画面が大きく明るく。Amazon「Kindle Paperwhite(第11世代)」が登場

ガジェット

2021年9月22日、Amazonは「Kindle Paperwhite」をリニューアルしました。
世代が第11世代となり、通常モデルの他にシグニチャーエディション(以降SEと表記)、キッズモデルの3モデルがあり、10月27日発売(SEは11月10日)、記事執筆時点で予約を開始しています。

スポンサーリンク

スペック

第11世代第11世代(SE)第10世代
発売2021年2018年
価格14,980円19,980円13,980円(8GB)
15,980円(32GB)
容量8GB32GB8 GB または32 GB
ディスプレイ6.8インチ
解像度300ppi
6インチ 1072×1448
解像度300ppi
Carta電子ペーパー
色調調整
明るさ調整機能
フロントライトLED 17個LED 5個
サイズ174×125×8.1 mm167×116×8.18 mm
インターフェースUSB Type-CmicroUSB
wifi 接続802.11 b/g/n
ワイヤレス充電
バッテリー最大10週間最大6週間
充電時間約5時間(PC)
約2.5時間(充電器)
約5時間(PC)
約2.5時間(充電器)
約3時間(Qi)
約4時間(PC)
約3時間(充電器)
重量205g207gwifi:182g
wifi+4G:191g
防水性能IPX8等級
同梱内容Kindle Paperwhite
USB-C充電ケーブル
クイックスタートガイド
Kindle Paperwhite
USB 2.0充電ケーブル
保証書
スタートガイド(PDF)

特徴

「Kindle Paperwhite(第11世代)」は3年ぶりの新モデルで、画面サイズが6インチから6.8インチにアップしていますが、変わらず300DPIのままとなっています。

“第10世代”の解像度が1072×1448なので、計算すると1214×1640前後ですね。

スペックには現れていませんが最上位モデルのKindle Oasisと同等の最新世代E-inkを採用し、操作レスポンスが20%高速化されています。

フロントライトの数が5個から17個へと一気に増え、10%明るくなっています。明るさの調整は24段階です。
さらに色調調整機能が追加され、ホワイトからアンバーまで24段階に調整できるようになっています。

画面が大きくなった分寄り明るさが必要になるはずですが、バッテリーが大きくなったようで稼働時間が最大6週間から最大10週間に伸びています。

その代わり、重量は20g強増えています。
もともと軽量なのが売りだっただけに残念ですが、6インチスマホと6.8インチスマホと考えれば重量感は間違っていないのかなと。

防水性能は変わらずIPX8等級ですが、新たに海水(水深0.25メートルまでで最大3分)での防水が加えられています。

インターフェースはmicroUSBからUSB Type-Cに変更されました。
ここはまっとうなアップデートですね。

なお、前世代と同様、充電アダプタは同梱されていません。

“第10世代”との比較。
ベゼルが細くなり、ディスプレイのサイズアップの割に本体のサイズは幅7mm、高さ9mm増にとどまっています。

SEではAnker製の専用ワイヤレス充電スタンド(7.5W)が発売され、同梱モデルもラインナップされています。

本体カラーはブラックのみですが、純正のファブリックカバーはブラック、ディープシーブルー、ラベンダーヘイズの3色が用意されています。

価格

価格は以下の通り。広告ありモデルは”無印”のみとなっています。

広告あり広告なし
無印14,980円16,980円
SE19,980円
SE(ワイヤレス充電器付)22,460円
キッズ16,980円

キッズモデルは広告がなく、1年間のAmazon Kids+使用権、2年間の限定保証が追加されます。

まとめ

価格がちょっと上がったり、重量も増えたりとマイナス要素はありますが、画面のサイズアップはマイナス面すべてをねじ伏せる、大きなアップデートです。

まだ予約段階なので9月25日からの「タイムセール祭り」には登場しないでしょうが、11月末~12月初めのサイバーマンデーでセールデビューするんじゃないかと思われます。

Amazon タイムセール祭り | Amazonが開催するビッグセール
Amazon タイムセール祭りとは、Amazonが開催するビッグセールです。人気の商品が、お買得価格で登場。さらに数億種類の商品がポイントアップチャンス。お得な価格で人気商品を数多く取り揃えております。

防水も付いていますし、実質的な解像度も向上していますし、サイズアップしたことで無印の「Kindle」ともはっきり差別化されたわけで、前世代に比べて買う理由をつけやすくなっています。

むしろ「Kindle Oasis」の割高感が強調されている気がしますが、こちらは今後のリニューアルに期待ですね。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました