IceLake搭載! LenovoがMX350搭載ノート「Xiaoxin Air 14」を中国で発表

2020年2月20日、联想(中国Lenovo)はGeForce MX350を搭載した14インチノート「Xiaoxin Air 14 2020」を発表、予約を開始しました。
Xiaoxinは小新と書きます。

スポンサーリンク

スペック

CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB(M.2 NVMe)
wi-fi 802.11ac
画面 14.0インチ FHD
サイズ 322×212×16.9mm
重さ 1.39kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 Xiaoxin Air 14
発売日 2020/02
定価 5,099元〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
グラフィック GeForce MX350(2GB)
チップセット
メモリ 16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 512GB(NVMe)
画面 14インチ IPS 300nits
解像度 1920×1080
ベゼル幅 2.74mm
表面
タッチ対応 ×
光学ドライブ ×
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 1(Gen1?)
USB PD
HDMI
DisplayPort ×
LANポート ×
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth
office
カードリーダー SD
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 56.5WHr
稼働時間 12.5Hr
ACアダプタ 65W
充電時間
急速充電
322mm
奥行き 212mm
高さ 16.9mm
重量 1.39kg
開口角度
カラー
その他特徴

特徴

「Xiaoxin Air 14」の特徴は…上の画像で一目瞭然ですね。

まず、第10世代のIceLakeを搭載しています。IceLakeの詳細については過去に記事にしています。

2019年8月1日、Intelは第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」の仕様を発表しました。 発表されたのはTDP15W/28Wの...

「Xiaoxin Air 14」に採用されているCore i5-1035G1とCore i7-1065G7は、どちらも4コア8スレッドですが、グラフィックがUHDとIris Plusで性能が大きく異なっています。

GPUには先日記事にしたばかりのGeForce MX350を搭載しています。

2020年2月10日、NVIDIAは「GeForce MX350」「GeForce MX330」をサイレントローンチしました。 「GeFor...

GeForce MX350は先代のGeForce MX250から20%の性能向上を果たし、かつてのノート向けミドルクラスであるGeForce GTX 960Mに匹敵する性能を持っています。

3D Mark FireStrike(Graphic)
GeForce GTX 1050(Mobile) 5606
GeForce GTX 960M 4359
MX350(25W) 4417
MX250(25W) 3712
MX250(15W) 2980
Vega 10(Ryzen 7) 2663
Vega 8(Ryzen 5) 2439
i7-1065G7 2765
i5-1035G1 1527
UHD 630 1412
UHD 620 1179

その他はCore i5/i7モデル共通で、16GB RAM / 512GB M.2 NVMe SSD と十分な容量を持っています。
特にメモリはDDR4-3200という、高速なものを搭載しています。

数字がそのまま速度差となるので、メモリに関してはDDR4-2400の1.33倍ということになります。

ディスプレイは14インチ、フルHDで輝度は300nitsと普通ですが、ディスプレイ下部のベゼル幅が8.68mmと大幅に薄くなっています。

まぁこれは「Xiaoxin Air 14」からというわけではなく、「Yaga S740(14)」もほぼ同じフットプリントなので、2019年後半からのLenovoの標準と言えるでしょう。

インターフェースです。
「Ideapad S540(14)」とほぼ同じで、違いといえばLEDの位置と、「Ideapad S540(14)」は丸型電源端子、「Xiaoxin Air 14」はUSB PD給電ということくらいです。

キーボードも「Ideapad」系そのままですね。
目新しい要素は指紋リーダーが右上の電源ボタンと兼用になったことくらいです。

背面も最近のLenovo標準の、”左上にタグ風のロゴ”です。

内部はシングルファンで、CPUとMX350をまとめて冷却しています。
この画像で見る限りでは、「Ideapad S540(14)」よりファンが少し大きくなっているようにも見えます。

まとめ

中国LenovoではXiaoxinのブランドトップページを「Xiaoxin Air 14」仕様にするくらいには「Xiaoxin Air 14」に力を入れているようです。

「Xiaoxin Air 14」の価格はCore i5モデルで5699元、Core i7モデルで6499元ですが、手付金200元を払うことでそれぞれ5099元(約81,000円)、5899元(約93,700円)となります。

MX350搭載でこの金額は、しょっぱなから安く見えますが、日本には(15.6インチですが)GeForce GTX 1650を搭載しながら8万円台な「ideapad S540 ゲーミングエディション」という例もあるので、なんとも言えません。

「Xiaoxin」ブランド製品はこれまで日本で発売されたことがなく、「Xiaoxin Air 14」もそのまま国内発売となるのは望み薄です。
ただ、この「Xiaoxin」はグローバルでの「Ideapad」に相当するようで、似たスペックの「Ideapad」は大いに期待できます(中国Lenovoでは「Xiaoxin」=「Ideapad」ではないようで、一部のモデルは「Xiaoxin」ではなく「Ideapad」なままなのが謎ですが)。

なんにせよ、MX350搭載機が日本に来た時は、安価でそこそこグラフィック機として、それなりに人気が出そうです。

関連リンク


Lenovo ideapad S540

小新 Air 14 2020(i5):联想
小新 Air 14 2020(i7):联想
小新:联想