これは強い。ZOTACからRTX2080 SUPER搭載ミニPC「ZBOX EN072080S」が登場

2020年11月9日、ZOTACは2.65L(210×203×62.2mm)とコンパクトながらGeForce RTXシリーズを搭載するZBOX Eシリーズ「ZBOX EN072080S/EN072070S/EN052060C」を発売いたしました。
発売モデルはベアボーンではなくメモリ・ストレージ・OSも揃った完成型となります。

スポンサーリンク

スペック

■ZOTAC ZBOX Eシリーズ
CPU Core i7-10750H
Core i5-10300H
CPU GeForce RTX 2080 SUPER
GeForce RTX 2070 SUPER
GeForce RTX 2060
メモリ 16GB DDR4(2slot)
ストレージ 512GB NVMe SSD
映像出力 HDMI2.0b×2、DP1.4×2
USB Type-C(Gen2)×1
Gen2×1、3.0×2
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 210×203×62.2mm
重さ 1.68kg
詳細スペックを見る
メーカー ZOTAC ZOTAC ZOTAC
型番 ZBOX EN072080S ZBOX EN072070S ZBOX EN052060C
発売日 Sun Nov 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (JST) Sun Nov 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (JST) Sun Nov 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (JST)
価格 258,000円(税抜) 198,000円(税抜) 178,000円(税抜)
210mm
奥行き 203mm
高さ 62.2mm
容量 2.65L
OS Windows 10 Pro
CPU Intel Core i7-10750H Intel Core i7-10300H
CPU世代 Comet Lake
Passmark値 12679 8866
ベース周波数 2.6 GHz 2.5 GHz
バースト周波数 5.0 GHz 4.5 GHz
グラフィックチップ NVIDIA GeForce
RTX 2080 SUPER
8GB GDDR6
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
8GB GDDR6
NVIDIA GeForce
RTX 2060
6GB GDDR6
コア/スレッド数 6C / 12T 4C / 8T
TDP 45W
チップセット
メモリ 16GB DDR4×1
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ストレージ 512GB NVMe
SATAポート数 1
M.2
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部)
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 1(3.1)
Rear x 4(3.0)
USB type-C Front x 1(Gen2)
SDカード Front(SDXC)
LAN Rear 2.5GbE x 1
Rear 1GbE x 1
Killer E3000
Wi-fi 802.11ax
Killer AX1650
Bluetooth 5
D-Sub
DVI
HDMI Rear x 2(2.0)
4K対応(HDMI) 4K/60Hz
DisplayPort Rear x 2(1.4)
4K対応(DP) 4K/60Hz
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 330W / 19.5V
ノイズレベル
VESA
付属品 USBメモリ
Wi-fiアンテナ
その他
ZOTAC ZBOX Eシリーズ EN072080S ミニPC 小型PC デスクトップPC Windows 10 Pro搭載 WiFi対応 Bluetooth 5/Core i7-10750H/NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER/16GB DDR4 SODIMM/512GB M.2 NVMe SSD
ZOTAC(ゾタック)

特徴

「ZBOX EN072080S/EN072070S/EN052060C」は、筐体やインターフェースは共通していて、CPUとGPUのみ違う、兄弟モデルです。

EN072080S EN072070S EN052060C
CPU Core i7-10750H Core i5-10300H
GPU RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2060
メモリ 16GB×1
ストレージ 512GB NVMe
価格(税抜) 258,000円 198,000円 178,000円

CPUは第10世代Comet Lake-HシリーズのCore i7-10750H/Core i5-10300Hです。

CPU PassMark
Ryzen 9 4900HS(8C/16T) 197562667
Ryzen 7 4800H(8C/16T) 193322672
Ryzen 7 4800HS(8C/16T) 188862602
Ryzen 7 Extreme(8C/16T) 183782688
Core i9-10980HK(8C/16T) 173203027
Core i9-9980HK(8C/16T) 156302754
Ryzen 5 4600H(6C/12T) 150642507
Ryzen 5 4600HS(6C/12T) 141712485
Core i7-10750H(6C/12T) 126952743
Core i7-9750H(6C/12T) 114182525
Core i7-8950HK(6C/12T) 111022571
Core i7-8750H(6C/12T) 102412363
Core i5-10300H(4C/8T) 90272653
Ryzen 7 3750H(4C/8T) 84712172
Core i5-9400H(4C/8T) 83372536
Ryzen 5 3550H(4C/8T) 81522114
Core i5-8400H(4C/8T) 81052497
Core i7-7920HQ(4C/8T) 80582233
Core i5-9300H(4C/8T) 80562431
Core i7-7820HK4C/8T) 79032302
Ryzen 7 2800H(4C/8T) 76562164
Core i5-8300H(4C/8T) 75752352
Ryzen 5 2600H(4C/8T) 75372125

