【レビュー】 Docomo「dtab Compact d-01j」は2年半前のモデルだけどコスパ抜群の高精細タブレット

2019年末、がじぇっとりっぷは買って半年もしないタブレット、CHUWI「Hi9 Pro」を踏み壊してしまいました。

がじぇっとりっぷは2019年7月にCHUWIの8.4インチタブレット「Hi9 Pro」を購入していました。 「Nexus 7」に代わる日常用...

使い勝手が良かったので画面スペックが同じもの(8.4インチ、2560×1600)を探した結果、HUAWEI「dtab Compact d-01J」が中古ながら安価かつ大量に出回っていたので、3台目のタブレット(1台目はNexus7 2013)として購入しました。

「dtab Compact d-01J」はHuawei「MediaPad M3」のスペックを落とした(RAM/ROMが4GB/32GB→3GB/16GB)、Docomo専用モデルで、新品の流通はほぼなくなりましたが、オークションやフリマで大量に出回っています。

スポンサーリンク

dtab Compact d-01J

GoodPoint
高精細ディスプレイ
ステレオスピーカー
滑りの良いタッチパネル

BadPoint
microUSB
Android 6.0で更新終了
Docomoアプリが邪魔

スペック

※比較対象に「Hi9 Pro」のスペックを併記しています。

メーカー dtab d-01j Hi9 Pro
名称 HUAWEI CHUWI
発売日 2017/05 2018/08
定価 24,000円
購入価格 8,855円(送料込) 12,358円(送料込)
216mm 217.4mm
奥行き 124mm 128.9mm
高さ 7.6mm 7.9mm
重量 325g 340g
CPU Kirin 950
(2.3GHz A72 x 4
+ 1.8GHz A53 x 4)
Mediatek X27(MT6797X)
(2.3GHz A72 x 2
+ 1.4GHz A53 x 4
+ 1.4GHz A53 x 4)
メモリ 3GB
メモリ規格 LPDDR4 LPDDR3
グラフィック Mali T880-MP4
ストレージ 16GB 32GB eMMC
画面 8.4インチ
解像度 2560×1600
ベゼル幅
USB 1(2.0、micro) 1(2.0、Type-C)
wi-fi 802.11 ac
Bluetooth 4.1
カードリーダー microSD
Webカメラ 800万画素(フロント)
800万画素(リア)
500万画素(フロント)
800万画素(リア)
オーディオジャック
スピーカー ステレオ モノラル
バッテリー 4980mHr 5000mAh
ACアダプタ 5V/1.8A〜12V/1.35A 5V / 2A(Type-C)
その他特徴 nanoUIM
GPS:A-GPS,GLONASS
microSIM
GPS:A-GPS,GLONASS

外観

パッケージはシンプルで、本体と電源アダプタです。
本来はスタンドもあるのですが、中古なので欠品でした。

上下インターフェースです。スピーカーは上下にあり、横持ち時にステレオになります。
上はオーディオジャック、下にはリセット穴とmiroUSB、SIM/microSDスロットが付いています。

右サイドには電源ボタンと音量ボタンがあります。
「Hi9 Pro」は電源ボタンが上だったので、配置が逆ですね。

ほとんど映っていませんが、画面下部にはホームボタンにも見える指紋リーダーが付いています(ホームボタンとしての機能はありません)。
がじぇっとりっぷは手が荒れやすく、指紋リーダーに嫌われるので、今回は(も)使っていません。

充電中は前面カメラ横のLEDが光ります。光っていない時はLEDがあることすら分かりません。
(LED光量の関係でやや暗くして撮影しています)

背面はゴールドです。
SIMカード装着の仕方について書かれたシールがでかでかと張っている辺りがデザインを台無しにする日本企業らしいです。

スピーカーはharman/kardon監修となっています。

充電アダプタは富士通製で、正直ださいです。
急速充電対応で、5V/1.8A、9V/1.8A、12V/1.35Aの出力に対応しています。

システム

ホーム画面とシステム情報です。
Docomoタブレットだけに、Docomoのアプリが入っています。

Androidバージョンは6.0です。
2018年3月にAndroid 7.0へのアップデートが公開されていますが、更新できませんでした。

メモリは1.4GB使用、ストレージは空きが9.34GBです。
結構空いているように見えますが、必須アプリを入れていくとあっという間に減っていくので、microSDが必要ですね。

アプリ一覧です。
Docomo系のプリインストールアプリ、多すぎですね…

ホーム画面もスライドするとこの通りです。
羊はコンシェルジュですが無駄にCPUパワーを食うのでこのあと無効化しています。

操作してみて

「d-01j」は幅124mmと、「Hi9 Pro(幅128.9mm)」より5mm弱狭くなっています。
5mmの差は結構大きくて、片手で持った時のホールドのしやすさが全然違います。

