割と安価。Lenovo「IdeaPad Slim 550 14」はRyzen 5000搭載で5.6万円から

PC

2021年3月21日、LenovoはRyzen 5000シリーズを搭載した14インチノート「IdeaPad Slim 550 14」を発表しました。
長らく販売が始まらず、要約販売が始まったらすぐ売り切れ、時々在庫が復活しても早々に売り切れるという状況が続いています。

というか、専用ページが用意されているのに、なぜかRyzen 4000シリーズのページで販売されているんですよね…

スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Slim 550 14
CPURyzen 7 5700U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 3 5300U
メモリ8~16GB DDR4-3200
ストレージ256~512GB NVMe SSD
画面14.0 IPS FHD
USBType-C(3.0)×1、3.0×2
wi-fi802.11ac+BT5.1
サイズ321.6×211.6×17.9mm
重さ1.45kg
詳細スペックを見る
メーカーLenovo
名称IdeaPad Slim 550(14)
発売日2021/03
定価96,800円~
実売価格56,144円~
価格条件税込・送料込
CPURyzen 7 5700U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 3 5300U
グラフィックRadeon Vega 8
Radeon Vega 7
Radeon Vega 6
メモリ8~16GB
メモリ規格DDR4-3200
メモリ増設×
2.5inch×
M.2256〜512GB(PCIe)
画面14.0インチ IPS
解像度1920×1080
ベゼル幅
表面ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.02(Gen1)
USB3 Type-C1(Gen1)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi802.11ac
Bluetooth5.1
office
カードリーダーSDXC
Webカメラ720p
ThinkShutter
赤外線カメラ×
NFC×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイクデジタルアレイ
スピーカーステレオ
スピーカー位置キーボード左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー3セル
稼働時間14.0Hr
ACアダプタ65W
充電時間3.5Hr
急速充電
321.6mm
奥行き211.6mm
高さ17.9mm
重量1.45kg
開口角度180°
カラープラチナグレー
その他特徴

特徴

現在のLenovoでは下位となる”1″、”3″、”5″を「IdeaPad」シリーズに、上位の”6″、”7″、”9″を「Yoga」シリーズに分類しています。
「IdeaPad Slim 550」は”5″に分類され、「IdeaPad」内では最上位に位置します。

「IdeaPad Slim 550 14」は、「IdeaPad Slim 550 15」と同様、Ryzen 4000シリーズからAPU(AMDにおけるグラフィック内蔵CPUの呼び名)をRyzen 5000シリーズに乗せ換えただけのバージョンアップ版となります。

ザ・オーソドックス。Lenovo「IdeaPad Slim 550(15)」は5.7万円からのRyzen 5000ノート

CPUはZen2版Ryzen 5000

「IdeaPad Slim 550 14」のAPUには2021年1月のCES 2021で発表された、Ryzen 5000シリーズを搭載しています。
Ryzen 5000シリーズにはRyzen 4000シリーズと同じZen2ベースのものと、新世代となるZen3ベースのものが混在しており、「IdeaPad Slim 550 14」に搭載されるのはZen2ベースのRyzen 7 5700U、Ryzen 5 5500U、Ryzen 3 5300Uです。

CPUPassMark
Ryzen 7 5700U(8C/16T)161532483
Ryzen 7 4700U(8C/8T)138072576
Ryzen 5 5500U(6C/12T)138022515
Core i7-1165G7(4C/8T)116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T)112782474
Ryzen 3 5300U(4C/8T)106422441
Core i5-1135G7(4C/8T)99022750
Ryzen 3 4300U(4C/4T)78912370
Core i3-1115G4(2C/4T)64352760

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

CPU性能は…個人的にはRyzen 3 5300Uがぶっ飛んでるなぁと。
これまでCore i3やRyzen 3って明確にワンランク下って感じだったのですが、Ryzen 3 5300Uは下位のはずなのに4コア8スレッド、マルチスレッド性能ではCore i5-1135G7を上回るという、なんかとんでもないことになっています。

