増築しまくれ! UP Board「UP Xtreme」はWhiskyLake搭載のAI用SBC

2019年6月10日、UPがクラウドファンディングのKickstarterにて、WhislyLakeを搭載した、AIエッジデバイス向けボード「UP Xtreme」のファンディングを開始しました。

スポンサーリンク

スペック

model UP Xtreme
メーカー UP board
発売日 2019/06
価格 €249(Celeron)
€419(i3)
€469(i5)
€679(i7)
価格(日本円)
CPU Intel Celeron 4305UE
Intel Core i3-8145UE
Intel Core i5-8365UE
Intel Core i7-8665UE
GPU Intel UHD 620
メモリー 4GB(Celeron)
8GB(i3/i5)
16GB(i7)
サポートOS Windows 10
Ubuntu
Yockt
Android
有線LAN 1GbE x 2
(Intel i219LM / i210)
Wi-fi M.2 KeyE
Bluetooth
チップ Intel i219LM / i210
ACL887
LT8845S
Fintek F81801
ストレージ M.2(2280) x 1
SATA x 1
USB 3.1 x 4
2.0 x 1(pin)
GPIO 40pin x 1
100pin x 1
映像 HDMI(2.0 4K/30Hz)
DP(4K/60Hz)
eDP(4K/60Hz)
カメラ
オーディオジャック
その他インターフェース STM32
SIMスロット
mini-PCIe
RS232/422/485(pin) x 2
消費電力
電源 DC 12-60V
120mm
奥行き 122mm
高さ
その他

特徴

「UP Xtreme」はCPUに”Whiskey Lake U”を搭載しています。CPUとメモリで4モデルに分かれています。

Celeron 4305UE(2C/2T 2.0GHz) / mem 4GB
Core i3-8145UE(2C/4T 2.2GHz-3.9GHz) / mem 8GB
Core i5-8365UE(4C/8T 1.6GHz-4.1GHz) / mem 8GB
Core i7-8665UE(4C/8T 1.7GHz-4.4GHz) / mem 16GB

CPU型番の”E”はEmbeddedを表しているものと思われます。
実際、Intelのサイトで確認すると、「システムの種類」が”Embedded”となり、「組込み機器向けオプションの提供」がyesとなっています。
比較としてノートPCに搭載されることの多いCore i5-8265Uを見ると、「システムの種類」は”Mobile”、「組込み機器向けオプションの提供」はnoになっていました。

Intel® Core™ i5-8365UE Processor (6M Cache, up to 4.10 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。
インテル® Core™ i5-8265U プロセッサー (6M キャッシュ、最大 3.90 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。

インターフェースは表面だけ見るとCPUとメモリがオンボードなマザーボードのようにも見えます。
LANは2ポート、USB3.0が4ポート、HDMIにDisplayPortと並んでいる端子はPCと変わりありません。

しかし裏にはPCっぽいインターフェースに加え、SBCらしいコネクタが山盛りです。
M.2はWi-fi向けのKey E(2230)と、SSD向けのKey B/M(2280)が2段になっています。
その横にはSATA端子、反対側にはmini-PCIe、さらに上にはSIMスロットまであります。

ここからSBCっぽいものですが、mini-PCIeの上には40pinのGPIO、下には高速な100pinコネクタ(PCIeを5レーンとUSB3.0を2ポート分使っています)、左には、SATAコネクタを挟むように2つのマイコンpinが並んでおり、反対側には10pinのシリアルポートが2つ並んでいます。

CPUが持つ16レーンのPCIe3.0が盛大に活用されていますね。

これをブロックダイアグラム図で見ると以下のようになります。
M.2 Key B/MはPCIeの割当てが2レーンなので、あまり高速なSSDを繋いでも速度が頭打ちになる点に注意です。

「UP Xtreme」には純正ケースが用意されており、ファンレスのエッジ端末にすることができます。

拡張

「UP Xtreme」はAIの活用を念頭に設計されており、OpenVINO(インテルのインテルによるインテルのためのAI推論SDK)をフルサポートしています。
OpenVINOは機械学習の2つのプロセス(学習と推論)のうち、推論に特化しており、特に画像系の推論に強みを持っています。

