どこかで見たよね? 「MousePro NB4」シリーズは最大25時間駆動のスタミナノート

2020年1月8日、Mouseは法人向けブランドのMouseProで、最大25時間駆動の14インチモバイルワーク向けノート「MousePro NB4」シリーズを発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

icon
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
メモリ 8 / 16GB (最大24GB)
ストレージ 256〜512GB(M.2 SATA)
wi-fi 802.11ax+BT5.0
(Intel AX200)
画面 14インチ FHD ノングレア
サイズ 322×218.2×16.9mm
重さ 1.1kg

製品ページを見る

詳細スペックを見る
メーカー mouse
名称 MousePro NB4
発売日 2020/01
定価 109,800円〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
グラフィック UHD
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大24GB
2.5inch ×
M.2 256 / 512GB(SATA)
画面 14インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 1(Gen2)
1(Gen1)
USB3 type-c 1(Gen2)
USB PD
HDMI 1
LANポート
wi-fi 802.11ax
Intel AX200
Bluetooth 5
office
カードリーダー microSDXC
Webカメラ 100万画素
赤外線カメラ
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ 19.1mm
キーストローク 1.2mm
キーボードバックライト
バッテリー 73WHr(推定)
稼働時間 25.0Hr
ACアダプタ 65W / 19V
充電時間
急速充電
322mm
奥行き 218.2mm
高さ 16.9mm
重量 1.1kg
開口角度
カラー
その他特徴 Windows 10 Pro

特徴

「MousePro NB4」は、約25時間という長時間動作と、約1.1kgというモバイル性を兼ね備えています。

モバイルということでタフネス面ではアメリカ国防総省制定のMIL規格(MIL-STD-810G)を取得しています。
最近ではMILスペックも当たり前になってきて、訴求要素としては薄くなってきていますが、あるのとないのとではやっぱり違いますね。

CPUは第10世代Comet LakeのCore i5-10210Uまたは、Core i7-10510Uで、第10世代の主流を搭載しています。

メモリは8GBまたは16GBで、うち8GBはオンボードです。

ストレージは256GBまたは512GBです。M.2 SSDですがSATA規格なので転送速度は500MB/s台止まりになるでしょう。

無線LANはWi-fi 6(802.11ax)対応です。モジュールはIntel AX200を搭載しています。

1.カメラインジケーター
2.カメラ
3.Windows Hello インジケーター
4.デュアルアレイマイク
5.キーボード
6.タッチパッド
7.電源ボタン
8.カードリーダー
9.ヘッドホン出力/ヘッドセット端子
10.USB 3.0端子
11.セキュリティスロット
12.電源端子
13.HDMI端子
14.USB 3.1端子
15.USB 3.1端子 (Type-C)
※ USB Power Delivery、
DisplayPort Alt Mode 対応

インターフェース一覧です。
特殊な要素はなく、ビジネス用としてうまくまとまっています。

電源端子はありますが、USB PD(60W以上推奨)に対応している点も、モバイル時の充電しやすさという点ではプラスポイントです。

USB PDだと小型充電器が数多くありますが、「MousePro NB4」は電源アダプタも薄型で、モバイルを意識したものとなっています。

キーボードはキーピッチが19.1mmでキーストロークが1.2mmとなっています。
キーストロークがやや浅いですが、配列は素直で過不足なく、幅が狭くなったキーもないので使いやすいと思われます。

ヒンジは180度まで開くので、打ち合わせなどに重宝しそうです。

天板にはmouseのロゴが付いています。

同型品について

さて、ここまで書いてきて、お気づきの方もいるかもしれません(タイトルでもいかにもなことを言ってますし)。

これ、FRONTIER「NS」と同じやつの色違い、大容量バッテリーモデルですね。

2020年2月7日、BTO PCメーカーのFRONTIERは、第10世代Intel Coreプロセッサ搭載で、14インチで1kgを切るモバイ...

ビジネスモデルということでOSがWindows 10 Pro(一部モデルはSモード)なこと、カメラがWindows Helloに対応しているくらいしか違いません。というか、大元のモデルではWindows Hello対応なので、「MousePro NB4」がカスタマイズしていないとも言えます。

代わりにSSDがSATA規格になっている辺りでコスト調整が行われている感じです。
おそらくはOSとメモリとストレージ、無線LANカードを別途調達して組み立てとなっているのだと思われます。

ラインナップ

スペック 価格
109,800円
109,800円
112,800円
129,800円
121,800円
124,800円
129,800円
139,800円

製品ページを見る

まとめ

同じ筐体を使用した、ある意味姉妹機であるFRONTIER「NS」シリーズは96,800円から、「MousePro NB4」は109,800円からと、価格にちょっと差が出ています。

しかし、OSがWindows 10 HomeかProかの違い、Windows Hello対応Webカメラ、大容量バッテリーという分かりやすい違いがあるので、この価格差も納得です。

ストレージがSATA規格な点はマイナスですが、カスタマイズ項目を見ると256GBモデルは+2,800円、512GBモデルは+1,800円でNVMeに変更できるようになっていました。
ちなみにWindows 10 ProからHomeへのダウングレードは-2,400円です。

実質的な差を考えると、Webカメラと大容量バッテリーに13,000円の価値があるかどうかで選択肢が変わる感じになりそうです。
「MousePro NB4」は法人向けな分サポートがしっかりしている点も加味してもいいかもですね。

関連リンク


MousePro NB4シリーズ

MousePro NB4シリーズ:mouse