大手からも! DELL「G5 15 SE」は12万円台からのオールAMD!

2020年5月22日、DELLはRyzen 4000Hシリーズ+Radeon RXという組み合わせのゲーミングノート「G5 15 SE(スペシャルエディション)」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

CPU Ryzen 7 4800H
Ryzen 5 4600H
GPU Radeon RX5600M
メモリ 8 / 16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB / 1TB M.2 NVMe SSD
画面 15.6インチ FHD
network 802.11ax+BT5.1
USB 3.2 Gen2(Type-C)×1
3.2 Gen1×1、2.0×2
映像出力 HDMI(2.0)×1
サイズ 365.5×254×21.6mm
重量 2.5kg
詳細スペックを見る
メーカー DELL
名称 G5 15 5505
発売日 2020/05
定価 144,980円~
実売価格 115,984円~
価格条件 20%オフ
CPU Ryzen 7 4800H
Ryzen 5 4600H
グラフィック Radeon RX 5600M(6GB GDDR6)
チップセット
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 最大32GB
2.5inch
M.2 512GB~1TB(NVMe)
画面 15.6インチ(220/300nit)
解像度 1920×1080
(60/144Hz)
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応 ×
光学ドライブ ×
USB2.0 2
USB3.0 1(Gen1)
USB3 Type-C 1(Gen2)
USB PD ×
HDMI 2
DisplayPort mini(1.4b)
LANポート 1GbE
(RTL8111H)
wi-fi 802.11 ax(2×2)
Killer AX1650
Bluetooth 5.1
office ×
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー 2W+2W
スピーカー位置
サウンド Nahimic 3D
ALC3254
キーピッチ 18.7×18.05mm
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 51WHr
稼働時間
ACアダプタ 240W
充電時間 4.0Hr
急速充電
365.5mm
奥行き 254mm
高さ 21.6mm
重量 2.5kg
開口角度
カラー イリデセントシルバー
その他特徴

モデル一覧

CPU GPU メモリ ストレージ 価格 クーポン価格
Ryzen 5 4600H Radeon
RX5600M
8GB 512GB 144,980円 115,984円
Ryzen 7 4800H 16GB 171,980円 137,584円
1TB 180,980円 144,784円

DELLで見る

特徴

「G5 15 SE」はCPUとGPUがともにAMD製なゲーミングノートです。

発表自体は2020年1月6日にあり、当時のニュースでは4月発売予定で799ドルからとなっていました。

オールAMDなゲーミングノートはMSI「Bravo 15」などがすでにありますが、どちらかと言う大手が手を出していないジャンルとして、MSIやASUSなど中堅どころが出してくるイメージが強かっただけに、DELLのような大手が出してくるとは思いませんでした。

2020年3月25日、アメリカのコンピューター系ネットショップのNeweggにて、MSIのRyzen 4000シリーズ搭載ゲーミングノート「...

CPUは6コア12スレッドなRyzen 5 4600Hまたは8コア16スレッドなRyzen 7 4800Hです。
コア数が違っているので、買うのであればRyzen 7 4800Hを狙いたいところですね。

2020年1月7日、AMDはCES 2020(会期:‎2020年01月07日~01月10日)で「Ryzen 4000」シリーズおよび「Ath...

メモリは8GBまたは16GBでDDR4-3200という高速な規格を採用しています。
ストレージは512GBまたは1TBのM.2 NVMe SSDとなります。
Lenovoのようにここを削って価格を抑えるカスタマイズができないのは残念なところです。

GPUにはRadeon RX 5600Mを搭載します。
「Bravo 15」はRadeon RX 5500Mだったので、5600M搭載機は少なくとも国内初と思われます。

Radeon RX 5000シリーズは5300M、5500M、5600M、5700Mがラインナップされているので、ミドル上位になります。

スペック的にはGeForce RTX 2060がライバルとなるようですが、記事執筆時点ではベンチマークはまだほとんど存在せず、かろうじて下記の記事が見つかった程度です。

参考:AMD Radeon RX 5600M 6 GB Mobility GPU Benchmarked in 3DMark ? Almost On Par With NVIDIA’s GeForce RTX 2060 Notebook GPU:wccftech

