そうきたか。 DELL「XPS 13(7390)」(2-in-1でないほう)はComet Lakeを搭載して登場

2019年8月27日、DELLは「XPS 13 2-in-1」に引き続き、北米で「XPS 13」の発売を開始しました。
“無印”と”2-in-1″どちらもモデルナンバーが”7390″となっていますので、区別するときは注意が必要です。

スポンサーリンク

スペック

メーカー DELL
名称 New XPS 13 (7390)
発売日 2019/08
定価 999.99ドル〜
実売価格
価格条件
CPU Core i5-10210U
Core i3-10110U
グラフィック UHD
メモリ 4 / 8GB
メモリ規格 LPDDR3-2133
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 256GB(NVMe)
画面 13.3インチ
解像度 1920×1080(400nit)
3840×2160(400nit)
ベゼル幅
表面
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0
USB3 type-c 2(TB3)
1(3.1)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ax(2×2)
Killer AX1650
Bluetooth 5.0
office 試用版
カードリーダー microSDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク 4アレイ
スピーカー 1W+1W
スピーカー位置
サウンド Waves MaxxAudio
キーピッチ
キーストローク 1.3mm
キーボードバックライト
バッテリー 52WHr
稼働時間 21Hr(FHD)
ACアダプタ
充電時間
急速充電
302mmm
奥行き 199mm
高さ 11.6mm
重量 1.23kg
開口角度
カラー プラチナシルバー withブラック
その他特徴

特徴

「XPS 13」は先日発表された「Comet Lake」を搭載しています。

2019年8月21日、IntelはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ、UシリーズとYシリーズ合わせて8製品を発表しました。 スペ...

これまで「XPS 13」はUシリーズ、「XPS 13 2-in-1」はYシリーズという差別化をしてきました。
第10世代では「XPS 13 2-in-1」に「Ice Lake」を搭載していたのでどう差別化するのかと思っていましたが、こう来るとは思っていませんでした。

2019年8月10日、DELLは北アメリカにて初の第10世代CPUを搭載したノート「New XPS 13 2-in-1(7390)」を発売い...
2019年8月1日、Intelは第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」の仕様を発表しました。 発表されたのはTDP15W/28Wの...

「Comet Lake」はIntel CPUの第10世代となりますが、製造プロセスは14nmのままとなります。
802.11ax(Wi-fi 6)とThunderbolt3を内蔵するようになりましたがグラフィック能力は第9世代(Whisky Lake-U)と同じで、対応メモリにはLPDDR3が残っています。

「XPS 13」は第8世代のWhiskey Lake-Uを搭載した”9380″とCPU以外のスペックが共通しています。
内部的にはThunderbolt3コントローラーチップなどが削除されているでしょうが、メモリはLPDDR3のまま、バッテリーもインターフェースも同じなので、筐体自体も同じものを使っていると思われます。

1.スピーカー
2.MicroSDカードリーダー
3.USB-C 3.1 with PD & DisplayPort
4.ヘッドホンジャック
5.ノーブルロック
6.Thunderbolt 3 ×2
7.HDカメラ
8.バッテリー残量インジケータ
9.スピーカー

筐体が前世代と同じものなので、「XPS 13 2-in-1」ではなくなったバッテリー残量インジケータが残っています。

小型化されたWEBカメラやキーボードもそのままです。

ディスプレイは「XPS 13 2-in-1」が13.4インチのWUXGA(1920×1200)または4K(3840×2400)と縦に拡張されたのに対し、13.3インチのフルHD(1920×1080)または4K(3840×2160)のままとなっています。

記事執筆現在のラインナップは4モデルですが、Core i3-10110Uが1モデル、Core i5-10210Uが3モデル、その3モデルもFHD(非タッチ)、FHD(タッチ)、4Kというディスプレイの差だけで、メモリやストレージは共通しています。

カラーはプラチナシルバー+カーボンブラックのみで、秋にフロストとローズゴールドが追加されます(TOP画像)。

なんというか、もともとの完成度が高いとはいえ、今回は”2-in-1″に注力したから”無印”のほうはCPUの載せ替えでお茶を濁したという印象があります。

まとめ

「XPS 13」の価格は通例通り、999.99ドルからとなっています。
ただ、現時点ではメモリは4GBか8GBしかありませんし、ストレージも256GBのみと選択肢が殆ど無くて(記載を見る限り、メモリ16GBやストレージ2TBなんてのも予定されているようです)、「XPS 13 2-in-1」に比べて魅力的とはいえません。

次のモデルでも同じようになるのかは分かりませんが、「XPS 13 2-in-1」の方がメインになっていくのかもしれません。

関連リンク


DELL New XPS 13 2-in-1(7390)

New XPS 13 Laptop(7390) – DELL