日本向けモデルもあるみたい。ZOTAC「ZBOX QX」シリーズはXeon+Quadroな最強ミニPC

2019年5月20日、ZOTACはXeonとQuadroを搭載したミニPC(というよりむしろワークステーションですが)「ZBOX QX」シリーズを発表いたしました(本当は「Qシリーズ」なのですが、違う系統も含まれるので、ここでは「QX」シリーズとしています)。
グラフィックボードの違いで「QX3P5000」と「QX3P3000」の2モデルがあります。

スポンサーリンク

スペック

メーカー ZOTAC
型番 ZBOX QX3P5000 ZBOX QX3P3000
価格
発売日
225mm
奥行き 203mm
高さ 128mm
容量 5.85L
CPU Intel Xeon E-2136
CPU世代 CoffeeLake
ベース周波数 3.3 GHz
バースト周波数 4.5 GHz
グラフィックチップ NVIDIA Quadro P5000
16GB GDDR5
NVIDIA Quadro P3000
6GB GDDR5
コア/スレッド数 6C/12T
TDP 80W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4-2666
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ECC対応
ストレージ ×
SATAポート数 1
M.2 22110 x 1(NVMe/SATA)
2280 x 1(Optane Memory)
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 1
Rear x 4
USB type-C Front x 1(Gen2)
Rear x 1(TB3)
SDカード SDXC
LAN 1Gb x 1
2.5Gb x 1(Killer E3000)
Wi-fi 802.11ax
Killer AX1650
Bluetooth 5.0
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 4(2.0b)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort ×
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ ×
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 330W / 19.5V
ノイズレベル
VESA
付属品 スタートガイド
ユーザーマニュアル
サポートDVD
その他

特徴

ZOTACは国内ではグラフィックボードメーカーとしての知名度が高いのですが、PCの開発・販売もしており、がじぇっとりっぷでも何度か取り上げています。
ZOTACのPCはいくつかのサイズ別となっており、一番小さいのはクレジットカードサイズから、大きい物はリュック型というものもあります。

(おそらく)2018年12月27日、ミニPCやゲーミングPCを製造するZOTACから、ZBOX P Seriesに属するクレジットカードサイ...

今回紹介する「ZBOX QX」シリーズは大型の部類となります。

「ZBOX QX」シリーズは特徴が多いというか、新しい要素がいろいろと詰まっています。

CPUは”Xeon E-2136″で、アーキテクチャはCoffeeLakeとなります。
6コア12スレッドでTDPは80W、内蔵GPUを搭載しないモデルとなります。

後継アーキテクチャの“Coffee Lake Refresh”では8コア16スレッドのハイエンドモデルがラインナップされるとの話でスペックもほぼほぼリークされてしまっていますが、記事執筆時点で正式発表はされていません。

グラフィックカードは、Quadro P5000(16GB)かQuadro P3000(6GB)の二種類があります。
なんというか、メモリに差がありすぎる気が…

一般的なグラフィックボードだと筐体内に収まらないのでおそらくはMXMカードタイプと思われます。

MXMカードとはこんな感じのやつです。カード自体にバックプレート付きのヒートシンクが取り付けられるようになっています。
MXMタイプのP5000とP3000を比較した表が以下となります。

P5000 P3000
GPU GP104 GP104
アーキテクチャ Pascal Pascal
メモリー 16GB GDDR5 6GB GDDR5
メモリー動作周波数 1502 MHz 1753 MHz
メモリーインターフェース 256 bit 192 bit
メモリー帯域幅 192.3 GB/s 168.3 GB/s
CUDAコア数 2048 1280
動作周波数 1278 MHz 1088 MHz
最大周波数 1582 MHz 1215 MHz
単精度小数点演算 6.48 TFLOPS 3.11 TFLOPS
倍精度小数点演算 202.5 GFLOPS 97.2 GFLOPS
ピクセルレート 101.2 GPixel/s 58.32 GPixel/s
テクスチャレート 202.5 GTexel/s 97.2 Gtexel/s
消費電力 100W 75W

おおよそ2倍強の性能差と見ればよさそうです。

「ZBOX QX」は筐体のサイズが225mm x 203mm x 128mmで、容量はおおよそ5.85Lとなります。
その中にメモリが2スロット、2.5インチストレージとM.2 SSD、Optane Memoryスロットがあり、前述のグラフィックカードも収まっています。

Intel NUC(2.5インチスペースあり、115mm x 111mm x 51mmで0.65L)に比べると容量では9倍くらいになりますが、TDP80WのCPUとTDP100WのGPUを搭載して、このサイズで冷却までまかなっていることを考えると、十分コンパクトだと言えます。

正面はUSB Type-A/Type-Cがひとつづつとマイク/ヘッドホン端子、SDカードスロットとなっています。
SDカードスロットが正面にあるのは使いやすそうです(他メーカーだとサイドだったりするので)。

背面はUSB Type-Aが4ポート並び、LANポートに挟まれるようにThunderbolt3端子があります。
LANポートは片方が2.5GBASE-Tとなっており、2.5Gbpsでの通信が可能です。
なんで10GbEや5GbEにしなかったのかは謎ですが、1000Base-Tよりかは早くなります(要対応ルーター)。

一番左にはWi-fiアンテナ端子があります。
これも新要素の一つで、「ZBOX QX」はなんと802.11ax(Wi-fi 6)に対応しています。
肝心の転送速度が書かれていないわけですが、802.11axは1ストリームあたり600Mbps(80MHzの場合)なので、最低でも600Mbpsということになります(アンテナが2つあれば1200Mbpsだったのですが…)。

右端にはHDMIが4ポート並んでおり、4画面表示が可能になっています。1ポートくらいDisplaPortでも良かった気がしますが、揃えたかったんでしょうね。
「Quadro P3000/P5000」はともにHDMI2.0bをサポートしており、4K/60Hz表示ができます。

インターフェース上部の空気穴からはヒートシンクらしきものが見えており、内部容積のかなりの部分が冷却に割かれていることが分かります。

サイドや天板には背面同様、ハニカム模様の空気穴が開いています。

パッケージにはDVDやスタートガイド、マニュアルなどが含まれます。
電源は330Wなので、ACアダプタもかなり大きいですね。

まとめ

「ZBOX QX」シリーズにはSKUのラインナップにJ(日本向け)があるので、日本でも発売されることが予想されます。
とはいっても記事執筆時点ではグローバル向けの発売時期も価格も未公表なので、それなりに先になるんじゃないかなぁと。

価格については「Quadro P5000」単体でも20万円オーバーなので、トータルだと結構な額になりそうです。
この先、“Coffee Lake Refresh”へのマイナーチェンジがあったり、「Quadro P5200(小数点演算でP5000の1.4倍の性能)」版などが発表されたりする可能性もあるので、購入の検討は慎重になったほうがいいかもしれません。

関連リンク


ZBOX MAGNUS EK51060 PLUS

Q Series LIMITLESS CREATION – ZOTAC
ニュースリリース – ZOTAC