ギャンブルかな? モバイル向けGeForce RTX 30シリーズはTDP別に28種類あるらしい

海外のガジェット系サイトの一つ、Tom’s Hardwareが伝えるところによると、モバイル向けGeForce RTX 30シリーズはTDP/TGP(total graphics power)が細かく分かれていて、その数実に28種類に及ぶそうです。

スポンサーリンク

機種ごとの種類について

機種別にざっくり書くと、以下のようになっています。

RTX 3080:11種類、TDP80~150W
RTX 3070:6種類、TDP80~125W
RTX 3060:11種類、TDP60~115W

実は公式サイトでも種類数までは掲載されていませんが、TDPおよびブースト周波数については記載されていたりします。

まぁ、すごくさらっと書かれているので、普通はスルーされると思います。

後述の一覧で確認できますが、ベース周波数はだいたいTDPに比例する反面、ブースト周波数はTDPが低い方がブースト率が高くなっています。

ただしこれはイコール「低TDPの方が効率がいい」とはならず、ブースト周波数で動作できる時間は本体の冷却能力によるところとなります。

さらにGeForce RTX 30には「Dynamic Boost 2.0」という機能があります。この機能はGPU、GPU メモリ、CPU間の電力供給バランスの最適化を図り、最大でGPUのTDPを15W上乗せできるというものです。

一覧

Graphics Card Max-Q TDP CUDAコア数 ベース周波数 ブースト周波数 メモリ帯域 メモリ転送速度
RTX 3080 150W 6144 1350 MHz 1710 MHz 256-bit 14 Gbps
145W 6144 1320 MHz 1695 MHz 256-bit 14 Gbps
140W 6144 1275 MHz 1665 MHz 256-bit 14 Gbps
135W 6144 1260 MHz 1665 MHz 256-bit 14 Gbps
130W 6144 1230 MHz 1635 MHz 256-bit 14 Gbps
125W 6144 1185 MHz 1605 MHz 256-bit 14 Gbps
120W 6144 1155 MHz 1575 MHz 256-bit 14 Gbps
115W 6144 1110 MHz 1545 MHz 256-bit 14 Gbps
Max-Q 90W 6144 930 MHz 1365 MHz 256-bit 12 Gbps
Max-Q 85W 6144 870 MHz 1320 MHz 256-bit 12 Gbps
Max-Q 80W 6144 780 MHz 1245 MHz 256-bit 12 Gbps
RTX 3070 125W 5120 1215 MHz 1620 MHz 256-bit 14 Gbps
120W 5120 1170 MHz 1590 MHz 256-bit 14 Gbps
115W 5120 1110 MHz 1560 MHz 256-bit 14 Gbps
Max-Q 90W 5120 930 MHz 1410 MHz 256-bit 12 Gbps
Max-Q 85W 5120 855 MHz 1365 MHz 256-bit 12 Gbps
Max-Q 80W 5120 780 MHz 1290 MHz 256-bit 12 Gbps
RTX 3060 115W 3840 1387 MHz 1702 MHz 192-bit 14 Gbps
110W 3840 1342 MHz 1680 MHz 192-bit 14 Gbps
105W 3840 1305 MHz 1642 MHz 192-bit 14 Gbps
100W 3840 1267 MHz 1605 MHz 192-bit 14 Gbps
95W 3840 1215 MHz 1567 MHz 192-bit 14 Gbps
90W 3840 1163 MHz 1530 MHz 192-bit 14 Gbps
85W 3840 1035 MHz 1485 MHz 192-bit 14 Gbps
80W 3840 900 MHz 1425 MHz 192-bit 14 Gbps
Max-Q 70W 3840 1050 MHz 1402 MHz 192-bit 12 Gbps
Max-Q 65W 3840 975 MHz 1357 MHz 192-bit 12 Gbps
Max-Q 60W 3840 817 MHz 1282 MHz 192-bit 12 Gbps

まとめ

残念なことにGPUのTDPまで公開しているメーカーはほとんどなく、各所のレビューで確認するか、購入してから知ることにならざるを得ないのが現状です。

例えばGeForce RTX 3080を搭載するASUS「ROG Strix SCAR 17( G733QS-R9XR3080EC3)」はレビューを確認すると動作周波数1545MHzなので、TDP115Wであることが分かります。

 ASUSが1月に発表した17.3型の最新ゲーミングノート「ROG Strix SCAR 17(型番: G733QS-R9XR3080EC3)」の検証機が届けられたので、早速レビューをお届けしたい。

一方GeForce RTX 3070搭載のMSI「GP66 Leopard」はTDP130W(125Wに5W上乗せ)で、フルスペックの能力を発揮できることがレビューからうかがい知れます。

 2020年秋に登場したNVIDIAのGPU、GeForce RTX 30シリーズは、前世代から飛躍的な性能を遂げたことから大きな人気を呼び、同シリーズを搭載したビデオカードは8万円、10万円と高価なものでも好調に売れている。そして2021年に入って、ついに同GPUのノートパソコン向け版が投入された。

同じGPUでもメーカーの方針(冷却ゴリゴリとか薄型とか)に応じて柔軟に対応できるようになったのはいいことですが、TDPまで公開しないことにはユーザーフレンドリーとはいいがたいので、各メーカーにはできればスペック表にTDP(またはGPUの動作周波数)まで記載するようにして欲しいところです。

…これ、こうしてTDPごとのスペックが判明している以上、非公開にしてもユーザーの不信感を招くだけと思うんですよね…

関連リンク