トレードオフが悩ましい。 FriendlyElec「ZeroPi」はGbE付きの小型SBCだけどGPIOなし

2019年9月5日、SBCメーカーのFriendlyElecが40mm角でギガビットイーサを搭載した小型SBC(シングルボードコンピューター)「ZeroPi」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

model ZeroPi
メーカー FriendlyElec
発売日 2019/09
価格 12.99ドル
価格(日本円)
CPU Allwinner H3 (4コア)
(1.2GHz A7 x4)
GPU ×
NPU ×
メモリー 512MB DDR3
サポートOS Ubuntu Core
OpenWrt
Armbian
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi ×
Bluetooth ×
チップ RTL8211E
ストレージ microSD(〜128GB)
USB 2.0 x 1
GPIO ×
映像 ×
カメラ ×
オーディオジャック ×
その他インターフェース serial(4pin)
消費電力
電源 microUSB DC 5V/2A
40mm
奥行き 40mm
高さ
その他 重さ:14.86g

特徴

「ZeroPi」の特徴はギガビットイーサを搭載している点です。

40mm角前後のSBCは、FriendlyElec「NanoPi NEO」シリーズをはじめ、「Orange Pi Zero」「Rock Pi S」などがありますが、基本的に100MbEまでとなっています。
1GbEを搭載しているのは「NanoPi NEO Core2」くらいで、それもピンホールでの実装です。

RJ45端子としてギガビットイーサが提供された40mm角サイズのSBCは、多分初めてだと思います。

ただし、代償というか、ギガビットイーサを追加した代わりに削減されたものもあります。

上のインターフェースを見れば一目瞭然ですが、SBCにつきもののGPIOピンがありません。というか、USB2.0が1ポート、シリアルポート(4pin)が1ポート付いているくらいで、何かを接続してどうこうということが難しいです。
・・・GPIOピンのないSBCとか、結構使い方が限られそうな気がしますが・・・

幸い、メモリは512MBあるので、256MBに比べれば自由が効きます。

ぱっと思いつくのはGbEを活かして、VPNの踏み台にするとか、監視サーバーの構築、USBカメラを接続して簡易的な監視カメラの構築などでしょうか。
GPIOがないと、ネットワーク経由で云々くらいしかできないので、結構悩みますね。

ただ、このGPIOがないという弱点も、裸で運用する場合は、という条件が付きます。

「ZeroPi」はボード単体での販売もされていますが、ヒートシンクとメタルケースが付属するオプションが用意されています。

性能そのものが低い(=低発熱)ので、ヒートシンクも一応凹凸はあるものの、薄型です。

メタルケースにはヒートシンクごと収めることができます。
ケースと密着しているので、ケース自体が放熱板の役割を果たします。

蓋をしたあとの前後はこんな感じです。
見ての通り、GPIOからケーブルを伸ばすような隙間はありません。
ケースに入れて運用することが前提で設計されたのであれば、GPIOがないことも一応納得は行きます。

メタルケースのサイズは55×46×30mmで、スマホ購入時についてくる充電器を一回り大きくしたくらいです。
PoE対応とは書いていないので、運用するときはUSB充電器の先にUSB充電器がくっついているような見た目になりそうです。
・・・いっそ、コンセントに直挿しできるオプションがあっても良さそうな・・・

まとめ

ギガビットイーサという一点特化な「ZeroPi」の価格は12.99ドル(約1400円)です。
メタルケースはうんと安く、3ドルです(ヒートシンク単体は0.99ドル)。
オプションで用意されているUSB電源アダプタ(5V/3A)が8.97ドルなので、こっちが割高ですね。

同じFriendlyElec製で同じSoC(Allwinner H3)を搭載する40mm角のSBCに「NanoPi Neo v1.4」がありますが、こちらはGPIOを搭載する代わりに100MbEです。
メタルケースに入れるとGPIOが使えない点は同じなので、ケースに入れて運用する分にはGbEな「ZeroPi」の方がいいということになります。

新しい物が出たぞ! というよりは、運用スタイルに合わせた選択肢が増えた、といったところですね。

関連リンク


NanoPi Neo(512MB)

ZeroPi – friendlyarm.com
ZeroPi – friendlyarm wiki