グレードダウンしてない? Lenovo「IdeaPad Slim 350i」は5万円台なのに割高感

2020年6月17日、LenovoはIceLakeを搭載した14インチノートの新モデル「IdeaPad Slim 350i」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
メモリ 4 / 8GB DDR4-3200
オンボード+1スロット
ストレージ 128~512GB M.2 NVMe
画面 14.0インチ(TN) FHD
有線LAN なし
USB 3.0×2、2.0×1
映像出力 HDMI×1
駆動時間 8.3時間
サイズ 327.7×241×19.9mm
重量 1.5kg~
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Slim 350i IdeaPad S340
発売日 2020/06 2019/09
定価 81,400円〜 81,400円〜
実売価格 56,980円~ 47,212円~
価格条件 税込・配送込
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
グラフィック Iris Plus
UHD
メモリ 4 / 8GB
(4GBオンボード)
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 ○(8GBモデルのみ)
2.5inch
M.2 128〜512GB(NVMe)
画面 14.0インチ TN
解像度 1920×1080
ベゼル幅 やや広
表面 ノングレア
タッチ対応 ×
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 2(3.0) 2(3.0)
USB3 Type-C 1(3.0)
USB PD ×
HDMI 1.4
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5 4.2
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 30万画素(720P)
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 フロント下 サイド手前左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 2セル 3セル
稼働時間 8.3Hr 10Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5Hr
急速充電
327.7mm 322.7mm
奥行き 241mm 230.5mm
高さ 19.9mm 17.9mm
重量 1.5kg 1.55kg
開口角度
カラー プラチナグレー
その他特徴 ThinkShutter

Lenovoで見る

特徴

「IdeaPad Slim 350i」は名称が新しくなっていますが、「IdeaPad S340(14)」の後継機っぽい位置づけとなります。

2019年9月18日、Lenovoは14インチのエントリーノート「IdeaPad S340(14)」に、"Ice Lake"モデルを追加しま...

新名称って似た名前が入り混じっていて、微妙に分かりにくいんですよね。

IdeaPad Slim 350i : Intel CPU (Ice Lake)
Ideapad Slim 350 14 : AMD Ryzen 4000シリーズ
Ideapad Gaming 350i : ゲーミングノート(量販店向け)
IdeaPad Slim 350i Chromebook : Chromebook

このうち、「Ideapad Slim 350 14」は以前記事にしています。

2020年6月9日、LenovoはRyzen 4000シリーズを搭載した14インチノート「IdeaPad Slim 350 14」を発売いた...

「IdeaPad Slim 350i」のCPUは第10世代Ice Lakeで、これは「IdeaPad S340」から変わっていません。
メモリがオンボード4GB+1スロットという点も同じですね。

ディスプレイはIPSではなく安価なTNパネルで、この点も「IdeaPad S340」と同じです。
違うのはベゼル幅です。

▲まずは「IdeaPad S340」のフロント画像を見てください。

▲こちらが「IdeaPad Slim 350i」です。

明らかに全方向のベゼルが太くなっています。
ベゼルが太くなった分サイズも大きくなっていて、「IdeaPad S340」比で幅が5mm、奥行きが10.5mm大きくなっています。ついでに厚さも2mm増えています。
…ふつう減るものじゃないの?

そしてもっと悲しいことになっているのがインターフェースです。

  1. 電源ジャック | 2. HDMI | 3. USB2.0 | 4. USB3.0 | 5. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 6. 4-in-1メディアカードリーダー

下が比較用の「IdeaPad S340」のインターフェースです。

  1. 電源ジャック | 2. HDMI | 3. USB3.0 Type-C | 4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック | 5. Novoボタン | 6. 4-in-1メディアカードリーダー | 7. USB3.0 | 8. USB3.0 (Powered USB)

最近のLenovoノートは、右側にマウスを置くことを意識してか右サイドのインターフェースを減らす傾向にあり、「IdeaPad Slim 350i」もその流れに沿った配置となっています。
その点はいいのですが、なぜかUSB3.0 Type-Cがなくなって、USB2.0が復活しています。

で、このインターフェースの並び、どこかで見たと思ったら「IdeaPad S145」と同じものなんですね。

2020年4月17日、Lenovoは第10世代Core CPU(Ice Lake)または第3世代RyzenおよびAthronを搭載した、15...

つまるところ、「IdeaPad Slim 350i」はS300シリーズでありながら、S100シリーズである「IdeaPad S145」の14インチ版という位置づけなわけです。
…なんでS300シリーズになっているんでしょうね?

以下はそのほかの画像です。

▲キーボードは”右一列”もないテンキーレスです。

“右一列”を入れないのはLenovoのいいところなので、これからも継続してほしいですね。

なお「「IdeaPad Slim 350i」はキーボードバックライトの記述が見当たらないので、キーボードバックライトはないものと思われます。
こんなところも「IdeaPad S145」寄りになっているとは。

▲ディスプレイの開口角度は180度です。

底面もチラ見えしていますね。
吸気口はファンの周囲に集中し、スピーカーはサイドではなくフロント側についています。これも「IdeaPad S145」と同じ特徴です。

他にも「IdeaPad S145」に寄っているところはあり、例えばバッテリーは2セルタイプ(「IdeaPad S340」は3セル)になっています。
そのためか、稼働時間も8.3時間に減っています(「IdeaPad S340」は10時間)。

まとめ

「IdeaPad Slim 350i」は「IdeaPad S340」の後継機っぽい名前のくせに実際は「IdeaPad S145」の14インチ版という位置づけでした。

Lenovoもこのことを承知しているのか、記事執筆時点では「IdeaPad S340」も併売されています。

「IdeaPad Slim 350i」の価格は最安モデル(i3/4GB RAM/128GB SSD)で56,980円、一つ上(i5/8GB RAM/256GB SSD)で72,226円です。
一方「IdeaPad S340」は最安モデル(i3/4GB RAM/128GB SSD)が47,212円、一つ上(i5/8GB RAM/512GB SSD)がSSDの容量は倍なのに66,660円です。

ほぼS100シリーズと言ってもいい「IdeaPad Slim 350i」なのに、価格だけはS300シリーズというか「IdeaPad S340」より高く設定されているため、「IdeaPad S340」に対する優位点が全くありません。

ここまで落としどころの見つからない製品ってのも珍しいですね…

関連リンク

IdeaPad Slim 350i:Lenovo
IdeaPad S340(14):Lenovo
IdeaPad S145(15):Lenovo