クラムシェルより安い? Lenovo「IdeaPad Flex 550i」はTiger Lakeになった2-in-1ノート

2021年1月26日、Lenovoは画面が360度回転する2-in-1ノート「IdeaPad Flex 550i」のIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)搭載モデルを発表いたしました。

第10世代Ice Lake搭載モデル(2020年1月13日)からぴったり1年でのモデルチェンジです。

2021年1月13日、LenovoはIndel第11世代Coreプロセッサ(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した14インチと15....
スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Flex 550i
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリ 8~16GB DDR4-3200 オンボード
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0/15.6インチ IPS FHD
インターフェース USB Type-C(3.0)×1
USB 3.0×2
HDMI
SDXC
オーディオジャック
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 321.5×217.5×17.9mm (14″)
357.6×237.9×17.9mm (15″)
重さ 1.5kg (14″)
1.8kg (15″)
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Flex 550i(14)
発売日 2021/01
定価 113,300円~ 116,600円~
実売価格 58,916円~ 57,134円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
グラフィック Iris Xe
UHD Xe
メモリ 8~16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 256〜512GB(NVMe)
画面 14.0インチ IPS 15.6インチ IPS
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 グレア
タッチ対応 10点マルチ
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB-C 1(Gen1)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
シャッター付き
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタルアレイ
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード左右 キーボード上部
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 3セル
稼働時間 11.6~14.9Hr 11.7~12.2Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.0Hr
急速充電
321.5mm 357.5mm
奥行き 217.5mm 237.9mm
高さ 17.9mm 17.9mm
重量 1.5kg 1.8kg
開口角度 360°
カラー プラチナグレー
その他特徴 加速度センサー

特徴

「IdeaPad Flex 550i」は言ってしまえば「IdeaPad Slim 550i」の2-in-1バージョンです。

2021年1月13日、LenovoはIndel第11世代Coreプロセッサ(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した14インチと15....

現在のLenovoでは下位となる”1″、”3″、”5″を「IdeaPad」シリーズに、上位の”6″、”7″、”9″を「Yoga」シリーズに分類しています。

2-in-1スタイルがあるのは”3″以上ですが、”3″に属する「IdeaPad C3」シリーズは2019年9月が最後で、在庫が補充される様子もないのでこのまま終息しそうな気配です。
おそらく「IdeaPad」シリーズでは、2-in-1スタイルは「IdeaPad Flex 5」のみで続けるんじゃないでしょうか。

「IdeaPad Flex 550i」のCPUは前述の通り、TigerLake世代のCore i7-1165G7/Core i5-1135G7/Core i3-1115G4です。

メモリは第10世代(Ice Lake)のときはCore i3モデルは4GBでしたが、これが引き上げられて最低でも8GBとなりました。
この辺りも「IdeaPad Slim 550i」と同じです。

今のCore i3って性能面では十分なのにメモリが4GBしかない、さらにオンボードかつ隠しスロットもないので増設もできないってのが使い勝手の悪さにつながっていたので、これはうれしいアップデートです。

ストレージは256GBまたは512GBのM.2 SSDです。
ここが数少ない「IdeaPad Slim 550i」と違うところで、「IdeaPad Flex 550i」にはおそらく空きM.2スロットがありません(少なくとも第10世代モデルではありませんでした)。

ちょっと残念なのがWi-fiで、802.11ac(Wi-fi 5)止まりとなっています。
おそらくM.2 2230カードなので、換装は可能でしょう。

▲「IdeaPad Slim 550i」との最大の違いがこれです。

360度回転ヒンジと10点マルチタッチディスプレイ、それにアクティブペンが付属します。
マルチタッチディスプレイの宿命として、グレア(光沢)パネルとなっているのはまぁ、仕方がないところです。

個人的にはグレアパネルはギラツキすぎて苦手なんですけどね…

▲完全に折りたたんで、タブレットモードで使うこともできます。

1. USB 3.0
2. 4-in-1メディアカードリーダー
3. 電源ボタン
4. 電源コネクタ
5. HDMI
6. USB3.0 Type-C (PD対応)
7. オーディオジャック

インターフェースは「IdeaPad Slim 550i」にそっくりですが、電源ボタンがサイドに来ています。

USBはすべて3.0で、Type-CはUSB PDに対応しているので、電源アダプタの代わりにUSB PD対応充電器が使えます。

▲キーボードです。

14インチはスピーカーがキーボード左右に、15.6インチはキーボード上部に設置されています。
指紋センサーは電源ボタンから分離して、キーボード右下に搭載されました。

前々から疑問だったんですが、映像鑑賞に向いているとされるテントモードだと、スピーカーが後ろを向いちゃって音が聞きづらくなりそうな気がしますが、その辺りって何か工夫はされているのでしょうかね?

▲排気口はこんな感じです。

実は2-in-1スタイルだと排気は背面に抜けるので、冷却面ではちょっとだけ有利だったりします。

▲ちょっと小さいですが、奥に底面が写っています。

ラインナップ

いつもはスペックのすぐ後に記載しているラインナップですが、思うところあって後に回しています。
「IdeaPad Slim 550i」およびAMD(Ryzen 4000)モデルである「IdeaPad Slim 550」の価格を併記してみました。AMDモデルはRyzen 3 4300Uモデルのメモリが4GBとなっています。

画面 CPU メモリ ストレージ Office 価格 価格(Slim 550i) 価格(Slim 550)
14インチ Core i3-1115G4 8GB 256GB 58,916円 55,242円 54,340円(4GB)
78,848円 76,582円 75,240円(4GB)
Core i5-1135G7 67,584円 65,637円 59,455円
89,199円 85,910円 80,080円
512GB 74,382円 76,835円 61,875円
95,029円 96,976円 84,150円
Core i7-1165G7 16GB 99,792円 89,100円 72,380円
121,011円 109,021円 92,565円
15.6インチ Core i3-1115G4 8GB 256GB 57,134円 58,212円
77,814円 78,474円
Core i5-1135G7 68,640円 68,442円
88,660円 88,935円
512GB 77,000円 79,860円
99,825円 100,166円
Core i7-1165G7 16GB 100,166円 93,687円
122,122円 116,160円

…気付いたでしょうか?

なんでか、半分くらいのモデルで「IdeaPad Slim 550i」と価格が逆転しています。

2-in-1スタイルで、マルチタッチ搭載で、ペンまで付属するのに、クラムシェルタイプより安いとか…いいのかそれで?

AMDモデルとの比較は、Core i3/Ryzen 3はわずかな差ですが、メモリの分を入れるとCore i3の方が安いくらいです。

Core i5/Ryzen 5、Core i7/Ryzen 7と上に行くにつれて差が大きくなっていますが、Core i5/Ryzen 5の256GBと512GBで差が大きく開くので、512GBではいいストレージを使っているんですかね?

まとめ

「IdeaPad Flex 550i」は2-in-1なのになぜか同ランクのクラムシェルと価格が逆転したりするという不思議なモデルです。

グレアパネルは好き嫌いが分かれるところですが、Core i3でも8GBとなった「IdeaPad Flex 550i」は最安モデルでも使いやすくなっていますし、最安モデルでもペンとマルチタッチが付いて4,000円も差がないので、意外なお得機種かもしれません。

関連リンク