まだ出続けるよ! ドスパラ「Diginnos Stick DG-STK4C」がAtom x7-Z8700搭載で14800円で登場

2019年2月22日、ドスパラを運営する株式会社サードウェーブは、Atom x7-Z8700を搭載したスティック型PC「Diginnos Stick DG-STK4C」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

※先代の「DG-STK4D」を比較として併記します。

メーカー Diginnos(ドスパラ)
型番 DG-STK4C DG-STK4D
価格 14,800円(税別) 19,800円(税別)
発売日 2019/02 2017/02
123mm
奥行き 59mm
高さ 23mm
重さ 95g
OS Windows 10 Home
CPU Atom x5-Z8700 Atom x5-Z8550
CPU世代 CherryTrail
Passmark値 1898 1837
ベース周波数 1.6GHz 1.44GHz
バースト周波数 2.4GHz 2.24GHz
グラフィックチップ 第8世代HD HD 400
コア/スレッド数 4C4T
TDP 4W
メモリ 4GB
メモリ規格 DDR3L
ストレージ 32GB eMMC
USB2.0(外部)
USB3.0(外部) 2(3.0)
USB type-C
SDカード microSDXC(〜64GB)
LAN
Wi-fi 802.11ac(1×1)
Bluetooth 4.0
HDMI
4K対応(HDMI) 4K/30Hz
DisplayPort
4K対応(DP)
オーディオジャック
S/PDIF
その他端子
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 5V/3A(microUSB)
ノイズレベル
VESA
付属品 HDMI延長ケーブル
マカフィー・リブセーフ(12ヶ月)製品版
その他

特徴

「DG-STK4C」は、2016年7月に発売された「DG-STK4S」、2017年2月に発売された「DG-STK4D」の後継となります。
外観は全く変わらず、スペック上もCPU以外は共通となっています。
何故か型番が若返っている(S→D→C)のは謎ですが…

「DG-STK4C」に搭載されるCPUはAtom x7-Z8700で、CステッピングからDステッピングに変更されたAtom x7-Z8750と合わせてAtom系の最上位となります。

Atom x7-Z8700搭載機といえば、「Surface 3」「GPD Pocket」「GPD Win」辺りが有名どころでしょうか。
クラウドファンディングでもAtom x7-Z8700/Z8750を搭載したスティック型PCが登場したことがあります。

失うものの少ないリスクなら取ってみるのも一興です、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。 2回続けば3回めもあるということで、本日...

ドスパラでも過去に缶ジュースPCこと「Diginnos DG-CANPC」でAtom x7-Z8700が採用されています。

CPUとしての性能は、シングル性能は高くないけれどもマルチコア性能はそこそこ、と言ったレベルです。

CPU Atom Z8700 Atom Z8350 Atom Z8500 Atom Z8550 Celeron N4000 Celeron N4100
世代 CherryTrail CherryTrail CherryTrail CherryTrail GeminiLake GeminiLake
コア/スレッド 4 / 4 4 / 4 4 / 4 4 / 4 2 / 2 4 / 4
動作周波数 1.6GHz 1.44GHz 1.44GHz 1.44GHz 1.1GHz 1.1GHz
バースト周波数 2.4GHz 1.92GHz 2.4GHz 2.4GHz 2.6GHz 2.4GHz
グラフィック Gen8 Gen8 Gen8 HD 400 UHD 600 UHD 600
TDP 4W 4W 4W 4W 6W 6W
passmark 552 / 1898 417 / 1269 505 / 1695 556 / 1837 1090 / 1465 1001 / 2333
geekbench 1078 / 3001 850 / 2191 1012 / 2742 1019 / 2975 1857 / 3125 1745 / 4917

Atom x5-Z8350の1.5倍、Atom x5-Z8500の1割増し、Atom x5-Z8550とは数%差といったところです。
最近のミニPCに搭載されることの多い、GeminiLake世代のCeleron N4000(2コア2スレッド)と比べると、マルチ性能では勝っていますが、シングル性能は半分強という低さになっています。
同じ4コアのCeleron N4100には圧倒的に負けてますね。

とはいえ「GPD Win」に採用されていたことからも分かるように、軽いゲーム程度ならこなせる性能はあり、スティックPCの用途(ネットサーフィンや軽い事務仕事)としては十分な性能があると言えます。

内部はヒートシンクに小型のファンが組み込まれており、しっかり排熱ができるようになっています。
ただこの画像、明らかに使い回しなんですよね…
技適番号「003-150155」で検索すると、認定日が平成27年9月2日で、明らかに「DG-STK4S」向けなんですよね。というか、「DG-STK4S」で検索したら、同じ技適番号でしたし…

というわけで、Wi-fiモジュールなどを含め、CPU以外の部分は「DG-STK4S」から変わっていないと思われます。

上記を前提として、「DG-STK4S」の画像をもとに外観を見ていきます。

インターフェースはUSB3.0×2、microUSB(給電専用)×1、microSDXCスロット(max64GB)×1となっています。
バッテリー非搭載で、microUSBは常時給電用となるので、インターフェースに数えないほうがいいかもしれません。

アンテナは1本で、802.11ac(1×1)対応です。最大433Mbpsですね。
…まぁ、高速環境が必要なユーザー802.11ac wave2(2×2、最大1.73Gbps、実測950Mbps)な「DG-STK5S」を選ぶでしょう。

上部は穴あきに見えて、実はHDMI端子の上とスイッチ横、ファンの周りしか開いていません。
ヒートシンクの形状から見るに、この方がうまく空気の流れを作れるのかもしれません。

底面側も一部穴は開いていますが、あまり冷却に寄与しているようには見えないですね。

まとめ

「DG-STK4C」の価格は税別14,800円と、「DG-STK4D」発売時の税別19,980円よりも5000円安くなっています。
すでに主流がGeminiLake世代に移っているとはいえ、安いと言える価格です。

「DG-STK5S」の税別26,800円に比べるとほぼ半額なので、グラフィックとWi-fiに不都合がない場合は「DG-STK4C」のコストパフォーマンスは抜群です。

ただ、現在のところ製造終了のアナウンスがないとはいえ、IntelがAtom x7-Z8700を新規に製造しているとは思えないので、ドスパラがすでに確保している分がなくなり次第、完売になるんじゃないかと思います。

数カ月後に「Atom x7-Z8750版」が出る可能性もないとは言えませんが、食指が動いた方は早めに決断するのが吉でしょう。

問題があるとすれば、スティック型PC用ドッキングステーション「DG-STKDOC」がすでに販売終了していることでしょうか…

関連リンク


Diginnos DG-STK4C

Diginnos DG-STK4C – ドスパラ
Diginnos DG-STK5S – ドスパラ