Ryzen mobile+Thunderbolt3きたか? HP「EliteBook 735 G5」は理想のノートかも

HPがAMD Ryzen mobile搭載のビジネスノート「EliteBook 735/745/755 G5」のプロモーションページを公開しています。
先に書いておきますが、記事執筆時点(2018年5月8日)時点では発売日・価格ともに公開されていません。

※2018.05.09 17:00 スペック表がまるっと抜けるという致命的なミスをしていましたので、追加しました。
※2018.05.16 日本語のサポートページができていることを教えていただきました→HP EliteBook 735 G5Notebook PC
 マニュアル内のインターフェース一覧にThunderboltと明記されているので、Ryzen mobile+TB3が確定しました。

※2018.05.21 海外のブログで「HPから『TB3表記はミスで、実際には対応していない』と連絡がきた」とのこと。
 上記記事によると、Titan Ridgeコントローラーによって、Thunderbolt Dock G2には対応するとのことですが、Titan RidgeってThunderbolt3対応のブリッジチップなのですが…真偽が微妙なのでもうしばらく追いかけてみます

スポンサーリンク

スペック

「EliteBook 735 G5」のスペックを記載しています。
「EliteBook 745/755 G5」も基本的に共通で、サイズだけ異なります。

メーカー HP
名称 EliteBook 735 G5
発売日
定価
実売価格
価格条件
CPU Ryzen 2500U
Ryzen 2700U
Ryzen 2300U
メモリ 4GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 最大32GB
2.5inch
M.2 128〜512GB(SATA)
256〜512GB(PCIe)
画面 13.3インチ 220nit/400nit
解像度 1920*1080
ベゼル幅
表面 Gorilla Glass 3(タッチ)
タッチ対応
グラフィック Radeon Vega
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 type-c 1
USB PD
HDMI 2.0
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 4.2
office
カードリーダー
Webカメラ HD
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク 3 マルチ
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード上
サウンド Bang & Olufsen
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 50WHr
稼働時間 12Hr
ACアダプタ 45W
充電時間
急速充電 30分50%
310.4mm
奥行き 229.3mm
高さ 17.7mm
重量 1.33kg
1.51kg(タッチ)
開口角度
カラー
その他特徴 WWAN(オプション)
スマートカードリーダー(オプション)
MIL-STD 810G準拠

特徴

まず何も言わずに下の画像を見てください。

ただの側面だと思ったあなたのために、拡大します。

ピンときた方もいるんじゃないでしょうか(まぁタイトルにも書いていますし)。
見るところはUSB Type-Cの横のマークです。稲妻がついています。
そうです、Thunderbolt3のマークです!

これがUSB3.1だったら三つ又のUSBマークとかコンセントの形をした電源マーク辺りになっているはずです。

ただ、今のところ確定というわけではなく、可能性が高いというレベルです。
「EliteBook 735/735/755 G5」のプロモーションページにも、PDFのスペックシートにも”Thunderbolt 3″の文字はなく、ただ”USB Type-C”としか書かれていません。

一方で、対応するドッキングステーションとして「HP Thunderbolt Dock G2」が挙げられており、これはTB3接続となります。
上記の”USB Type-C”表記も、裏を返せばUSB3.1と明言されていないとも取れるので、可能性が高いという表現にしました。

※追記の通り、どうも実際には対応しないようです。

Thunderbolt3についてはこのくらいにして、他の要素も見ていきます。

CPUはRyzen 2300U、2500U、2700Uと上から下まで揃っています。
仕様表で見る限り、ビジネス向けのセキュリティ強化版となる「Ryzen Pro Mobile」となるようです(型番が共通なので分かりにくいです…)。

メモリは最大32GBです。13.3インチのRyzen Mobileノートでメモリ増設が可能なモデルはおそらくですがDELL「New Inspiron 13
7375 2-in-1
」についで2モデル目となります。

インターフェースは次のようになっています。

  1. 電源コネクタ | 2. USB Type-C™ | 3. Docking connector| 4. LANポート | 5. HDMI | 6. USB3.1 Gen.1 | 7. オーディオジャック | 8. SIMカードスロット

  1. マイク | 2. Webカメラ | 3. マイク | 4. スピーカー | 5. クリックボタン | 6. クリックパッド | 7. LEDインジケーター | 8. スマートカードリーダー | 9. USB3.1 Gen.1 | 10. 排気口 | 11. セキュリティロック | 12.電源ボタン

ビジネスモデルなので、LANポートとHDMIがきっちり付いています。HDMIは2.0なので、4K/60Hz出力が可能です。

ディスプレイは220nitと400nitの2種類があります。それぞれ、カメラ無し/カメラあり/カメラ+赤外線カメラの3パターンが選択できます。
タッチパネルディスプレイは220nit、カメラ+赤外線カメラのパターンのみとなります。
いずれもリフレッシュレートは60Hz、コントラスト比は600:1です。

14インチモデル(EliteBook 745 G5)にのみ、内蔵型プライバシースクリーンを備えたHP Sure Viewというものがあり、700nit、120Hzとなっています。
これは「HP EliteBook x360 1030 G2」などにも搭載されています。

正面から見ると、ベゼルは太くもなく細くもなくといったところです。
その分キーボード配列に余裕があるのか、エンターキー周りも詰まっていません。
よく見ると、B・G・Hに囲まれたところにポインティングデバイスらしきものが見えます。

スピーカー部分はメッシュ状になっています。殆どの機種ではスピーカーは底面に設置しているのに対して、キーボード上にあるので音がダイレクトに伝わります。
Skype通話とかすると、スピーカーから出た相手の声をマイクが拾ってハウリングしそうなものですが、どうなんでしょう?

