冷却は強そう。FRONTIER「LN(HM470/10th)」シリーズはライトゲーマーにちょうどよさげ

2020年8月6日、PCメーカーのFRONTIERは、第10世代Core i7-10750HとGえForce GTX 1650を搭載した、ライトゲーマー向けのシンプルなゲーミングノートの2020年モデル「LN(NM470/10th)」シリーズを発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■LN(HM470/10th)
CPU Core i7-10750H
メモリ 8/16GB DDR4-3200
ストレージ 240GB~1TB SSD
画面 15.6インチ IPS FHD
USB Type-C(Gen2)×1
3.0×1、2.0×1
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 359.5×238×21.9mm
重さ 1.987kg
詳細スペックを見る
メーカー Frontier
名称 LN(HM470/10th)
発売日 Sat Aug 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
定価 102,800円〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7-10750H
グラフィック GeForce GTX 1650(4GB)
チップセット HM470
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 最大64GB
2.5inch SATA3 x 1
M.2 512GB / 1TB(NVMe)
画面 15.6インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 1(Gen2)
USB PD
HDMI 1.4
DisplayPort mini(1.4)
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ax
Intel AX201
Bluetooth 5
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 100万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック ○(in/out)
マイク モノラル
スピーカー 2W+2W
スピーカー位置 底面左右
サウンド Sound Blaster Cinema 6
キーピッチ 18.2mm
キーストローク 1.8±0.2mm
キーボードバックライト RGB
バッテリー 49WHr
稼働時間 7Hr
ACアダプタ 120W
充電時間 2.6Hr
急速充電
359.5mm
奥行き 238mm
高さ 21.9mm
重量 1.987kg
開口角度
カラー
その他特徴 2.5+M.2

特徴

FRONTIERのPCのシリーズ名はシンプルかつ同じ名前が使われるため、世代交代が非常に分かりにくくなっています。

今回紹介する「LN(HM470/10th)」も前世代は「LN(HM370)」と一応区別がつく形にはなっていますが、サイト上では「LNシリーズ」としか書かれないので、紛らわしいことに変わりはありません。

そんな「LN(HM470/10th)」ですが、「LN(HM370)」とは筐体からして全く別物になっています。

2020年モデル 2019年モデル
CPU Core i7-10750H Core i7-9750H
GPU GeForce GTX 1650
(4GB GDDR6)
GeForce GTX 1650
(4GB GDDR5)
チップセット HM470 HM370
メモリ DDR4-3200 DDR4-2666
USB Type-C(Gen2)×1
Type-A(Gen1)×2
2.0×1
Type-C(Gen2)×1
Type-A(Gen2)×1
Type-A(Gen1)×1
2.0×1
Wi-fi 802.11ax
(Wi-fi 6)
802.11ac
(Wi-fi 5)
キーボード キーピッチ:18.2mm
ストローク:1.8 ± 0.2mm
キーピッチ:18.22mm
ストローク:3.95mm
サイズ 359.5×238×21.9mm 361×258×27.9mm

CPUは第9世代のCore i7-9750Hから第10世代のCore i7-10750Hへと更新されています。
この変更に合わせて、チップセットもHM370からHM470へと変わっています。

CPU PassMark
Ryzen 7 4800H(8C/16T) 193322672
Ryzen 5 4600H(6C/12T) 150642507
Core i7-10750H(6C/12T) 126952743
Core i7-9750H(6C/12T) 114182525
Core i7-8750H(6C/12T) 102412363
Core i5-10300H(4C/8T) 90272653
Ryzen 7 3750H(4C/8T) 84712172
Ryzen 5 3550H(4C/8T) 81522114
Core i5-9300H(4C/8T) 80562431
Core i5-8300H(4C/8T) 75812361

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

IntelのHシリーズは世代を経るごとにだいたい1割程度の性能向上となっています。

PassMarkスコアも12000を大きく超え、登場当初のライバルであったRyzen 7 3750Hの1.5倍のスコアを出していましたが、現在ではRyzen 7 4800HどころかRyzen 5 4600Hにも及ばない状態です。

ただこれはRyzen 4000シリーズが優秀すぎるだけなので、Core i7-10750Hがいまいちというわけではありません。

GPUは2019年モデルから引き続きGeForce GTX 1650ですが、メモリがGDDR5からGDDR6に変わっています。

これはGDDR5の在庫減少によるもので、2020年4月にNVIDIAが公式に発表しています。
この変更により、デスクトップ版での比較では性能が10%向上したとのこと(ただし消費電力は少し増える)。

 先日、ビデオメモリをGDDR5からGDDR6に変更したGeForce GTX 1650がひっそり登場した。同じ型番ながらビデオメモリの変更によってバンド幅が向上し、性能が向上しているのは間違いないのだが、エントリー向けでわざわざ変更する意味はあるのか、性能向上の程度はどのぐらいなのか、ちょっと気になるところだ。

そのほか、メモリも高速化されたり、Wi-fiも802.11acから802.11axに変更されたりと、全体的にアップデートされています。

内部的には、2.5インチ+M.2のデュアルストレージができるようです。

筐体

▲フロントから見たところです。

ベゼルはかなり細くなっており、没入感が得られそうです。

▲インターフェースは左右と背面に分かれています。

右側にマウスを置くことはあまり意識されていないみたいです。

▲ちなみにこちらが2019年モデルです。

全く別物であることが分かると思います。

▲キーボードです。

キーピッチは18.2mmとやや小ぶりですが、その代わりエンターキー回りが狭くなっているということがなさそうです。

右シフトキーが小さい点だけ注意が必要でしょう。

▲キーボードバックライトは全体のみですがRGB調整が可能です。

▲天板はシンプルです。

あまりゲーミングな主張をしていないので、外でも使いやすそうです。

▲底面は吸気口が大きく開けられています。

分かる範囲でもヒートパイプが4本見えますね。
排気口も背面だけでなく左にも用意されているので、冷却面での不安はなさそうです。

まとめ

「LN(HM470/10th)」のラインナップはシンプルで、3パターンしか用意されていません。
参考までに、「LN(HM370)」は104,800円からでした。

8GB RAM/240GB SSD: 102,800円
8GB RAM/500GB M.2 SSD: 106,800円
16GB RAM/1TB M.2 SSD: 116,800円

だいぶ安くなってきたとはいえ、DDR4-3200はDDR4-2666にくらべて高価(2~3割高い)で、もろもろアップデートされているにも関わらず、値段が下がっているのは嬉しいですね。

メモリとストレージについてはカスタマイズが可能です。メモリなんか64GB(32GB×2)もカスタマイズ項目として用意されていたりします。
とはいえ、カスタマイズはさすがに割高(例えばメモリ32GB×1は20,000円)なので、保証を気にしないのであれば自力で換装するのも手だとは思います。

セールについて

FRONTIERは記事執筆時点で二つのセールを開催しています。

ひとつは「スペシャルサマーセール」です。
毎月開催セールで、8月12日15時までの開催です。

内容的にはデスクトップ中心です。

スペシャルサマーセール

もうひとつが「怒涛の半期決算セール」です。
こちらは8月21日15時までの開催となります。

ラインナップも「スペシャルサマーセール」より多く、最大21%オフと結構割安になっています。

怒涛の半期決算セール

関連リンク