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

HシリーズはIntel/AMD問わず、4コア/6コア/8コアの壁がはっきりしており、Core i5-10300Hは4コアCPUの中ではトップクラスの性能です(単に4コアのRyzen 4000Hシリーズがないとも言いますが)。
Core i7-10750Hも、グラフだけ見ると中堅どころのように見えますが、PassMarkスコアは12,000を超えており、まぎれもなく上位CPUです。

GPUはGeForce RTX 2080 SUPER/2070 SUPER/2060です。

詳細が書かれていませんが、MXMモジュールタイプと思われるため、性能面ではPCIeボードタイプよりはやや劣ることになります。

MXMモジュールタイプの詳細を書いたところってほとんどないのですが、RTX 2080の場合だとCUDAコア数やメモリは同じで動作周波数のみベースクロックが1515MHz→1380MHz、ブーストクロックが1710MHz→1590MHzに落とされています。

動作周波数比からすると性能は1割減と見込めば良さそうです。

体積が2.65Lというコンパクトさで、1割減で済むのであればじゅうぶんですね。

他の部分も割と新しいものを取り入れています。

ネットワークは有線が2.5GbE+1GbE、無線が802.11ax(Wi-fi 6)対応となっています。

どちらもゲーミングPCでよく採用されているKillerチップが使われています。

■フロント
SDXCカードスロット
USB Type-A 3.1 Gen2
マイクジャック
ヘッドホンジャック
USB Type-C 3.1 Gen2
■リア
電源端子
RJ45 1GbE
RJ45 2.5GbE
HDMI2.0b×2
DisplayPort1.4×2
USB Type-A 3.0×4
Wi-fiアンテナ×2

インターフェースは前モデル共通で、あまりごちゃごちゃしておらず分かりやすくなっています。

映像出力が4ポート(HDMI×2、DP×2)並んでいるのは壮観ですね。
DPは1.4なので、仕様上はデータ圧縮時で8K/60Hz出力に対応しています。HDMIは2.0bなので8K/30Hzまでですが、サイト上の記載では4K/60Hz出力となっています。

現実的にはDPは4K/120Hz、HDMIは4K/60Hz出力がゲーマーの指標でしょうか。

▲筐体はとにかく穴だらけです。

高性能CPUとハイエンドGPUを搭載しているのだから、これくらいしないと冷却は厳しいですね、

▲内部は底面側にカスタマイズ要素が集まっています。

メモリは2スロット、ストレージはM.2+2.5インチ+OPTANEです。
メモリが16GB×1な辺り、増設前提なのがZOTACらしいですね。

▲パッケージです。

電源は330Wアダプタで、VESAマウンタはありません。

ドライバ(リカバリメディア)はUSBメモリで提供されます。モデルによって内容が違います。

・Windows OSドライバ用USBメモリ (EN072080S)
・Windows OSリカバリ用USBメモリ (EN072070S/EN052060C)

まとめ

「ZBOX EN072080S/EN072070S/EN052060C」は、ZOTAC製品では珍しく、公式から発売されています。
というか、いつの間にかAmazonにZOTAC公式がストアを立ち上げています。

ZOTAC NIPPON:Amazon出品者プロフィール

「EN072080S/EN072070S/EN052060C」も公式ストアから販売されています。

これまでのZOTACのGPU搭載ミニPCはだいたい輸入品か、パーツショップが取り扱うものしかなかったので、買いやすい場所で公式で取り扱うようになると(特に高額な製品だけに)サポート面でも安心感が高まりますね。

価格は上でも記載しているように、税抜きで178,000円~258,000円です。
価格バランスが取れているのは真ん中の「EN072070S」でしょうか。

プラス2万円でCore i5-10300H→Core i7-10750H、RTX 2060→RTX 2070 SUPERなのですから、「EN052060C」を買うくらいなら「EN072070S」を選んだ方が後悔はないでしょう。

「EN072080S」は…最高を目指す人向けでしょうか。

関連リンク

ZOTAC ZBOX Eシリーズ EN072080S ミニPC 小型PC デスクトップPC Windows 10 Pro搭載 WiFi対応 Bluetooth 5/Core i7-10750H/NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER/16GB DDR4 SODIMM/512GB M.2 NVMe SSD
ZOTAC(ゾタック)

ZBOX Eシリーズ EN072080S、EN072070S、EN052060C:ZOTAC