組み込み第2世代。 AMD「Ryzen Embedded V2000」シリーズまとめ

2020年11月10日、AMDは組み込み向けAPU「Ryzen Embedded V2000」シリーズを発表しました。

「Ryzen Embedded V1000」は2018年2月21日発表だったので、2年8か月ぶりのアップデートとなります。

2019年4月17日、AMDは組み込み向けのRyzen APU「AMD Ryzen Embedded R1000」シリーズを発表しました。 ...
スポンサーリンク

「V2000」シリーズ

プロセッサーナンバー コア数(スレッド数) 標準クロック 最大クロック L2キャッシュ L3キャッシュ 内蔵グラフィック GPU Max Freq GPU CU TDP cTDP
V2748 8 (16) 2.9 GHz 4.25 GHz 4MB 8MB Radeon Graphics 1.6 GHz 7 45W 35-54W
V2718 8 (16) 1.7 GHz 4.15 GHz 4MB 8MB Radeon Graphics 1.6 GHz 7 15W 10-25W
V2546 6 (12) 3.0 GHz 3.95 GHz 3MB 8MB Radeon Graphics 1.5 GHz 6 45W 35-54W
V2516 6 (12) 2.1 GHz 3.95 GHz 3MB 8MB Radeon Graphics 1.5 GHz 6 15W 10-25W

(参考)「V1000」シリーズ

プロセッサーナンバー コア数(スレッド数) 標準クロック 最大クロック L2キャッシュ L3キャッシュ 内蔵グラフィック GPU Max Freq GPU CU TDP cTDP
V1807B 4 (8) 3.35 GHz 3.8 GHz 2MB 4MB Vega 11 Graphics 1300 MHz 11 45W 35-54W
V1780B 4 (8) 3.35 GHz 3.6 GHz 2MB 4MB 0 45W 35-54W
V1756B 4 (8) 3.25 GHz 3.6 GHz 2MB 4MB Vega 8 Graphics 1100 MHz 8 45W 35-54W
V1605B 4 (8) 2.0 GHz 3.6 GHz 2MB 4MB Vega 8 Graphics 1100 MHz 8 15W 12-25W
V1500B 4 (8) 2.2 GHz 2MB 4MB 0 16W 12-25W
V1404I 4 (8) 2.0 GHz 3.6 GHz 2MB 4MB Vega 8 Graphics 1100 MHz 8 15W 12-25W
V1202B 2 (4) 2.3 GHz 3.2 GHz 1MB 4MB Vega 3 Graphics 1100 MHz 3 15W 12-25W

特徴

「Ryzen Embedded V2000」はZen2アーキテクチャをベースとした組み込みAPU(AMDでのCPUの呼び方)です。

「V1000」シリーズとの差は以下のようになっています。

V2000 V1000
アーキテクチャ Zen2 Zen
最大コア数 8 4
GPU Radeon Graphics
最大7CU
Vega Graphics
最大11CU
対応メモリ DDR4-3200
(最大64GB、ECC対応)
LPDDR4X-4267
(最大32GB)
DDR4-3200(上位)
DDR4-2400(下位)
最大32GB
ECC対応
USB 2.0 × 4
3.1(Gen2) × 4
(内Type-C × 2)
2.0 × 1
3.1(Gen1) × 1
3.1(Gen2) × 4
(内Type-C × 2)
SATA 2 2
NVMe 最大2 対応
eMMC 5
PCIe Gen3 (20レーン)
(x8 + x4 x 3)
Gen3 (16レーン)
(GFX x8+GPP x8)
Ethernet 10GbE × 2
映像出力 4ディスプレイ
DP1.4
HDMI2.1
eDP1.3
4ディスプレイ
DP1.4
HDMI2.0b
eDP1.4

一番大きな差はアーキテクチャがZen2となり、最大8コア16スレッドになったことでしょう。
Zen2なので製造プロセスも7nmになっています。

これらの効果として、プレスリリースにおける性能説明は以下のようになっています。

・マルチスレッド処理のワットパフォーマンスが2倍
・シングルスレッド性能は30%向上
・グラフィック性能は40%向上
・PCIeレーンが25%増量(16レーン→20レーン)

▲「V1605」と「V2516/V2718」のパフォーマンス比較です。

右から順に、CINEBENCH R15シングル、CINEBENCH R15マルチ、3DMark11総合スコアですが…なんでいまだにCINEBENCH R15なんでしょうかね?

▲見づらいですが左が「V2718」と「Core i7-10510U/10710U」との比較、右が「V2748」と「Core i7-9750H」との比較です。

こっちはCINEBENCH R20になっていますが、3DMarkスコアが左はTime Spy総合、右がFire Strike Phisicsとばらばらです。

いつも思うのですが、AMDはもうちょっと統一して見せてほしいです…

メモリもちょっと更新されて、全モデルDDR4-3200対応となり、LPDDR4X-4267が追加されています。
最大容量も64GB(DDR4-3200時)に増えました。

逆に「V2000」シリーズになって無くなったりバージョンダウンしたものもあります。

・eMMCの削除
・デュアル10GbEの削除
・eDPが1.4→1.3に

上二つは、せっかく搭載したのに実製品で使われなかったんでしょうね…10GbEのあるRezen V1000搭載機とか出てないですしね…
10GbEを追加したければPCIeを使えということでしょう。

また、現時点ではGPUなしモデルと寒冷地仕様(V1404I)のモデルがありません。
「V1000」のときも後から追加されたモデルなので、「V2000」でも後々追加されるかもしれません(これは需要次第だとは思います)。

「V2000」シリーズのブロックダイアグラム図です。

ディスプレイは最大4枚である点は変わりませんが、クアッド4K/60Hzができるようになっています。
「V1000」でもクアッド4Kは謳われていましたが、4K/60Hzまでは謳っていませんでした、

PCIeはx8+x8から、x8+x4+x4+x4の計20レーンになりました。
NVMeが最大2となっていますが、このPCIeレーンを消費するのかどうかは不明です。

「V1000」シリーズにはなかった機能として、ソフトウェアやメモリへの不正アクセスを防止する「AMD Memory Guard」というセキュリティ機能が追加されています。

▲ターゲットはシンクライアント、ミニPC、エッジコンピューティングとこれまで通り。

まとめ

現時点では「R1000」シリーズの後継となる「R2000」シリーズは発表されておらず、「V2000」シリーズのみです。
まぁ、「V1000/R1000」のときは1年遅れだったので、来年くらいに発表されるかもしれません。

「V2000」搭載機についてはすでに各メーカーが動いているようで、例えばASRockは「iBOX-V2000」やそのマザーボード「4×4-V2000」を発表しています。

個人的にはUDOOが「UDOO BOLT」の後継を出してくれないかなぁと思っていたりします。

SBC(シングルボードコンピューター)メーカーであるUDOOが、クラウドファンディングサイトのkickstarterで12cm四方のRyze...

関連リンク

リリースノート:AMD
AMD Ryzen™ Embedded V2000 Series:AMD