国内販売開始! ASUS「Tinker Edge T」はNPU搭載のSBC

2020年1月22日、ASUSのAI推論向けSBC「Tinker Edge T」が発売されました。

スポンサーリンク

スペック

※ASUS「TinkerBoard S」のスペックを併記しています。

モデル名 Tinker Edge T tinker board S
メーカー ASUS ASUS
発売日 2020/01 2018/01
価格 168.35ドル $80
価格(日本円) 21,600円(税抜) 9800円
CPU NXP i.MX8M(4コア)
(1.5GHz A53 x 4)
Rockchip RK3288
(1.8GHz A17 x4)
GPU GC7000 Lite(1GHz) Mali-T764(600MHz)
NPU Google Edge TPU
メモリー 1GB LPDDR4 2GB LPDDR3
サポートOS Mendel Linux
Debian
Android
Tinker OS
Android 6
Debian 9
有線LAN 1GBE x 1 1GbE x 1
Wi-fi 802.11ac 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2 4
チップ RTL8211F-GC RTL ACL4040
ストレージ 8GB eMMC
microSD
16GB eMMC
microSD
USB 3.2(Gen1) x 2
3.2(Gen1) x 1(TypeC)
2.0 x 4
GPIO 40pin x 1 40pin x 1
映像 HDMI x 1
MIPI DSI x 1
HDMI(4K/30Hz) with CEC
MIPI-DSI
カメラ MIPI-CSI2 x 2 MIPI-CSI
オーディオジャック ○(24bit/192kHz)
S/PDIF
その他インターフェース
消費電力
電源 DC 12V〜19V microUSB 5V/2A
85.6mm 85.6mm
奥行き 54mm 54mm
高さ 21mm
その他

特徴

「Tinker Edge T」は2019年5月にi.MX8M搭載の「CR1S-CM-A」およびRK3399Pro搭載の「Tinker Edge R」とともに発表されたものです。
その後、2019年11月の「ET & IoT Technology 2019」で展示され(この時点では2019年12月発売となっていました)、ようやくの発売となりました。

ASUSは以前に「Tinker Board」「Tinker Board S」を発売していますが、名前から分かるように「Tinker Board」は単体ボードとしてのSBC、「Tinker Edge T」はエッジ端末向けと方向性がまったく異なっています。

風邪の引き始めか体に力が入りにくいです、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。 すでにCES2018の閉幕から一週間以上経っていま...

「Tinker Edge T」はSoC(System on Chip)にNXP社のi.MX 8Mを搭載しています。
NXP社のSoCはモデル名が多くて分かりづらいのですが、i.MX 8シリーズは”8″、”8M”、”8X”の3ファミリーに分け、それぞれのファミリー内で細分化するという、階層型のモデルナンバーとなっています。

i.MX 8Mファミリーはさらに”8M”、”8M Mini”、”8M Nano”、”8M Plus”と分かれていますが、「Tinker Edge T」に搭載されているものはスペックからして”無印8M”の「8M Quad」「8M QuadLite」のいづれかと思われます。
「8M Quad」「8M QuadLite」の違いは4K60Hz表示に対応するかどうかなのですが、スペック表からは判断できませんでした。

i.MX 8M(無印)のブロックダイアグラムは以下のようになっています。

NPUにはGoogle製の「Edge TPU」を搭載しています。SoCとの接続はおそらくですがPCIe 2.0での接続です。
というか「Tinker Edge T」はGoogle謹製の「Coral Dev Board」にスペックがよく似ています。

2019年3月6日、GoogleがローカルAI向けプラットフォーム「Coral(β)」と5種類の製品を発表しました。 この中にGoogle謹...

TPUはTensor Processing Unitの略で、名前の通りTensorFlow(正確にはTensorFlow Lite)に特化しています。
性能は0.5W/TOPSで、最大4TOPSとされています。

TensorFlowの各バージョンとの対応詳細は本家FAQを見たほうが早いです。

参考:https://coral.ai/docs/edgetpu/faq/ :Coral

「Coral Dev Board」はスピーカー端子とデジタルPDMマイクを備えていて、音声系にも強くなっていましたが、「Tinker Edge T」にはそのようなものがなく、オーディオジャックすらありません。
代わりに、独立した電源端子を持ち、最大で45Wの給電を可能とすることで複数のデバイス接続に耐えられるようになっています。

メモリは1GB LPDDR4で、ストレージは8GB eMMCです。
AI推論向けSBCってメモリ1GBが多いのはなんでだろう…?

ボードの表裏です。
表側はファンの電源ケーブルの下にMIPI-DSI端子があります。
底面側にはMIPI-CSI端子が2つと、microSDスロットがあります。

インターフェースです。USB+LAN端子がちょっと背が高いですね。
ポジティブな見方をすれば、この端子に高さを合わせればファンのための空間を確保できます。
「Coral Dev Board」は2方向にインターフェースがありましたが、「Tinker Edge T」は1方向に全てを集めているのでクラスター化がしやすそうです。

箱はこんな感じ。
ASUSらしいポップな雰囲気です。

パッケージにはバックボードとネジが含まれています。
…どう使えばいいんだろう…?

まとめ

「Tinker Edge T」は国内販売も始まっており、価格は税抜き21,600円です。海外だと168ドルです。ちょっとお高い…
ほぼ同等スペックの「Coral Dev Board」は税込20,166円(150ドル)なので15%くらい安くなっています。

ただ、「Coral Dev Board」はカメラインターフェース(MIPI-CSI)が1ポートなので、カメラと連携しての映像分析をするのであれば、2カメラ同時が可能な「Tinker Edge T」の方が向いています。

音声の「Coral Dev Board」、映像の「Tinker Edge T」と使い分けるのが用途にかなっているようです。

関連リンク

created by Rinker
Physical Computing Lab
¥12,340 (2020/02/26 16:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

Tinker Edge T:ASUS
販売サイト:Physical Computing Lab