あのSBC対抗? Xunlong Software「Orange Pi R1 Plus」がAliExpressに登場

2020年12月10日、SBCメーカーのXunlong Softwareは、Rockchip RK3328を搭載した「Orange Pi R1 Plus」をAliExpressの公式ショップおよび米Amazonで発売いたしました。

なお、記事執筆時点では公式サイトに記載はありません。というか、Orange Piはいつも公式サイトの更新が遅いです…

スポンサーリンク

スペック

モデル名 Orange Pi R1 Plus
メーカー Xunlong
発売日 2020/12
価格 21.99ドル
価格(日本円)
CPU Rockchip RK3328(4コア)
(1.5GHz A53 x4)
GPU Mali-450 MP2
NPU
メモリー 1GB DDR4
サポートOS Android 9
Ubuntu
Debian
OpenWrt
有線LAN 1GbE x 2
Wi-fi ×
Bluetooth ×
チップ RTL8153B
RTL8211E
RK805
ストレージ microSD(<32GB)
16MB SPI Flash
USB 2.0 x 1
GPIO 13pin x 1
映像
カメラ
オーディオジャック
その他インターフェース UART(3pin)
消費電力
電源 Type-C 5V
56mm
奥行き 57mm
高さ
その他

特徴

「Orange Pi R1 Plus」は名前こそ”Plus”となっていますが、「Orange Pi R1」とは全くの別物です。むしろ「Orange Pi R2」と命名した方が良かったんじゃないかなぁと思うくらいです。

R1 plus R1
発売 2020/12 2017/08
CPU Rockchip RK3288 (64bit)
Cortex-A53 1.5GHz
Allwinner H2+ (32bit)
Coretex-A7 1.2GHz
メモリ 1GB DDR4 256MB DDR3
USB USB2.0 ×1
USB Type-C(電源)
microUSB ×1(電源兼用)
ネットワーク 1GbE×2 1GbE+100MbE
Wi-fi なし 802.11 b/g/n
GPIO 13pin 13pin+26pin
サイズ 56x57mm 45x60mm

見た目にもスペック面にも面影がまったく残っていません。共通点はデュアルLANなことくらい?

Wi-fiと26ピンGPIOがなくなった代わりにUSB2.0が増え、電源端子が独立(Type-C)しています。さりげなくリカバリーボタンが付いたのもポイントですね。

SoCのRockchip RK3288はロースペックSBCによく採用されています。

他社では「NanoPi R2S」などが搭載しています。というか、スペックが「NanoPi R2S」にそっくりです。

ARM系SBC(シングルボードコンピューター)メーカーのFriendlyELEC(FriendlyARM)は、2020年4月にRockchi...

RK3288はUSB3.0を1ポート持っているので、USB to GbEチップ(RTL8153B)を噛ませることで、デュアルGbEを実現しています。
これも「NanoPi R2S」と同じですね。

実性能(ベンチマーク)については記載がありませんが、「NanoPi R2S」と同じ構成ですし、おそらくは両ポートとも940Mbps程度になるものと思われます。

メモリはDDR4 1GBで、「Orange Pi R1」比で4倍です。60mm角以下で1GBメモリというと、2019年以前だと「NanoPi NEO Plus2」「NanoPi NEO2」くらいでしたが、今年に入って「NanoPi NEO3」「NanoPi R2S」などだいぶ増えました。…NanoPiばかりですね…

▲インターフェースです。

そこはかとなく「NanoPi R2S」に似ていますが、4隅にホールがあることと、13ピンのGPIOがあるのが大きな違いです(「NanoPi R2S」は10ピンのピンホール)。

USBがLANと同じ方向を向いているのは意見が分かれるところです。

▲こちらが「NanoPi R2S」のインターフェースですが、「NanoPi R2S」ではUSBをサイドにして、電源をLANと同じ方向に向けています。

USBを使わなかった場合は一方向で収まる、という狙いがありそうです。一方で「Orange Pi R1 Plus」は電源が側面なので、必ず二方向を使うことになります。

電源であればL字コネクタを使えばある程度コンパクトにできるので、USBに何を繋ぐかによって評価が変わりそうですね。

▲斜め方向から

ヒートシンクはピンホールはなくジェルシートでペタッとくっつけるだけです。

▲GPIOなどのピン配置

さりげなくTV OUTとLINE OUTが用意されています。
これは「NanoPi R2S」にはない要素です。

▲「Orange Pi R1 Plus」では「Orange Pi Zero」用の、13ピンGPIO用拡張ボードが使えます。

拡張ボードではUSB2.0が2ポートとVIDEO OUT兼AUDIO OUT、IRレシーバーを増設できます。

まとめ

「Orange Pi R1 Plus」はAliExpressで24.99ドルで販売されています。
初回というか最初の一個だけは、サンプル品として21.99ドルで購入できます。「NanoPi R2S」が22ドルなので、かなり意識しているのが伝わってきます。

拡張ボードは1.99ドルです。
残念ながらケースは販売されていません。

使いどころが難しいですが、エッジコンピューティングとかファイアウォールとか、安価に試してみるならいいかもしれないですね。

関連リンク

Orange Pi R1 Plus(サンプル用):AliExpress
Orange Pi R1 Plus(本注文用):AliExpress
Orange Pi Zero拡張ボード:AliExpress
Orange Pi R1 Plus:米Amazon