これ無敵では?「Raspberry Pi Pico W」は6ドルのWi-Fi対応マイコン

シングルボード

2022年6月30日、Raspberry Pi財団は「Raspberry Pi Pico」のWi-fi対応モデル「Raspberry Pi Pico W」を発売しました。
国内では現時点で工事設計認証(技適)未取得のため未発売、技適取得次第販売が開始される予定です。

同日にはあらかじめピンヘッダを搭載した「Raspberry Pi Pico H」も発売されました。

スポンサーリンク

スペック

モデル名Raspberry Pi Pico
メーカーRaspberry
発売日2022/06
価格6ドル
価格(日本円)990円(予定)
CPURP2040
(133MHz M0+ x 2)
GPU
NPU
メモリー264KB SRAM
ストレージ2MB NOR Flash
サポートOS
有線LAN
Wi-fi802.11n
Bluetooth
チップCYW43439
USB1.1 x 1
GPIO40pin
映像
カメラ
オーディオジャック
その他インターフェース
消費電力不明
電源microUSB
51.3mm
奥行き21mm
高さ3.9mm
その他マイコン

特徴

冒頭の通り、「Raspberry Pi Pico W」は「Raspberry Pi Pico」にWi-fi機能を追加したものです。

ラズ…パイ…? 超小型の500円マイコンボード「Raspberry Pi Pico」が登場

SoCとなるRP2040については上の記事に詳しいので、そちらを参照してください。
一応言っておくと、「Raspberry Pi Pico W」はSBC(シングルボードコンピューター)ではなくマイコン(マイクロコントローラー)に分類され、OSレスで直接コードを実行します。

「Raspberry Pi Pico」は4ドルと安価で、USB接続で書き込めるマイコンとして人気を博し、ニュースリリースによると出荷台数は200万台近くに上るとのこと。

しかしながらライバルとなるESP32に対してはWi-fi非対応であるという点で後塵を拝し、RP2040+ESP32なんてキメラ製品まで出てくる始末でした。

参考 UDOO Key

1年半かけてようやくWi-fiに対応したことで、IoTの現場でも導入が進むと思われます。

Wi-fiチップに使われたInfineon CYW43439は802.11 b/g/n(Wi-fi 4)+BT5.2という変わった組み合わせのサポートですが、「Raspberry Pi Pico W」では現時点では802.11nのみ、さらにBluetoothはオフにされているとのこと。将来的には対応する可能性もあるそうです。

ちなみに802.11 nは2.4GHz帯のみで、1レーンのみの最大96Mbpsとなっています。

Wi-fiの使い方

「Raspberry Pi Pico W」はOSレスなマイコンなので、プログラム内でWi-fiを起動させる必要があります。
リリースに合わせてSDKおよびファームウェアもアップデートされ、以下のようなコードで接続できるようになります。

import network

wlan = network.WLAN(network.STA_IF)
wlan.active(True)
wlan.connect('Wireless Network', 'The Password')

wlan.disconnect();

接続マニュアル内では簡易的なWEBサーバー(html形式でレスポンスを返すだけ)で接続を確認できるコードが掲載されています。

外観

「Raspberry Pi Pico W」の全体です。

左から「Raspberry Pi Pico」「Raspberry Pi Pico H」「Raspberry Pi Pico W」です。
「Raspberry Pi Pico H」は40ピン以外にJST SH 3ピンコネクタ(デバッグ端子用)も実装されています。

「Raspberry Pi Pico W」はプリント配線が大幅に変更されているほか、Wi-fiチップへの給電が必要となるのでスイッチングレギュレーター(電圧を変えるチップ)が最大800mAのRT6150B-33GQWから最大4AのRT6154AGQWに変更されています。
そのため、電源回り(USB端子の右下)がかなりいじられています。

おまけ。「Raspberry Pi Pico H」の背面です。
サポートが入っていて、予想外にがっちりしたものになっていました。

まとめ

冒頭に書いたように、「Raspberry Pi Pico W」は技適を取得してからの国内発売となります。
しかしすでに販売ページは用意されていて、スイッチサイエンスでは1,111円KSYでは990円(いずれも税込)が予価として提示されています。

無印の「Raspberry Pi Pico」が572円(スイッチサイエンス)ということを考えると7割以上高いわけですが、内容が内容だけにこんなものかなと。

なんというか、本格的に遊べて実用できるものが来たなぁという感じですね。

関連リンク

created by Rinker
Raspberry Pi
¥1,064(2022/08/12 13:52:24時点 Amazon調べ-詳細)
VKLSVAN ESP32 ESP-32S NodeMCUマイクロUSBデュアルコア開発ボードモジュール 2.4GHz ワイヤレスWiFi + Bluetoothデュアルモード ESP-WROOM-32モジュール内臓 マイクロコントローラ
VKLSVAN

【未発売】Raspberry Pi Pico W:スイッチサイエンス
Raspberry Pi Pico W [SC0918]:KSY

データシート:raspberrypi.com
接続マニュアル:raspberrypi.com
ニュースリリース:raspberrypi.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました