少しは手を加えたい人向け。Lenovo「ThinkCentre M75s Small Gen2」は最安4万円台からのスリムタワーデスクトップ

2020年12月4日、LenovoはRyzen PRO 4000Gシリーズを搭載したスリムデスクトップ「ThinkCentre M75s Small Gen2」(以下、M75s Gen2)を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■ThinkCentre M75s Small Gen2
CPU Ryzen 7 PRO 4750G
Ryzen 5 PRO 4650G
Ryzen 3 PRO 4350G
メモリ 4~16GB DDR4-3200(4スロット)
ストレージ 128~512GB NVMe SSD
2.5インチ、3.5インチ
USB Type-C(TB4)×1、3.0×2
wi-fi なし
電源 180/260/310W
サイズ 92.5×297.7×339.5mm
重さ 5.3kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
型番 ThinkCentre M75s Small Gen2
発売日 2020/12
価格 59,488円〜(税込)
92.5mm
奥行き 297.7mm
高さ 339.5mm
容量 9.35L
OS Windows 10 Home
CPU Ryzen 7 PRO 4750G
Ryzen 5 PRO 4650G
Ryzen 3 PRO 4350G
CPU世代 Zen2
Passmark値
ベース周波数 3.6GHz
3.7GHz
3.8GHz
バースト周波数 4.4GHz
4.2GHz
4.0GHz
グラフィックチップ Radeon Graphics 8
Radeon Graphics 7
Radeon Graphics 6
コア/スレッド数 8C/16T
6C/12T
4C/8T
TDP 65W
チップセット
メモリ 4~16GB DDR4-3200
メモリスロット 4
メモリ最大 128GB
ストレージ 128~512GB M.2 SSD
SATAポート数 3
M.2 Key-M(2280,NVMe)
Key-E(2230)
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部) Rear x 4
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 2(Gen2)
Front x 2(Gen1)
USB type-C Front x 1(Gen1)
SDカード Front (3in1)
LAN Rear 1GbE x 1
Wi-fi
Bluetooth
D-Sub
DVI
HDMI Rear x 1
4K対応(HDMI)
DisplayPort Rear x 2
4K対応(DP)
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ Realtek
光学ドライブ ウルトラスリムDVDスーパーマルチ
PCI-Eスロット x16 x1
x1 x1
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 180~310W
ノイズレベル
VESA
付属品 USBキーボード
USBマウス
スタンド
その他 GPU(LP)搭載可能

特徴

Lenovoの格安デスクトップと言えばTinyシリーズのRyzenモデルです。

2020年10月27日、Lenovoは激安で人気の高いミニPC「ThinkCentre M Tiny」シリーズの新モデル「ThinkCent...

「M75s Gen2」は同じ路線をより大きな筐体で実現したものと言えるでしょう。

筐体が大きくなり、電源も容量がアップしたことで、「M75s Gen2」では低電力版(TDP35Wで末尾がGE)ではなく通常版(TDP65Wで末尾がG)のCPU(AMDではAPU)を搭載しています。
ただ、Passmarkで見る限りではスコアに差はありません。

筐体が大きくなったことで、デスクトップ用メモリが使えるようになり、入手性が少し高くなりました。ノート用SO-DIMMってパーツショップだとデスクトップ用の半分も置いてないですし。

また、メモリは4本まで挿せるので、最大容量の128GB(32GB×4)も、それほどコストを掛けずに実現できます。128GBって10年くらい前はロマンスペックだったんですけどねぇ…

ストレージはM.2+2.5インチ+3.5インチのトリプルストレージができるようです。
自前で何とかするなら、光学ドライブを外してのクアッドストレージも可能でしょう(固定をどうするかが課題ですが)。

▲筐体のサイズイメージ

一緒に映っているのはおそらく34インチの「ThinkVision T34w」と思われますが、もうちょっとサイズ感が分かりやすいディスプレイの方が良かったんじゃないかなぁと。

1. 電源ボタン
2. カードリーダー
3. マイク入力
4. マイク入力/ヘッドホン出力コンボジャック
5. USB3.1 Gen1 Type-Cポート
6. USB3.1 Gen1 x2
7. USB3.1 Gen2 x2
8. ライン出力
9. DisplayPort x2
10. HDMI
11. シリアルポート
12. イーサネット・コネクター(RJ-45)
13. USB2.0 x4
14. 電源コネクター

インターフェースはちょっと癖があって、背面のUSBがすべて2.0です。
映像出力は標準でHDMI+DP×2のトリプルディスプレイに対応しているのは良ポイントですね。

Wi-fi用のアンテナ穴がありませんが、カスタマイズで選択すると、おそらくPCIeスロットに挿すアンテナが付いてきます(間違っていたらごめんなさい)。

電源は標準で180Wですが、310Wまで強化できます

そして、「M75q Tiny Gen2」にはなかった、PCIeスロットを持っています。
仕様上の構成は、PCIe x16+PCIe x1の2スロットで、ロープロファイルのみ、奥行きの最大が155.8mmです。

…155.8mm?

これ、GeForce GTX 1650は搭載が厳しいかもですね。
一番短いZOTAC「Gaming GeForce GTX 1650 Low Profile」で160mmです。

探してみましたが、GeForce系はGTX 1030、QuadroでQuadro P1000辺りが限界のようです。

GPUを追加したい場合はカスタマイズで電源260Wまたは310Wを選択すると、Radeon 520(2GB)を選択できるようになります。
が、Radeon 520って内蔵グラフィックより性能が低いという…

それで、なんでこんなことになっているかというと…

▲「M70s」のものですが、内部です。

ストレージトレーが邪魔しているんですね。
このストレージトレーは2.5インチ、3.5インチ、光学ドライブを支えるものなので、M.2 SSDのみと割り切って取っ払えば、GTX 1650も搭載できるかもしれません。

というか、個人的にはせめてPCIe x16+PCIe x4の組み合わせにしてほしかったなぁと。

そうすればギリギリ、GPU+10GbEができるんですけどね…

まとめ

カスタマイズの余地はあってもなんか微妙な「M75s Gen2」でしたが、メモリメインとかストレージメインで考えるならばありだと思います。

多分RAIDボードを入れて、3.5インチ→2.5インチ×2とかにすれば、2.5インチが4台くらいなら入るんじゃないかと。

使い方を考えれば、有用そうです。

「M75s Gen2」の価格は記事執筆時点でRyzen 3 PRO 4350Gが59,488円~ですが、価格com限定モデルがあり、Ryzen 5 PRO 4650Gが62,700円~となっています。

構成 スペック 価格 最安構成
スタンダード Ryzen3/4GB/128GB SSD
光学ドライブ/カードリーダー
59,488円 50,908円
パフォーマンス Ryzen 5 3400G/8GB/256GB SSD
光学ドライブ/カードリーダー
71,500円 55,000円
パフォーマンス(価格) Ryzen 5/8GB/256GB SSD 62,700円 47,300円
プレミアム Ryzen 7/16GB/512GB SSD 94,600円 68,200円
プレミアム(価格) Ryzen 7/16GB/256GB SSD 79,860円 51,260円

通常版のRyzen 5モデルのみなぜかRyzen 5 3400Gなんですよね。

最安構成にカスタマイズすると、Ryzen 5モデルで4万円台にまで下げることができます。実際にはここから電源容量アップとかWi-fiなど入れると思うので、5万円ちょっとといったところでしょう。

ちなみに、通常モデルは50%オフなので、盛れば盛るほど値引き額が大きくなりますが、まぁオプションはどれも高いので、自前で増設した方が結局は安上がりだったりします。

関連リンク