無線LANはRealtekのRTL8822BEで。802.11 ac(2×2)なので、最大866Mbpsとなります。
Ryzen mobileノートってなぜか802.11 ac(1×1)しか搭載しないモデルが多いので、地味に嬉しいポイントです。

急速充電の30分50%は65W電源を使った場合となります。
電源は、USB Type-Cからの充電も可能です。

オプションのLTEモジュールの対応は以下となっています。

FDD-LTE band:1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 11(1400), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 21(1400), 26(850), 28(700), 29(700), 30(2300), 66(1700/2100)
TDD-LTE band:38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500),
HSPA+: 1(2100), 2(1900), 4(1700/2100), 5(850), 8(900)

国内のバンドは網羅しているっぽいので、日本に来ても大丈夫ですね。

仕様表を眺めていて思わず二度見したのですが、サポートOSに「FreeDOS2.0」が入っています。
なぜFreeDOS…?

スペックを見る限り、「これが欲しい」というポイントが全て抑えられていて、全く隙がありません。

まとめ

「EliteBook 735 G5」はケチをつけるべきポイントが見当たらない、(がじぇっとりっぷ的に)理想のノートです。
Ryzen mobile + Thunderbolt3は、ヘタすればクリスマス頃になるんじゃないかと思っていただけに、半年以上早い登場にびっくりしています。
問題は日本にくるかどうかなのですが、EliteBookシリーズは日本でも販売されているモデルがあるので、可能性はゼロではありません。

いつもだったらここで”惜しむらくは…”みたいなことを書くところですが、書くことがありません。
書くとすれば、クリスマス頃だろうと諦めて、先日新ノートの注文をしたばかりということでしょうか。3日遅いよ…

関連リンク

HP Directplus オンラインストア

HP EliteBook 700 Series G5 – HP ※英語サイト
HP EliteBook 735 G5 ※PDF、英語
HP EliteBook 745 G5 ※PDF、英語
HP EliteBook 755 G5 ※PDF、英語

コメント

  1. 匿名 より:

    Thunderbolt3で日本にも来たら嬉しいですね

  2. 匿名 より:

    735 745
    幅 奥行き 高さ 
    31.04cm 22.23cm 1.77cm
    32.6cm 23.4cm  1.79 cm +1.6cm +1.17cm  +0.02cm  
    重さ
    非タッチ  1.33kg→1.53 kg  +200g
    タッチ   1.50kg→1.61 kg  +110g
    タッチを選ぶなら
    容量大きい分だけ熱も楽そうな745もよさそう

  3. 匿名 より:

    これはまさに理想!
    続報があればぜひブログに取り上げてください

    • がじぇっとりっぷ より:

      コメントありがとうございます。

      海外では今月末の販売開始、価格は1000ドル(構成不明ですがおそらく2300U PRO、4GB mem、120GB SSD)からだそうです。
      TB3ポートも確定みたいです。

  4. 匿名 より:

    elitedesk 705 G4 のスペックシートはござらんか??

    • がじぇっとりっぷ より:

      コメントありがとうございます。

      探してみましたがelitedesk 705 G4のスペックシートはまだ出ていないようです。

      • 匿名 より:

        まさか返信頂けるとは思わず、変な語尾ですみませんでした(笑)
        RyzenでTB3が使える箱型なら大型モニタ使えていいなーと思った次第でした!
        自分でも今後の情報追ってみます

        • がじぇっとりっぷ より:

          語尾くらい大丈夫ですよー(笑)
          確かに、Ryzen+TB3なミニPCというのもありですね!

          AMDの絡む似たくらいのスペックなミニPCとしては、
          Crimson Canyon(10nmプロセスで2C4TなCannon Lake-U+Radeon RX 550)なNUCがリークされていますし、
          Intelコア+Radeon VegaなKabyLake-GのHades Canyonもさらっと販売開始しており、数日前からレビューが出始めています。
          Intel排除ならデスクトップ版Ryzenの載ったZOTACのMAGNUSシリーズなんかもあります(USB3.1 gen2なので10Gbpsですが)。

          ただやっぱり、Ryzen+TB3が本格的に出始めるのはライセンスフリー化の後だとは思うので(ライセンス料は60ドルとの噂ですので結構高い)、しばらくは待ちになっちゃいますね

  5. 匿名 より:

    なんと日本語のユーザーガイドが公式サイトにUPされてました
    http://h10032.www1.hp.com/ctg/Manual/c05920945
    これは日本での発売期待できそう?

    きになるのは735でも745でも末尾が745のユーザーファイルなので
    745だけの可能性もあるのかな?

    主さんがノートを半年で買い換える可能性があるのかなーーー?

  6. 匿名 より:

    日本語のユーザーガイドが公式さいとからDLできるようになってますから
    マジで発売期待できそうですね
    http://h10032.www1.hp.com/ctg/Manual/c05920945
    どれでも末尾が745だから最初は745から出る可能性がたかいのかな?

  7. 匿名 より:

    続報をとコメントしたものです。
    何度もすみません。スペックを眺めていたんですがどうもThunderboltの記載はないようですね。

  8. 匿名 より:

    こちらのページに5/11に既に書かれていますが、hpよりwebサイトの記載は誤記で、Thunderboltの搭載はないと連絡があったようです。
    https://www.anandtech.com/show/12731/hp-unveils-elitebook-700-probook-645-laptops-with-ryzen-pro

    • がじぇっとりっぷ より:

      おお、情報ありがとうございます!チェック漏れでした。記事も更新します。
      ただ、記事によると、「Titan Ridgeコントローラーによって、Thunderbolt 3 ドックと互換性をもたせている」とあります。
      このTitan RidgeコントローラーってのはThunderbolt3対応ブリッジチップなので、そこはちょっと疑問ですが…

      ただ、https://thunderbolttechnology.net にも記載がないので、望みは薄そうです