グラフィック面では、スペック上ではRyzen 5 4500U相当となっていますが、実際のところは1割程度低いベンチマークスコアとなるようです。1割低いとはいえ、中量級タイトルくらいまでなら設定次第でFHD解像度もいけそうです。

メモリはオンボードのみ

「IdeaPad Slim 550 14」のメモリはオンボードのみで、Ryzen 3およびRyzen 5モデルが8GB、Ryzen 7モデルが16GBです。規格はDDR4-3200です。
せめて4GBオンボード+1スロットであれば拡張要素があったのですが…

前世代のRyzen 4000搭載モデルだとRyzen 3モデルは4GBだったので、最低容量が引き上げられた形になります。
Lenovoは2021年発表のモデルからメモリ4GBを廃止しており、最低でも8GBとなっています。

ストレージはM.2 SSDのみ

ストレージは256GBまたは512GBのM.2 SSDです。
「IdeaPad Slim 550」のメインボードはおそらくRyzen 4000モデルと同じものが使われると思われるので、そうなると2242+2280のデュアルストレージが可能となります。

M.2 SSDオンリーですが、拡張要素がありそうなのはいいですね。

その他

Wi-fiはRyzen 4000モデルから引き続き802.11ac(Wi-fi 5)です。「IdeaPad Slim 550 15」とは違って802.11ax(Wi-fi 6)に引き上げられなかったわけですが、発表日の1ヶ月差が影響しているのでしょうか?

ちなみに海外の情報を見ると、Wi-fi 6チップが入手困難になっているようで、その視点から見ると、確かに在庫があるのってWi-fi 5モデルばかりなんですよね。

バッテリーは変わらず3セルですが、稼働時間が12時間から14時間に延びています。
急速充電は言及がなく、充電時間は3.5時間です。

筐体

筐体はRyzen 4000モデルから全く変わっていません。

▲フロントです。

ベゼル幅は細く、画面占有率は90%です。
また、ディスプレイにはIPSパネルが使われています。

1. 4-in-1メディアカードリーダー
2. USB 3.0
3. USB 3.0
4. 電源ジャック
5. USB 3.0 Type-C
6. HDMI
7. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
8. Novo ボタン

インターフェースはすべてUSB 3.0で、Type-C端子はUSB PDおよびDisplayPort出力に対応しています。

▲キーボードは「IdeaPad」共通のタイプで、スピーカーはキーボード左右に位置しています。

この手のスピーカーは経験上、底面よりはクリアに聞こえますが、耳に届くというより目の前を通過していく感覚が強くなります。

▲底面カバーはプラスチック製と思われます。

ラインナップ

2021年5月13日時点のラインナップと価格です。

CPUメモリストレージOffice価格
Ryzen 3 5300U8GB256GB56,144円
77,066円
Ryzen 5 5500U62,700円
85,604円
512GB73,536円
96,701円
Ryzen 7 5700U16GB94,380円
117,436円

まとめ

「IdeaPad Slim 550 14」のRyzen 5000モデルは、メモリの最低容量が4GBから8GBに上がったことからRyzen 4000モデルよりも多少値上がりし、最低価格も45,496円から56,144円へと値上がりしています。
メモリの差の割に上げ幅が大きいのは最近の半導体不足の影響もあるでしょう。

こりゃだめだ。 世界的半導体不足の波はSBCの世界にも波及中【納期一覧】

最安値に対する割安感は薄れましたが、Ryzen 3 5300UでもRyzen 5 4500Uに迫る性能なわけで、Ryzen 5 4500Uモデル相当の価格と考えれば悪くありません。

なお、Ryzen 5 5500UモデルはRyzen 7 4700Uに匹敵する性能で62,700円なので、メモリ8GBな点に目をつぶればコスパはかなり高いです。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました