新世代SoC採用! Firefly「Core-3568J」はAIoT向けのRK3568搭載

2021年3月24日、SBCメーカーのFireflyはRockchip社の新世代SoC RK3568を搭載した「Core-3568J AI Core Board」(以下Core-3568J)を発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

モデル名 Core-3568J
メーカー Firefly
発売日 2021/03
価格
価格(日本円)
CPU Rockchip RK3568 (4コア)
(2.0GHz A55 x4)
GPU Mali-G52 2EE
NPU 0.8TOPS
メモリー 2〜8GB LPDDR4
サポートOS Ubuntu 18.04
Android 11
有線LAN 1GbE x 2
Wi-fi 802.11 ax
Bluetooth 5
チップ
ストレージ 32~128GB eMMC
M.2 Key-E x1
microSD
USB 3.0 x 2
2.0 x 2
2.0 x 2(pin)
GPIO ×
映像 HDMI(2.0 4K/60Hz)
eDP1.3(2.5K/60Hz)
MIPI DSI x 2
カメラ MIPI CSI x 2
オーディオジャック ○(in/out)
その他インターフェース miniPCIe x1
RS232 x2
RS485 x2
UART x2
Speaker x1
消費電力
電源 DC 12V
PoE(オプション)
82.0mm
奥行き 53.5mm
高さ
その他 SO-DIMMタイプ
トリプルディスプレイ

特徴

「Core-3568J」は冒頭の通り、Rockchip社の新世代SoC RK3568を搭載しています。

RK3568搭載ボードはこれが初ではなく、2021年2月にGeniatechが「RK3568 Development Board」という、そのままな名前のボードを出しています。

RK3568は2020年11月に開催されたRockchip Developer Conference 2020で発表されたばかりの、本当に最新のSoCで、AI向けNPUを内蔵した、AIoTプロセッサという位置づけになります。

構成としては4コアのCortex-A55に、GPUはMali-G52 2EE、さらに0.8TOPSのNPUも搭載しています。

Mali-G52は2018年3月に発表された、ひとつ前の世代のGPU(最新世代は2020年5月に発表されたMali-G57)で、ここ最近に発表されたミドルクラスSoCのGPUによく採用されています。なお、最新世代のGPUはスマホ向けの5G対応SoCなどで使われ始めていますが、SBCにも使われるようなSoCに搭載されるのはもう少し先の話となるでしょう。

トータルの性能的にはRK3399の6割程度になるようです。6コア対4コアなので妥当と言えば妥当ですが。

ちょっと面白いのがブロックダイアグラム図のConnectivityのところで、Serdes lanesというものを3本持っており、SATAやUSB、PCIe2.1に割り振ることができます。

USB3.0×1+SATA×2とか、PCIe2.1+USB3.0×2とか、好きに組み合わせができるみたいですね。

もう一つ、新世代ならではのメリットで、メモリが4GBの壁を越えて8GB積めるようです。
これはRK3399にはできなかったことで、今のところ「Raspberry Pi 4」しかないメモリ8GB SBCに新たなラインナップが追加されることになります。

瑞芯微专注于移动互联网、数字多媒体芯片设计,是专业的个人移动信息终端SOC解决方案供应商。瑞芯微在移动互联网领域有多个较完整的自主创新的知识产权群,为中国电子业发展做出积极努力。目前产品涵盖Android平板电脑、Android电视机顶盒(智能电视)、电子书、WIFI/蓝牙音频解决方案等
The Arm Mali-G52 is the second Bifrost-based mainstream GPU from Arm.

で、このことを踏まえたうえで、「Core-3568J」を見ていきます。

「Core-3568J」はメインボード/ドーターボード方式のSBCで、SODIMMタイプのメインボードにはSoCとメモリ、ストレージ(eMMC)が搭載されます。

メインボードは4隅にドーターボードと固定する用のスルーホールが、SoCを対角に挟んだ位置にヒートシンク/FAN固定用のホールが開いています。

ヒートシンク固定用のホールって、SBCによってあったりなかったりなので、きちんと備えられているのは好印象です。

ドーターボードに装着するとこうなります。

メインボードを挟んでM.2スロットが用意され、それぞれM.2 SSDとWWANカード(4G LTE/5G両対応)を装着できます。
なお、M.2 SSDはPCIe3.0 x1接続(片方向約1GB/s)となるので、SATAよりはマシ程度の速度になると思ってください。

WWAN用のスロットはPCIe2.1 x1と思われます。

映像出力はHDMI2.0(4K@60Hz)、MIPI-DSI(1080p@60Hz×2 or 2.5K@60Hz)、eDP1.3(2.5K@60Hz)が用意され、トリプルディスプレイまで対応しています。

電源は12Vのようですが、PoE(Power over Ethernet)モジュールを装着することでLANケーブル経由での給電も可能です。

スペックシートによるとメインボードはSATAインターフェースを持っているようですが、ドーターボードにはSATA端子は見当たりません。

メインボードの下には何もなく、WWANカードの下にはWi-fiチップが配置されています。
そして何気にWi-fiは802.11ax(Wi-fi 6)対応だったりします。

なお、対応OSはAndroid 11とUbuntu 18.04となっています。
Android 11は2020年9月9日に発表されたバージョンなので、半年ちょっとで対応してくるのは割と早いんじゃないかと。

Android 11ではデバイス・コントロール機能が盛り込まれているので、IoT家電(スマートデバイス)のハブの役割もこなしやすくなります。

まとめ

FireflyはRockchipが新SoCを発表したら、とりあえず最速レベルでボードを出してみる企業というイメージ(RK3399の時も早かったです)があり、今回も「やっぱりFireflyか」という印象でした。

ただ発表はされたものの「Core-3568J」の価格は発表されておらず、記事執筆時点は発売時期も不明です。

RK3568は絶対性能ではRK3399ほど強力ではありませんが、インターフェースにアレンジが効いたり、メモリ8GBを搭載できたりと面白いSoCですし、価格次第では今後RK3328に代わるミドルハイクラスのSBCの定番になるやもしれません。

なお、FireflyではRK3568を搭載した「Station P2」を出すらしく、3月26日にティザー動画が公開されています。

今のところ情報は上の動画だけですが、なかなか面白そうなのでこちらも発表が楽しみですね。