上の記事をざっくり説明すると、GPU性能はGeForce RTX 2060とほぼ同等程度であった、となります。

1.電源入力 | 2.Mini DP | 3. HDMI 2.0 | 4. SuperSpeed USB 3.2 Gen 1 | 5. RJ45イーサネット | 6.USB-C DisplayPort Alt-Modeのみ

  1. 標準SDカード | 2.ヘッドセット ジャック | 3.USB 2.0 | 4.USB 2.0 | 5.ウェッジ ロック スロット |

インターフェースはいいのか悪いのか、評価しづらいことになっています。

まずいい点は映像出力ですね。HDMIとminiDP、そしてType-C Alt ModeによるDisplayPort出力に対応しています。
HDMIとminiDPはRadeon 5600Mに、Type-CはCPU内蔵グラフィックとつながっています。
そのため、おそらくは最低でもトリプルディスプレイ(本体ディスプレイ含む)はできると思われます。

…なぜかこの辺については製品ページ内で言及されていないんですよね…

もう一ついい点は、Type-CがUSB 3.2 Gen2である点です。
転送速度に余裕があるため、USBドックなどの活用がしやすくなっています。

悪い点は、USBポートの半分が2.0な点です。
ただしUSB2.0は2ポートとも右サイド、つまり一般的にはマウスを置く側になっています。
要は、有線マウス用ということなんですが、必ずしもマウスを使うわけでもないですし、USB3.0でもよかったのでは?と思ってしまいます。

▲キーボードです。

日本語キーボードのレイアウトが見つかりませんでしたが、英語が81キー、日本が85キーということで、スペースキーの左右と右シフトキー、エンターキー辺りがくっついたレイアウトになりそうです。

なお、キーピッチは横18.7mm、縦18.05mmということで標準の19mmよりはやや小さくなっています。
日本人の手は欧米人より小さく、18.5mmくらいの方がいいとか言われることもあるので(諸説あり)、意外と使いやすいかもしれません。

▲底面です。

吸気口があまり大きくないですね。
底面にスペースを作るためのゴム足はL字型のものが四方についています。
これはこれで安定感がありそうです。

▲ちょっと小さいですが、内部画像です。

特筆するのは左のファンの下で、画像ではM.2 SSDが一つついていますが、その下にもう一つM.2スロットがあります。
2.5インチはありませんが、デュアルストレージが可能ということですね。

中央付近には説明書きの書かれたシートの下にメモリがあり、その下にはWi-fiカードがあります。
Wi-fiはKiler AX1650が搭載され、IEEE 802.11ax(Wi-fi 6)対応となっています。

▲クーリングのイメージです、

こうしてみると底面の2割くらいはファンとヒートシンクですね。

まとめ

「G5 15 SE」は、USBに2.0×2があるという以外は、AMD派にとっては文句なしのゲーミングノートです。

価格は記事執筆時点では20%オフセール中でRyzen 5 4600Hモデルが115,984円(税抜・配送料込)、Ryzen 7 4800Hモデルが137,684円(同)となっています。
税込みだと127,582円、151,452円ですね。

調べた範囲ではGeForce RTX 2060搭載機の最安値はドスパラ「GALLERIA GCL2060RGF5」の129,980円(税抜、税込だと142,978円)なので、1万円以上安い計算になります。

GALLERIA GCL2060RGF5:ドスパラ

ちなみにUS価格は879.99ドル(約94,500円)からでした。日本高くない?
海外の価格はNVIDIAが2020年4月3日に発表した価格改定に対応した価格みたいです。

 NVIDIAは4月3日、ノートPC向けGPUの価格改定および、ノートPC向け「GeForce RTX 2080 SUPER」や「同2070 SUPER」の追加、熱設計デザインのMax-Qの改良を発表した。

ともあれ、大手メーカーからオールAMDノートが出たというのはひとつの節目というか、Ryzen以前のAMDの苦境を考えると快挙だと思うので、AMDにはこのまま快進撃を続けてほしいと思います。

関連リンク

New Dell G5 15 SE:DELL