まさかのドスパラがSBCの「TinkerBoard」を取り扱い開始。モデル型番は「DG-Tinker3288」でAndroid版とDebian版があり

たまには一日2記事です、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

サードウェーブデジノス(ドスパラを運営する会社です)が本日2018年1月25日にASUSのSBC(シングルボードコンピューター)「Tinker Board」をベースとしたミニPC「DG-Tinker3288」を発表しました。
OSインストール済みの32GBmicroSDカード(Android6.0版とDebian9版があります)、ACアダプタ、ケースがセットになっています。

ドスパラはミニPCにかなり力を入れていまして、スティックPCだけでも7機種(現行は2機種)以上、8/8.9/10.1インチWindowsタブレットもラインナップに揃えています。
そんなドスパラなのでSBC分野に手を出してもおかしくはないのですが、それでもニュースを見た時はびっくりしました。

なお、先日発表された「TinkerBoard S」ではないことに注意してください。

スポンサーリンク

スペック

スペックは「TinkerBoard」そのものです。ケースに入っているのでサイズだけ違います。

CPU Rockchip RK3288(1.8GHz 4コア)
GPU Mali-T764(600MHz)
メモリー 2GB LPDDR3
サポートOS Tinker OS
Android 6
Debian 9
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
チップ RTL ACL4040
ストレージ microSD
USB 2.0 x 4
HDMI HDMI(4K/30Hz)
オーディオジャック ○(24bit/192kHz)
S/PDIF
GPIO 40pin x 1
その他インターフェース MIPI CSI
MIPI DSI
消費電力
電源 microUSB 5V/2A
93mm
奥行き 64mm
高さ 30mm

外観

まとめ

ドスパラ製品はとにかくコストパフォーマンスが高いのが特徴で、例えばスティックPCの「DG-STK3」などは無線マウス&キーボード付きで9,241円(税別)と、「安い!」を通り越して「こんな値段でドスパラ大丈夫か?」と心配になるくらいです。
それだけに「DG-Tinker3288」は(ACアダプタやSDカード付きとはいえ)ちょっと高すぎるように感じてしまいます。

とはいえ、ドスパラは結構価格改定を行うので、少し待てばぐっと値下がりするかもしれません。「Tinker Board」本体が8,000円(税別)なので、ケースとACアダプタ、SDカード代を加えて税別で12,000円を切れば文句無しで買いでしょう(流石にそこまで下がるとは思えませんが)。

なお、このミニPCにはWindowsはインストールできません。念のため。

関連リンク


TinkerBoard(amazon)

Diginnos DG-Tinker3288(Android6.0)
Diginnos DG-Tinker3288(Debian9)