パワーアップしてる。 独自OSのSystem76「Galago Pro」が第10世代CPUに。

2019年10月10日、アメリカのLinuxプレインストールPCの販売企業System76が、第10世代Intel Core CPUを搭載した「Galago Pro」を発売いたしました。

販売サイト:Galago Pro:System76

System76については以前に記事にしており、その時も「Galago Pro」でした。名称はそのままでアップグレードした形になります。
前世代では13.3インチと14インチがありましたが、14インチのみになったようです。

本日紹介するのはWindowsではなく、UbuntuおよびLinuxベースの独自OS"Pop!_OS"をサポートする、system76の「G...
スポンサーリンク

スペック

※比較として前世代の仕様も併記します。

メーカー System76
名称 Galago Pro Galago Pro(14″)
発売日 2019/10 2018/05
(国内未発表)
定価 949ドル 899ドル
実売価格
価格条件
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
Core i5 8250U
Core i7 8550U
グラフィック UHD Intel UHD620
メモリ 8GB
メモリ規格 DDR4-2666 DDR4-2400
メモリ増設 最大64GB 最大32GB
2.5inch 最大4TB
M.2 240GB〜2TB(SATA)
250GB〜2TB(PCIe)
120GB〜2TB(SATA)
250GB〜1TB(PCIe)
画面 14インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅 やや狭
表面
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2
USB3 Type-C 1(TB3)
USB PD ×
HDMI 1
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac(2×2) 802.11ac(1×1)
Bluetooth 5.0
office ×
カードリーダー SD
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック ○(in/out)
マイク
スピーカー ステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 35.3WHr
稼働時間
ACアダプタ 40W
充電時間
急速充電
330mm 329.6mm
奥行き 225mm 225mm
高さ 18mm 14.2mm
重量 1.3kg
開口角度
カラー
その他特徴 Linux only
mini-DPポート
Linux only
Wi-fiは2×2に変更可能
mini-DPポート

※厚さが異なっていますが、前世代の値が間違いだと思われます。

特徴

「Galago Pro」は(おそらく)アルミ系の色そのままの、macbookなどに通じる雰囲気を持っています。
インターフェースはやたらと充実していて、ハイエンド寄りにしか搭載されないThunderbolt 3も搭載しています。
(第10世代が普及すればミドルクラスでも搭載すると思うのですが、現状はまだそこまでいっていません)

OSはUbuntuベースの独自OS「Pop!_OS」です。
デフォルトでディスク暗号化がONになっていたり、開発者よりの構成になっていたりします。
また、「Pop!_OS」自体も無料で公開されており、ついでに言えばSystem76のデバイスのファームウェアもオープン化されています。

参考:Pop!_OS by System76:System76
参考:system76/firmware-open:github

ハードウェアの話をすると、CPUは第10世代のComet Lakeで、Core i5-10210UもしくはCore i7-10510Uとなっています。
メモリはデフォルトで8GB、カスタマイズで最大64GBまで増やすことができます。

ストレージは14インチサイズながらM.2 SSD(SATA/NVMe両対応)と2.5インチの両方を備えていて、こちらもカスタマイズで2TB(M.2)+4TB(2.5インチ)の計6TBまで増設可能です。
ちなみにデフォルトは256GB M.2 SATA SSDです。

インターフェースの多さやカスタマイズ性の高さは素晴らしいのですが、バッテリー容量が35.3WHrと少ないのが弱点です。
おそらくですが、稼働時間は2〜3時間程度になるんじゃないでしょうか。
また、電源アダプタも40Wなので、急速充電も期待できません。

外観

正面から見ると、ベゼルは太めです。
数年前からすれば細い方ですが、最近の狭額ベゼルと比べると太く感じますね。
カメラは720pで、IR(赤外線)対応などは特に謳われていないです。

インターフェースです。
右サイドは左上から順に、Thunderbolt3、USB3.0、miniDisplayPort、HDMI、SDカードLANポート、ロック穴となっています。
左サイドは、電源ジャック、スペックに載っていませんがSIMスロットらしきもの、USB3.0、電源ボタン、マイクジャック、ヘッドホンジャックとなっています。

HDMIに加えてminiDPまで備えているということで、マルチディスプレイ環境を前提とした開発者・研修者向けという印象が強いです。

キーボードはANSI配列です。特にひねったとこも見当たらず、右一列が邪魔なくらいでしょうか。
もともとがLinux機なので、Windowsボタンのアイコンが違っているのが新鮮といえば新鮮です。

背面にはデカデカとSystem76のロゴが。

まとめ

System76は2005年にアメリカで設立された、LinuxプレインストールPCの販売企業です。
ノートPCだけでなく、デスクトップやラックサーバーも手がけています。
世界60カ国に販売しており、発送可能地域には日本も含まれています。

価格は949ドル(約104,000円)からと、前世代より50ドル高くなっています。
実際に購入すると、ここに送料と関税がかかってきます。トータルすると、DELL「XPS 13」と同じくらいにはなりそうですね。

ただ、カスタマイズの幅は大手メーカー以上で最大スペックは他メーカーに真似できないレベルなので、とにかく大量のメモリを!なんて場合にはありかもしれません。

ちなみに以前はFRONTIERが同型のノートを取り扱っていましたが、現在はなくなったようです(ゲーミングノートには同型のものがあります)。

関連リンク


New XPS 13 プレミアム(シルバー)

Galago Pro:System76