画面がちょっと広い。Lenovo「IdeaPad Slim 560i Pro」は2.2K液晶な2021年スタイルノート

2021年3月2日、LenovoはIntel第11世代Coreプロセッサ(コードネーム:Tiger Lake)に2.2K(2240×1400)という変則的な解像度のディスプレイを搭載した「IdeaPad Slim 560i Pro」を発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Slim 560i Pro
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
メモリ 8~16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS 2.2K
インターフェース USB Type-C(Gen1)×2
USB 3.0×2
HDMI
SDXC
オーディオジャック
wi-fi 802.11ax+BT5.1
サイズ 312.2×221×15.99mm
重さ 1.38kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Slim 560i Pro
発売日 2021/03
定価 152,900円~
実売価格 94,798円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
グラフィック Iris Xe
メモリ 8~16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 512GB(NVMe)
画面 14.0インチ IPS
解像度 2240×1400
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 2(Gen1)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ax
Bluetooth 5.1
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタルアレイ
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー
稼働時間 17.0Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5Hr
急速充電
312.2mm
奥行き 221mm
高さ 15.99mm
重量 1.38kg
開口角度
カラー クラウドグレー
その他特徴

特徴

「IdeaPad Slim 560i Pro」の特徴は何と言ってもそのディスプレイでしょう。

アスペクト比16:10で、実解像度は2240×1400という、WUXGA(1920×1200)より一回り広いものになっています。
計算上は189dpi(dot per inch)で、だいたい11.6インチFHD(190dpi)と同じくらいの細かさになります。
かなり細かくはなりますが13.3インチFHD(166dpi)比で14%ほどの差なので、慣れれば普通に使えるでしょうし、「もうちょっと画面が広ければ…」という要求にはすごく合致します。

CES 2021では14インチ2.8Kな「IdeaPad 5i Pro」が発表されましたが、個人的にはこのくらいが程よいかなぁと。

CPUはTigerLake世代のCore i7-1165G7またはCore i5-1135G7。Core i3モデルはありません。
メモリはCore i7が16GB、Core i5が8GBでオンボード固定のDDR4-3200、増設はできません。
ストレージは512GB M.2 SSDです。
Wi-fiは802.11ax(Wi-fi 6)対応で、今後はよほどのエントリークラスでない限り、これが標準になっていくでしょう。

▲キーボードはテンキーなしで左右にスピーカーがあるように見えますが、スピーカーは底面側についています(後述)。

なのでおそらくは吸気スペースと考えていいかと思います。

ディスプレイ上部には720pのカメラ+IRカメラがあり、顔認証に対応、ゼロタッチログインが可能です。
一方で役割のかぶる指紋リーダーは省かれています

■右
1. 4-in-1メディアカードリーダー
2. USB3.1
■左
3. USB3.0 Type-C
4. HDMI
5. USB3.0 Type-C
6. オーディオジャック

インターフェースは充実していてUSBだけでもType-A×2+Type-C×2の4ポート、HDMIにフルサイズのSDXCカードリーダーとなっています。
Type-C端子はUSB PD給電およびDisplayPort出力にも対応しています。

足りないのはThunderbolt4/USB4くらいで、それ以外では不足することはないでしょう。

▲天板にはワンポイントロゴのみ

なお、カラーはクラウドグレー一色です。名前的に雲の白さがイメージでしょうか。

▲珍しく底面の画像もあります。

吸気口はちょっと凝ったデザインになっていますね。
左右にメッシュの細かいスピーカーホールがあるのも分かります。

まとめ

「IdeaPad Slim 560i Pro」の価格はCore i5モデルが94,798円、Core i7モデルが97,614円となっています。現在のステータスは在庫切れとなっていますが、実質的には販売開始直前と考えていいでしょう。

“Pro”仕様だけあって9万円台スタートと、LenovoのIdeaPadにしてはやや高価格帯になりますが、Core i7モデルでも10万円未満で買えるのは素晴らしいですね。
というか、どう考えてもCore i7モデル一択でしょう。

2.2K液晶は上位の「Yoga Slim 750i Pro」も1月19日に発表されていますが、こちらはいまだに価格すら提示されていません。

個人的にはインターフェースが好みですし、画面も広いし、Core i7モデルが安いしと購買欲を誘うポイントばかりで、これでTB4があったらメイン機になっていました。

“ちょっと広い”は分かりやすい差別化ポイントでもあるので、2021年のトレンドになるんじゃないかなと予想していたりします。

関連リンク