そうきたか。 ECS「LIVA Q」シリーズにRK3288/RK3399版が出る模様

2021年1月9日、マザーボードやミニPCなどを手掛ける台湾ECSが、「CES 2021」に先駆けて発表した内容によると、74mm角の「LIVA Q」シリーズに、Rockchip RK3288およびRK3399を搭載した「LIVA Q1A」「LIVA Q1A Plus」が登場するようです。

スポンサーリンク

スペック

※比較のために「LIVA Q1D/Q1L」のスペックも記載しています。

Liva Q1A Liva Q1A Plus LIVA Q1D LIVA Q1L
CPU Rockchip RK3288
1.6GHz Cortex-A17 x 4
Rockchip RK3399
1.8GHz Cortex-A72 x 2
1.4GHz Cortex-A53 x 4
Pentium N4200
Celeron N3350
メモリ 2GB LPDDR3-1600 2GB/ 4GB LPDDR4
ストレージ eMMC 32GB(標準)/ 64GB(オプション)
microSD (最大128GB)
eMMC 32GB/ 64GB
microSD (最大128GB)
ネットワーク 1 x Gigabit LAN 1 x Gigabit LAN 1 x Gigabit LAN 2 x Gigabit LAN
映像出力 1 x HDMI 2.0 1 x HDMI 2.0
1 x DisplayPort 1.2
1 x HDMI 2.0
1 x DisplayPort 1.2
1 x HDMI 2.0
無線 802.11b/g/n+BT4.0 802.11 ac+BT4.1
USB 3 x USB 2.0
1 x Micro USB
1 x USB3.2 Gen1
2 x USB2.0
2 x USB3.2 Gen1
1 x USB 2.0
2 x USB 3.2 Gen1
1 x USB 2.0
サイズ 74 x 74 x 34.6 mm
対応OS Android 8.1
Ubuntu 18.04
Windows 10 64bit
電源 12V/ 2A, 24W Input: AC 100-240V
Output: DC 12V / 2A

特徴

ARM版LIVAについて調べてみると、突然出てきた話ではなく、2020年2月のニュースリリースの中に「Q1A Plus (Arm-based system)」と名前だけさらっと出てきたのがWeb上の初出のようです。

ECS will unveil the latest product portfolios for solutions at Embedded World 2020:ECS

もう少し調べてみると、「CES 2020」直後に発行されたと思われる「2020 PRODUCT GUIDE」の中に「Q1A Plus」のスペックが記載されていました。

2020 PRODUCT GUIDE ※pdf

これを見ると当初予定ではなぜか「Q1A」はなく、RK3399搭載の「Q1A Plus」のみだったようです。
というか、「LIVA Q1D/Q1L」の記事、書き忘れてますね…

RK3288とRK3399をIntel CPUと性能比較した場合、下記のようになります。GMLはGemini Lake、APLはApollo Lakeです。

CPU GeekBench 5
Celeron J4125(GML) 1452417
Celeron N4100(GML) 1115380
Pentium N4200(APL) 942308
Atom x7-Z8750 707221
RK3399(1.8GHz) 700260
Celeron N4000(GML) 688391
Atom x5-Z8350 532169
Celeron N3355(APL) 522289
RK3288(1.6GHz) 500155

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

…RK3399ってCeleron N4000より高くて、Atom x7-Z8750と同等なんですね。
というか、Celeron N3355が低すぎて、Windowsが動く以外のメリットが見当たらない状態です。

メモリは2GB固定っぽいですが、4GBのオプションが出る気もします。
ストレージは32GBまたは64GBのeMMC、Wi-fiは802.11 b/g/nです。
2020年時点では「Q1A Plus」は802.11acの予定だったので退化していますが、M.2 2230ってのがどうなったかが気になります。

スペックや公開された画像を見る限りでは、筐体は「Q1D/Q1L」と共通のものを使用するようです。

▲カラーは2色

モデルによってカラーが違うのか、単に2色で展開しているのかは不明です。

▲これは「Q1D」のものですが、おそらく「Q1A Plus」も同じ感じになるでしょう。

「Q1A」はDisplayPortの部分がmicroUSBに置き換わったものになると思われます。

まとめ

ASUSが「TinkerBoard」を出した時もでしたが、大手がARM搭載機を出してくるとインパクトがありますね。
「Q1A/Q1A Plus」の販売時期も価格もまだ出ていませんが、そんなに高くはならないんじゃないかと思っています。

参考までに「Q1D/Q1L(N3350/4GB/64GB)」が定価35,800円の実質価格が2万円切りくらいで販売されているので、ここからOS(Windows)代と、メモリとストレージを半分にした分を引いたくらいが価格となります。

そもそもRK3328搭載機は20ドル台、RK3399搭載機でも60ドルくらいから買えるわけで、そこに大手品質が追加されても100~120ドル程度が関の山でしょう。

まぁそもそも150ドル(約15,500円)を超えたりすればマルチスレッドスコアが2倍なCeleron J4125を搭載したCHUWI「LarkBox」などが買える価格帯になるわけで、「Q1A/Q1A Plus」を選ぶ理由もなくなりますし。

がじぇっとりっぷは以前にファンディング中のCHUWI「LarkBox」を取り上げています。 実は,、というほどでもありませんが、がじぇ...

そんなわけで、いくらで登場するのかってのは注目ポイントです。

関連リンク