が変更されています。

2020年モデル 2019年モデル
CPU Core i7-9750H
Core i5-9300H
GPU GeForce GTX 1650(4GB) GeForce GTX 1650(4GB)
GeForce GTX 1050(3GB)
メモリ 8 / 16GB
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD(9750H)
512GB SSD(9300H)
1TB HDD
+16GB Optane
ディスプレイ 15.6インチ IPS 15.6インチ TN

CPUはCoffee Lake Refresh世代のCore i5-9300HまたはCore i7-9750Hです。
現行世代は第10世代Core H(Comet Lake-H) に移行しつつありますが、現役で多数の製品が販売されています。

PassMark CPU
Ryzen 7 4800H 191442663
Ryzen 5 4600H 148692503
Core i7-10750H 128132755
Core i7-9750H 114392525
Core i7-8750H 102432362
Core i5-10300H 90612668
Ryzen 5 3550H 81452111
Core i5-9300H 80622432
Core i5-8300H 75952366
Core i5-8250U 61321989

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

性能的には第8世代(Coffee Lake)の1割増し、第10世代の1割減と、特に不足を感じるものではありません。

GPUはGeForce GTX 1650(4GB)です。
デスクトップ向けのGTX 1650はメモリがGDDR6に変更されましたが、モバイル向けはGDDR5のままのようです。

デスクトップ向けの話ではありますが、GDDR5版とGDDR6版では性能が1割違うものの、その分発熱も増えるということで、冷却に気を遣うモバイル版では導入されていないのかもしれません。

 先日、ビデオメモリをGDDR5からGDDR6に変更したGeForce GTX 1650がひっそり登場した。同じ型番ながらビデオメモリの変更によってバンド幅が向上し、性能が向上しているのは間違いないのだが、エントリー向けでわざわざ変更する意味はあるのか、性能向上の程度はどのぐらいなのか、ちょっと気になるところだ。

メモリ・ストレージはCore i5-9300Hモデルが8GB RAM/512GB SSD、Core i7-9750Hモデルが16GB RAM/256GB SSD+1TB HDDです。
Wi-fiも変わらずIEEE802.11ac(Wi-fi 5)ですが、せっかくなのでここもIEEE802.11ax(Wi-fi 6)にアップデートしてほしかったところです。

筐体

▲フロント画像です。

ベゼルは細いですが、フラグシップ機のように極端に細いとまではいきません。

  1. 電源ジャック | 2. イーサネット・コネクター(RJ-45) | 3. HDMI | 4. USB 3.0 | 5. USB 3.0 | 6. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 7. USB 3.0 Type-C | 8. セキュリティ キーホール

インターフェースは左側に偏っています。

電源は135WなのでUSB PDでの給電は使えず、Lenovo独自の四角ジャックとなっています。
USBはすべて3.0なので使い勝手は悪くないでしょう。

▲キーボードはテンキー付きで、キーボードバックライトは青色となっています。

一応「IdeaPad」なので、キーボードも「IdeaPad」シリーズのものですね。

▲背面は全体がヒンジになっています。

これも「IdeaPad」スタイルなのですが、排気は間に合うのでしょうか…

▲ディスプレイは180度開きます。

全体的に見て、キーボードバックライトが青なこと以外はビジネスノートとして通用する見た目ですね。
バッテリーの稼働時間も9.1時間となっており、半分の4.5時間とみても半日以上は使えそうです。

本体重量が2.2kgあるので外にモバイルするにはちょっと厳しいですが(昔はこの重さを持ち歩いていたものですが…)、社内でモバイルするくらいならいけそうです。

使い勝手や性能については2019年のCore i7-9750H+GTX1650(ただしHDD)モデルのレビューがありますので、参考になると思います。

 ゲームが趣味という大人も珍しくないこの時代。社会人ゲーマーを悩ませるのが、出張だ。一般的なホテルには、ゲーム機やゲーミングPCは置かれていない。つまり出張中はゲームができない。

まとめ

「IdeaPad L340 Gaming」は記事執筆時点ではCore i5-9300Hモデルの価格が81,536円となっています。
また、「IdeaPad」なので準ゲーミングノートと違いOffice付きモデルも用意されています。

これに匹敵する価格は以前の「IdeaPad S540 Gaming(Core i5-8265U+GTX 1650)」(現在は値上がりして92,114円~)、CPUがRyzenなASUS「TUF Gaming FX505DT(Ryzen 5 3550H+GTX 1650)」、Ryzen+RadeonなMSI「Alpha 15(A3DC-242JP)(Ryzen 5 3550H+RX5300M)」くらいです。

Intel系+GeForceの組み合わせでは断トツの安さですね。

ゲーミングノートの手始めとして買うにはちょうどいいモデルと言えるでしょう。

関連リンク

IdeaPad L340 Gaming:Lenovo

2020年7月2日、MSIはエントリークラスのRyzen+Radeonなゲーミングノート「Alpha 15(A3DC-242JP)」を発表い...
2020年4月10日、ASUSはRyzen+GeForce GTX 1650な格安ゲーミングノート「TUF Gaming FX505DT(F...