「UP Xtreme」の面白いところは、増設というか増築と言っていいレベルで拡張ボードを追加していくことで、機能を追加したり、処理性能を上乗せしたりできる点です。

AIの処理性能向上にはIntel「Movidius Myriad X」が使われます。
MovidiusはIntelが2016年に買収した企業で、映像認識・解析に特化したVPU(Vision Processing Unit)を手がけていました。
「Myriad X」は2017年8月に発表されたVPUで、4TOPSの性能を持っています。

100pinコネクタには「UP Core Plus」用の拡張ボードを流用することができます。
ただし、「UP Core Plus」は2つの100pinコネクタを使用するため、声くたがひとつしかない「UP Xtreme」では一部に制限がかかります。

NET Plus 79ドル 1GbE x 4
USB3.0 x 1
mini-PCIe x 1(使用不可)
SATA x 1(使用不可)
AI Plus 229ドル Intel® Cyclone™ 10GX F672
1GB DDR3
DP-IN
LVDS-IN
1GbE x 1(使用不可)
USB3.0 x 2(使用不可)
mini-PCIe x 1(使用不可)
Vision Plus X 239ドル Myriad X x 3

mini-PCIeには「Myriad X」を一つ搭載した、「UP AI Core X」(79ドル)を挿すことができます。

M.2 Key B/MにはSSDの代わりに「Myriad X」を2つ搭載した、「UP AI Core XM 2280」(149ドル)を挿すことができます。

「UP AI Core X」、「UP AI Core XM 2280」、「Vision Plus X」をすべて装着すれば、最大6個の「Myriad X」を増設することができます。

産業向け

「UP Xtreme」は産業用途にも使えるように設計されています。

・電源入力は12〜60Vと幅広く(内部で11Vに降圧)
・稼働温度は0℃〜50℃と広め
・TSN(Time-Sensitive Networking、標準イーサネットをベースに時間の同期性を保証し、リアルタイム性を担保できるネットワーク規格)をサポートし
・機器制御用に32bit汎用マイコンの「STM32」を搭載しています。

「STM32」はマイコンのデファクトスタンダードになりつつあり、かつ開発環境が無料、安価なボード、活発なフォーラムと、マイコン入門にも適しています。

まとめ

UPはASUSグループで産業向け組み込みプラットフォームを扱うAAEONの、プロフェッショナルな”makers”&”innovators”向けのブランドとして2015年に設立されました。
最初の頃はIntel CPUを搭載したラズパイスタイルのSBCを発売していましたが、最近では”AI”をキーワードにした製品に傾倒しています。

AI製品としてはちょうど1年前に「UP AI Edge」をKickstarterでファンディングしていましたが、「UP Xtreme」はよりAIに特化したSBCとなっています(とはいえ、普通のPCとして使うこともできます)。

SBC(シングルボードコンピューター)メーカーの一つ、UPboardからAI開発キット「UP AI Edge」がクラウドファンディングサイト...

「UP Xtreme」の価格(ドル建て)を並べると、以下のようになります。

281ドル :Celeron(単体)
473ドル :i3(単体)
530ドル :i5(単体)
767ドル :i7(単体)

単体には本体に加え、19V電源アダプタが同梱されます。
CPU部にはTOP画像のようにファン付きヒートシンクが装着された状態でのお届けとなります。

428ドル :Celeron(キット)
620ドル :i3(キット)
676ドル :i5(キット)
914ドル :i7(キット)

キットには128GB SSD(多分SATA接続)とWi-fiカード(802.11ac(2×2)対応)、ケース(VESAマウントキット付)が追加されます。

586ドル :Celeron(AIキット)
778ドル :i3(AIキット)
846ドル :i5(AIキット)
1072ドル :i7(AIキット)

AIキットには上記キットに加え、「UP AI Core XM 2280」とヒートシンクが追加されます。

ファンディング終了は2019年7月10日となっています。

関連リンク


UP Board Z8350/4GB RAM/32GB eMMC

UP Xtreme–the latest UP board with Intel® 8th gen Core CPU – Kickstarter ※英語
公式ページ – UP Board ※英語
ニュースリリース ※英語