重さは15gしか違っていないはずですが、持った時に「この辺にバッテリーがあるなぁ」とずっしり感を感じる「Hi9 Pro」に比べて、重さのバランスがいいというか、軽やかです。

ただ、フチにダイヤモンドカットが施されているので、持っていると角が気になります。

背面が金属筐体で放熱性が高いのでしょうが、持っていると金属の冷たさがダイレクトに手のひらに来るのも気になる点です。
この点は「Hi9 Pro」も同じなので、ゴムっぽい質感の「Nexus 7」が持っていて一番気持ちがいいですね。

ディスプレイ

仕様表にはディスプレイについて詳細なことが書かれていないのですが、ほぼ真横から見ても色あせが殆ど無いので、IPS液晶と思われます。
「Hi9 Pro」と比べた場合、ほとんど変わらないレベルですが、コントラストがちょっと劣るかなと感じました。
もっとも、日常使用する上ではまったく気にならない程度の差なのですが。

精細感や2.5Kゆえの弊害については「Hi9 Pro」と変わりません。

漫画・イラストの細かい書込みが潰れずにしっかり見ることができるのは読書をしていて気持ちがいいです。
一方でFHD動画、4K動画は拡大・縮小が入ってノイズが乗りやすいです。

音質

「Hi9 Pro」のレビューで、「モノラルだけど思ったより聞ける音」と書きましたが、あれは本当に「モノラルとしては」でした。
「d-01j」はステレオかつ上下(横持ちすると左右)なので、「Hi9 Pro」よりはるかにマシな音となっています。

低音が弱いのは小型スピーカーの宿命ですが、人の声などの中音ははっきりしており、高音もある程度出ています。
テレビやストリーミングを見るには十分ですし、音質にこだわりすぎない作業BGMを流すくらいならいけますね。

ただ、「d-01j」はBluetoothのaptXに非対応です。
Bluetoothイヤホン接続時はその点に注意が必要です。

タッチパネル

実はここが「Hi9 Pro」との違いを最初に感じたところです。
「Hi9 Pro」ではタッチパネルの滑りが悪く、スライドやスワイプでつっかえたり、反応が悪かったりといったことが多かったのですが、「d-01j」はするするです。

普段使うスマホと同じように反応の遅れもなく、つっかえる感じもなく、とにかく普通に使いやすい。
縦に長いページやファイルリストも、スーッとスクロールできるのでストレスが溜まりません。

ただ、表面のガラスの種類(ゴリラガラスなど)が書かれていないので、耐久性の点では不安が残ります。
丁寧に扱わないとあっさり割れそうで、そこはちょっと怖いです。

ベンチマーク

ベンチマークは「Hi9 Pro」および「Nexus 7(2013)」を比較対象としました。

モデル d-01j Hi9 Pro Nexus 7
SoC Kirin 950 Helio X27 APQ8064
メモリ 3GB LPDDR4 3GB LPDDR3 2GB
Antutu 122956 100135 46822
Geekbench(single) 1687 1795 671
Geekbench(multi) 5581 4355 1741
3DMark
Ice Storm Unlimited
18103 13914 10838
3DMark
Sling Shot
1245 1019
PCMark(work) 4994 2194
PCMark(work2.0) 4833 4252
CPU Prime 30884 37896 12567
passmark 8229

ところどころ負けてはいますが、大棟「Hi9 Pro」を上回っていますね。
8コアvs10コア対決なので、実は全体的に「Hi9 Pro」より低くなると予想していたので、この結果は意外でした。

GPUはKirin 950がMali-T880 MP4(900MHz)、Helio X27がMali-T880 MP4(875MHz)とほぼ差がないのに、3D Markのスコアがだいぶ違っているのも不思議です。

まぁ、ハイエンドSoCのスコアからすれば50歩100歩のレベルなわけですが…

まとめ

実際に買って、使ってみた結論としては、「1万円くらいの格安タブレットを買うくらいならこれを買え」の一文に尽きます。
2017年5月と2年半も前のモデルですが、ミドルクラスとしては十分な性能です。
流石に最新のゲームをプレイするだけのパワーはありませんが、読書やネットサーフィン、動画鑑賞、ライトゲームくらいなら問題ありません。

「dtab Compact d-01J」はうまく行けば良品でも7,000円台でも手に入ります。
ほぼ中古しかないというデメリットはありますが、数が出ているので、ほぼ新品みたいなものもたくさんあります。

ぶっちゃけ、「2/3の価格で同等以上のスペックとか、嬉々として「Hi9 Pro」を買ったのは何だったんだ…」と遠い目になりました。初めからこれを買っておけば良かったんや…

Docomo関係のアプリが邪魔といえば邪魔ですが、アンインストールしたり無効にしたりである程度はなんとかなります。
消せない部分はコスパとのトレードオフと割り切りました。

とにかくコスパは最高なので、踏み割らないように注意して使いたいと思います。

関連リンク